【メディアポ】テレビ局まるわかりブログ|テレビログ

バラエティーやドラマをはじめ、テレビ番組で必ず耳にする出演者の声、スタジオで流れる音楽、効果音など、数え切れない様々な「音」は、すべて音響スタッフによって調整されたものです。ひとつの映像が仕上がるまでには綿密な打ち合わせに始まり、番組に最適の音作り、収録、編集など様々な工程が必要。今回は、そんな音響スタッフの仕事内容や番組が仕上がるまでの流れなどを詳しくご紹介します。

益子 ヒロシと広川 ふみ
マスコミをお探しなら「メディアポ」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2018年4月17日

【テレビ局のお仕事情報】音響スタッフの概要と年収

【テレビ局のお仕事情報】音響スタッフの概念と年収

音響スタッフは、バラエティーや報道番組、歌番組、ドラマなど、それぞれの番組に最適な音を加え、映像に表情を作り出すのが仕事です。

その場に応じたマイクや音源を使用するため専門的な知識を要する他、生放送など失敗が許されない現場も多く、未経験での就職は難しいと言われています。

そこで今回は、音響スタッフの基本からおすすめの資格、学校、そして気になる年収まで、音響スタッフを志す方に役立つ情報を詳しくご紹介。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

音響スタッフの仕事とは?

音響スタッフの仕事とは?

音響や音声を専門とし、「音声さん」「音効さん」と呼ばれることの多い音響スタッフは、映像に必要な音声の収録と、編集の際の音響加工の両方を担当するのが一般的です。

社外のロケで音声を収録する場合には、出演者の胸元に付けて音声を拾うピンマイクと呼ばれる小さなマイクと、両手で持ち上げ使用する竿のように長いガンマイクを使用。

これらのマイクから拾った音声を、ミキサーと呼ばれる機械を使って一定の音レベルへと揃えます。

出演者はそれぞれに声量が異なり、そのままの声を録音するとスタジオで編集するときに手間がかかるので、その手間を少しでも省かなければいけません。

そのため、収録の段階である程度揃えておくのが基本。

ロケが終わると、まずはディレクターや映像編集者の手によって映像の編集が行なわれます。

その後、音響スタッフによって音楽効果音を付け、日頃テレビで流れる映像が完成。

効果音ひとつで映像に表情が生まれ、視聴者の印象も大きく左右されるため非常に重要な作業です。

音響スタッフはマスコミ業界の中でも女性からの人気が高く、ディレクターやカメラマンなど他の職種に比べても女性の比率が高いのが特徴

音声を調整するミキサーを使用することから、「音声さん」「音効さん」の他に「ミキサー」と呼ばれることもあります。

収録やロケは長時間に及ぶケースも多く、常に神経を耳に集中させていなければならないため、体力的・精神的にも決して楽な仕事ではありません。

しかし自分のマイクで拾った声や音、さらに編集で効果音などを加えた映像が全国へ流れ、多くの視聴者のもとへ届く喜びとやりがいに満ちた仕事です

音響スタッフはテレビだけでなく、コンサート舞台レコード会社などにも活躍の場が存在。

「音」を扱う場所であれば、就職できる範囲は幅広いため、様々な場所で裏方として活躍できる仕事です。

音響スタッフに向いているのは、こんな人

音響や映像に関する基本的な知識はもちろん、長時間の収録を乗り切る体力集中力も大切。

ひとつの番組を作り上げるには、ディレクターや出演者、照明スタッフ、カメラマンを始め様々な職種とかかわる機会があるため、相手の意見を尊重したり自分の考えを伝えたりするなど、チームワークを重視したコミュニケーション能力も求められます。

【番組別】音響スタッフの仕事の流れ

【番組別】音響スタッフの仕事の流れ

ひと口に音響スタッフと言っても、制作する番組や所属する会社などによって仕事の流れは大きく変わります。

また、同じジャンルの番組でも、ディレクターや出演者の希望、番組として目指すゴールが違えば作業工程にも変化が出るのは当然のことです。

その場その場に応じて臨機応変に対応していく必要があるため、すべての工程が決まっていると一概には言えませんが、それぞれの番組についての大まかな仕事の流れを以下にまとめました。

