ご希望の美術館情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探

東京都の美術館

美術館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

東京都の 美術館 (1~30施設/46施設)

日本各地にある美術館の中から、こちらのページでは、東京都内に所在する美術館をランキング順でご紹介。投稿された写真や動画、口コミなどで美術館の外観や雰囲気、展示されている美術品を知ることができるだけではなく、最寄りの美術館やおすすめの美術館を簡単に探すことができます。また美術館に初めて足を運ぶ方はもちろん、色々な美術館に通いたい方におすすめの情報が満載。周辺環境についても掲載されていますので、お気に入りの美術館を楽しんだ後には食事や買い物も楽しめます。

東京都の美術館
46施設
アクセスランキング順
  • 国立西洋美術館

    国立西洋美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    上野公園に有る美術館です。外観は灰色を基調としたとてもお洒落な外観をしています。西洋の作品を多く展示している美術館です。館内にはミュージアムショップやレストランなども有ります。
  • 国立新美術館

    国立新美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    国立新美術館はガラス貼りの外観がお洒落な美術館です。建物の曲線がとても特徴的で面白いです。建物の中に入るとガラス越しに見える外の雰囲気も楽しむ事ができる美術館です。
  • 東京都美術館

    東京都美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東京都美術館は上野駅から少し歩いた所に有る美術館です。周りには国立西洋美術館、国立科学博物館、東京国立博物館などが有ります。期間ごとに色々な展覧会が開かれています。
  • 三鷹の森ジブリ美術館

    三鷹の森ジブリ美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ジブリ好きなら一度は訪れたいと願う神聖な場所。と言っても過言ではない。 一歩足を踏み入れたなら全てを写真に収めなくては気が済まない! ただ、美術館内は撮影禁止。映画の中に入ってしまったかのような夢見心地の場所です。 帰りたくなかったー!
  • 相田みつを美術館

    相田みつを美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    独特の味がある書で表現された詩でおなじみの 相田みつおの作品を展示する美術館です。 相田みつをの書は本などの印刷物で見ている人も 多いかと思いますが、実物を見ることで書の趣を 強く感じることができます。
  • 三井記念美術館

    三井記念美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    旧財閥の三井家が江戸時代からの350年以上の歴史の 中で収集してきた様々な美術品が収蔵、展示されている 美術館です。 円山応挙の『雪松図』がとても有名ですね。 マニアックですが、郵趣コレクション、いわゆる、 切手などの郵便に纏わるコレクションは世界有数と いわれております。
  • すみだ北斎美術館

    すみだ北斎美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    展示テーマでもある葛飾北斎は、美術館がある 墨田区で生涯を送ったそうです。 葛飾北斎といえば、ボストン美術館が有名ですが ここも、負けないくらいの葛飾北斎の作品を所蔵 しております。 葛飾北斎の作品は、やはり、地元で鑑賞したいですね。
  • アートアクアリウム美術館

    アートアクアリウム美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東京メトロ銀座線・半蔵門線の日本橋駅から徒歩2分にある美術館です。とても人気で、当日券もあるようですが、ウェブチケットが完売になると当日券の販売もなくなるそうなので、事前にウェブチケットを購入して行った方が確実だと思います。入場制限があり、入場するにもかなり長時間並んで待ったりするので、夏場は特に熱中症対策として携帯用の小型の扇風機や持ち運べるペットボトルや水筒などの飲み物もあると良いと思います。いざ入場してみると、並んで待っていたことなどすっかり忘れてしまうくらい、幻想的な空間に魅力されてしまいます。色採りの光の中、水のきらめきや水槽の中で泳ぎまわるたくさんの金魚たち、いざ目の前にすると、本当に綺麗です。色んな展示の仕方や演出の工夫がなされていて、ずっと見ていたくなります。並んででも観に行く価値があります!場内はフラッシュ撮影は禁止ですが、普通に写真を撮るのはOKなので、たくさん写真を撮ってきました。光の色が変わると同じものでもガラッと印象が変わるので、それも楽しいです。綺麗なアートに癒されます。
  • 東京国立近代美術館-工芸館

    東京国立近代美術館-工芸館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ここは、戦後20年以上も利用されていなかった 旧大日本帝国陸軍の近衛師団司令部庁舎を改修し 東京国立近代美術館の工芸館として再出発した 経緯があります。 洋風煉瓦建築の建物は、とても、威厳があるので ここが、本館なのでは、と勘違いしそうです。 展示品は明治以降の陶磁器、ガラスなどの工芸品が 中心です。 特に人間国宝と言われている作家の作品の展示が 充実しています。
  • 東京国立近代美術館-本館

    東京国立近代美術館-本館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ここは、日本で初めて、美術館による美術品収集を 行ったと言われております。 明治後半の日本画、油彩画、版画、水彩、素描、 彫刻といった作品を1万以上所蔵しているので 常設展示品がとても充実していますね。
  • 上野の森美術館

    上野の森美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    上野は公園を中心に美術館が集中しているエリアです。 ここは、美術に関する団体が運営の私立の美術館です。 展覧会は、従来の絵画などが中心ですが、有名な漫画を テーマにした展覧会も開催しております。 学芸員さんの美術を様々な視点で捉えようとする姿勢が とてもいいですね。
  • 岡本太郎記念館

    岡本太郎記念館

    投稿ユーザーからの口コミ
    岡本太郎記念館は、外苑前駅から歩いて15分くらいのところにあります。岡本太郎の自宅跡で、アトリエなど、当時のままに残されております。芸術は爆発だの名言はとても有名です。ユニークな作品がとても多いですよ。
  • 目黒区美術館

    目黒区美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらの美術館は目黒区にある目黒駅徒歩9分の非常に立地が良い、目黒区が運営している目黒区美術館です。 こちらの美術館は美術館としてみると歴史が浅いですが良い美術館です。 緑豊かな目黒区民センターの一角に、1987年11月に開館しております。多くの展覧会、多彩な情報のあふれる東京の中で、当館は地域に息づく身近な美術館、気軽に美術に親しめる憩いの場、さらには美術を媒介とした都