バラエティー番組の場合

バラエティーにおける主な音響スタッフの仕事は、「打ち合わせ」「準備」「収録」「編集」「MA(音声編集作業)」の5段階で行なわれます。

収録前にはともに番組を制作するスタッフと一緒に打ち合わせを行ない、どのシーンでどのような音楽・SE(効果音)を使用するかを決定。

主な音源には番組のオープニング曲やゲスト登場時の華やかな音楽、クイズ番組で使用する正解音・不正解音などがあり、収録までにあらかじめ用意しておきます。

収録が終わると、次はディレクターやカメラマンが編集したVTRに音楽やSEを付ける作業の開始。

単に選曲するだけではなく、楽曲のどの部分を使用するのか、どのシーンでどのくらいの長さの音楽を付けるのかなど細かく考えます。

ときにはいくつものパターンを用意して試行錯誤しながら作業を進めることもあり、編集作業だけで夜が明けることも少なくありません。

そして最後に行なわれるのが、MAと呼ばれる音声編集作業。

ここでは、実際の収録現場の音声と、あとから加えた音楽や効果音のバランスを見ながら、映像や出演者の声を邪魔しない絶妙な調整が行なわれます。

ディレクターなどから新たな提案や要望があれば臨機応変に対応し、より良い作品へと近付いていくのです。

ドラマの場合

ドラマでの音響スタッフの仕事は、主に「台本読み」「収録」「打ち合わせ」「編集」「MA」の5段階となっています。

まずは、台本を読んで音楽や効果音のイメージを作成。

ドラマの場合は、舞台となる場所が自宅や学校、ビル、路上などいくつもあるため、それぞれに合った効果音を用意しなければなりません。

そこで、台本を読んでイメージができた時点で社外に出掛け、実際の収録時に必要となる音を録音しておきます。

ドラマの撮影が終わると、ディレクターやカメラマンが編集した映像をもとに、どのシーンにどのような音楽や効果音が必要か入念に打ち合わせ。

提案や要望を受ければ、忘れないよう台本に書き込んでおきます。

そして必要な効果音をスタジオで録音し、映像に合わせて付けていくというのが流れです。

出演者の足音や、雨音、喧嘩をしているシーンの殴り合いの音など、映像とずれないよう細かい部分まで注意しながら作業を行なわなければなりません。

例えば、金属板の上で音響スタッフが実際に足踏みをして鮮明な足音を録音したり、小道具を用いて雨音を表現したりするなど工夫されているのが特徴。

最後はMAを行ない、全体のバランスを整えて仕上げます。

生放送の場合

生放送においては「打ち合わせ」「準備」「収録」の3段階で作業が進みますが、本番は一発勝負のため失敗は許されません

特に音響スタッフの場合は、音楽や効果音を流すタイミングがずれるとスタジオの間が悪くなってしまう可能性もあるため、入念に打ち合わせが行なわれ、緊張感が高まる中で収録が始まります。

台本や番組の進行によって流れが異なるのも生放送の特徴です。

ディレクターやカメラマン、大道具や小道具など様々な職種とともに進行を打ち合わせ、使用する音楽や効果音などを決定。

打ち合わせが終われば、本番に向けて必要な音源をまとめたり、再生ミスがないようチェックしたりと準備が始まります。

いざ生放送が始まるとあと戻りはできません。万全な状態にしておくことが大切です。

音響スタッフを目指すなら持っておきたい資格とは

音響スタッフを目指すなら持っておきたい資格とは

音響スタッフになるために必ずしも必要な資格はありません。

しかし、マイクやミキサーなど専門的な音響機材を使いこなし、音に関するすべての調整を担うためには知識が必要です。

そこで、おすすめしたいのが「映像音響処理技術者資格(通称:映像音響試験)」

これは、その名の通り映像や音響に携わる方の知識やスキルを証明するための資格で、取得しておくと就職時のアピールポイントにもなるため、ぜひ受けておきましょう。

ひとつの映像作品を仕上げるための工程は、企画や撮影を行なう「プリプロダクション」、撮影された映像にCGやVFT(特殊効果)を加える編集作業や、音楽や効果音、ナレーションなどの音声を加えるMA作業を行なう「ポストプロダクション」のふたつ。

音響スタッフは、プリプロダクションではその場に適したマイクを使用して出演者の音声を拾って、番組に使用する音楽や効果音を流し、ポストプロダクションでは映像に合った音楽や効果音を加えるなど、どちらの工程にも携わります。

収録にかかわる職種の中でも特に幅広い知識を必要とするため、未経験での採用は多くありません。

そこで、音響スタッフとして働くための知識があることを証明するためにも、映像音響試験がおすすめ。

受験資格は定められておらず、誰でも受験することが可能です。

試験は毎年1回行なわれ、全国約40会場で実施。会場数が多いため、受験のために遠方まで訪れる必要がありません。

マークシート形式の出題形式を取っており、60%以上の正答率で合格します。

試験は合格率が例年約70%前後と比較的高く、数ある資格試験の中でも難易度の低い試験だと言えますが、映像分野から音響分野まで出題範囲が多岐にわたることが大きな特徴。

例えば、ポストプロダクションの概要や電気、色、編集、デジタル、デジタルテレビ放送、など、仕事をする上で必要な基礎知識を集めた「技術基礎問題」や、編集技術、VTRフォーマット、デジタル映像信号、撮影技術、フィルム関連作業など直接扱うことは少ないものの知識として備えておきたい「映像基礎問題」

それから音の基本原理や音声回路、デジタル音声信号、録音機器、音声ミキシングなど音響・音声の知識を全般的に問う「音響基礎問題」、デジダルメディアやデジタル圧縮、ディスクメディアなど「デジタルメディア・コンピュータ基礎問題」。

さらに著作権や私的録画、デジタル著作権などプロ意識を持って業務にあたるための「著作権基礎問題」など、計5つの分野の中から映像・音響の専門知識を問う問題が50問出題されます。

これらの試験問題は、すべて一般社団法人・日本ポストプロダクション協会が出版している「映像音響処理技術者資格試験問題集」の範囲からの出題です。

映像音響処理技術者資格認定問題集

映像音響試験の出題範囲となる問題集。

約300問の問題が「技術基礎」「映像基礎」「音響基礎」「デジタルメディア・コンピュータ基礎」「著作権基礎」の5つのジャンルから収録されており、受験生なら1冊は持っておきたいテキストです。

また、問題集とともに活用できる2冊の教材をご紹介します。

ポストプロダクション技術マニュアル

収録・編集など、ポストプロダクションに必要とされる知識や技術についてまとめたマニュアル本。基礎となるアナログの知識から最新のデジタル技術に至るまで、初心者でも広く学習できるよう構成されています。2017年(平成29年)に発売中の第7版では、それまで以上に音声についての内容度がアップしているのが特徴です。

ポストプロダクション技術用語集

現場で使われる専門用語を約2,300語掲載したボリュームのある用語集。

2017年(平成29年)に発売中の第6版では、次々に新語が登場する現場に合わせ、実践的な用語を数多く追加しました。

受験勉強にはもちろん、現場に立ってからも長く活用できる1冊です。

これらは一般社団法人・日本ポストプロダクション協会へのメールまたは電話にて購入申込みができます。受験生はぜひ手元に置いておくのがおすすめ。

また、協会には「映像音響処理技術者資格認定制度」があり、制度参加校の学生は教材の割引などの特典を受けることが可能です。

制度参加校は、2017年(平成29年)6月時点で全国各地に複数あるため、進学先選びの参考に活用しましょう。

例えば、北海道では専門学校札幌ビジュアルアーツなど計3校、東京都では東放学園専門学校、阿佐ヶ谷美術専門学校、代々木アニメーション学院、東京デザイン専門学校、東京工学院専門学校など計21校

愛知県では専門学校名古屋ビジュアルアーツ、学校法人日本教育財団HAL名古屋など計4校、大阪府では放送芸術学院専門学校、専門学校ESPエンタテインメント、日本写真映像専門学校、大阪電気通信大学など計13校、福岡県では福岡スクールオブミュージック専門学校など計2校、沖縄県では専門学校ITカレッジ沖縄がそれぞれ制度に参加しています。

また、宮城県には専門学校デジタルアーツ仙台など計2校、埼玉県には尚美学園大学など計2校がある他、神奈川県、新潟県、石川県、京都府、兵庫県からもそれぞれ2校以上が参加。

これ以外にも、岩手県、福島県、栃木県、群馬県、静岡県、岡山県、広島県、徳島県、大分県、鹿児島県と各地に点在しています。

音響に特化した専門学校だけではなく、一般大学に通う学生も制度を利用して映像音響試験を受けるチャンスがあることが特徴です。

音響スタッフを目指すための学校とは

音響スタッフを目指すための学校とは

テレビ局に勤める音響スタッフの求人は主にインターネットから探すことができますが、正社員の求人が出ても競争率が激しく、豊富な知識と経験がなければなかなか採用してもらうことはできません。

上記でご紹介したように、映像音響試験に合格するのも知識を証明する方法のひとつですが、よりしっかりとアピールするなら音響を専門的に学べる専門学校へ進むのもおすすめです。

ただし、専門学校で学んだり映像音響試験に合格したりしていても、現場経験が少ない場合にはアシスタントから下積みするケースも少なくありません。

そのため、専門学校で学びながらアルバイトとして現場経験を積み、就職時にはある程度の経験をアピールできるのが最も望ましいと言えます。

ここでは、音響スタッフを目指して勉強できる学校をいくつかご紹介しましょう。

放送芸術学院専門学校・メディアクリエイト科 TV番組技術コース

音声スタッフや音響スタッフをはじめ、テレビや報道など幅広く活躍するカメラマン、照明スタッフ、映像クリエイター、編集オペレーター、Webデザイナーなど様々な専門職を目指すことのできる専門学校です。

テレビ業界との繋がりも強く、「情報ライブ ミヤネ屋」「ちちんぷいぷい」など有名番組を手掛ける多くの現場でアルバイトすることも可能。

その数は年間100本以上にものぼり、日々の学習で得た知識を現場で活かしながら経験を積むことができます。

また、学校設備としてテレビスタジオやホールも備えており、それらの現場で毎月収録される番組を実際にオンエア。

在学中の学生も番組制作に携わることができる上、学外の現場で実力が認められればその経験がきっかけで就職内定が実現するのも夢ではありません。

授業ではスタジオカメラやスタジオ音声、スタジオ照明など現場で使用する機材の扱い方を学んだり、番組制作において必要不可欠な映像技術を学んだり、さらに実際にテレビ番組やショートームービー、ミュージックビデオなどを制作して番組ができ上がるまでの過程を体験するなど、充実した内容が魅力。

講師にはカメラマン、照明、音声、映像クリエイターなどそれぞれの職種のプロが200名以上も在籍しています。

実際に数々のバラエティーや情報番組、スポーツ中継、ドラマ、CM、PV、音楽番組などを手掛けるプロ講師から直接指導を受けられるため、単なる座学ではなく現場さながらの環境で勉強が可能です。

鹿児島キャリアデザイン専門学校・TV映像音響科

カメラスタジオやレコーディングスタジオ、編集室、MA室など、九州最大級の設備が魅力の専門学校です。

テレビ業界を中心に現役で活躍しているプロの講師陣からの直接指導のもと、現場で即戦力となれる人材作りに力を入れているのが特徴。

卒業生は県内外問わず様々な企業へと就職しており、就職率は100%を誇ります。

1年次では、すべての学生が共通カリキュラムの一環としてビデオカメラやスチール写真などの撮影を体験したり、照明や音声、編集など映像制作に関する基礎知識、舞台音響やMA、音声編集などを学んだりと総合的な学習が中心です。

幅広く知識を得ることは専門的な内容を学ぶ上での基礎になるため、決して無駄にはなりません。

2年次からは、それぞれの進路に合わせて映像コースと音響コースに分かれ、より専門的な学習が開始。

音響コースでは、編集に使用するProTools技術や舞台照明、舞台音響、デジタル・オーディオ・ワークステーションを意味するDAW実習、MA。

さらにはブライダル技術など、音響や音声に関する科目を隅々まで受講可能なため、テレビ番組の収録に限らず、レコーディングやコンサートなど様々な現場で役立つ技術が身に付きます。

また、学校のパンフレットに用いる写真や映像編集などの一部を在学生が撮影・編集するなど、学生の活躍の場が広がっているのも特徴。

鹿児島県内で行なわれるアートイベント「かごしまアートフェス」の企画や運営にも参加し、学生は卒業発表の場として2年間の集大成を披露します。

自分の作品を学外の人に見てもらうチャンスを活かすことも、力を付けていくために欠かせません。学生にとっては、学校での一つひとつの経験が卒業後の糧となります。

岡山科学技術専門学校・映像音響学科

「映像音響処理技術者資格認定試験」の他、音響機構調整作業などを行なう「舞台機構調整技能士検定」の2級や「ビジネス著作権」など、様々な資格の合格者を数多く輩出している専門学校。

1年次には映像や音響、舞台機構調整、電気応用、照明など現場に必要な基礎をしっかりと学びながら現場も経験します。

2年次からはCGやDTM、作品制作などを通して専門的な技術を身に付けるため、在学中の豊富な現場経験が卒業後の就職時に有利に働くのが魅力。

早いうちからの現場経験はプロになりたい人にとって欠かせません。

また、100社以上もの企業が加盟する「岡山科学技術専門学校企業後援会」によって学生と企業の交流の場が設けられ、就職活動のバックアップを受けることも可能です。

毎年年始には2ヵ月にわたって校内企業説明会も実施され、この説明会に参加することで採用の可能性が高まるケースもあります。

就職活動が気になる人はこういった点にも注目しましょう。

カリキュラムに組まれているビジネス教養や一般教養の授業の他、1年次から履歴書の書き方や面接、就職活動についての勉強会や各企業の人事担当者による進路指導講演会、インターンシップが行なわれるのも大きな特徴。

入学当初から卒業後の進路を見据えた学習、経験を重ねることで、多くの学生が志望する就職先への内定を決めています。

気になる音響スタッフの年収は?

気になる音響スタッフの年収は?

様々なテレビ番組について、音に関するすべての責任を負う音響スタッフ。

ジャンルを問わず多岐にわたって仕事をするため、特に収入が気になります。

音響スタッフの収入は、就職先や担当する仕事量、経験年数などにより大きく異なりますが、平均すると年収240~320万円程度、平均月収は20万円程度が一般的です。

ただし、就職してすぐにこれだけの収入を得られる訳ではないと考えましょう。

多くの音響スタッフはアシスタントとしてアルバイトから始めるため、現場に出て間もない頃は時給約1,000円前後が目安。

さらに、アシスタントから現場のチーフになるまでは約10年かかると言われており、その長い道のりの途中で挫折してしまう方も少なくありません。

音響スタッフの雇用形態を見ても契約社員や派遣社員など非正規での雇用が目立つため、収入面では物足りなく感じる方もいるかもしれませんが、大手テレビ局へ正社員として採用してもらうことができれば、年収約600万円以上になる可能性もあります。

音響スタッフとしてそのような企業へ就職することは容易いことではありませんが、採用基準の大部分は現場経験数や知識を基準としているため、就職までの間にどれだけ現場に携わることができるかがその後の分かれ目。

良いスタートラインに立つためにもしっかりと音響を専門とする学校で学び、カリキュラムの一環で様々な現場を体験して、業界で活躍するプロとの繋がりを作っておくことが重要です。

※この記事は、2018年2月時点の情報に基づいて作成されています。

※当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

近くのテレビ局を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

ページの先頭へ戻る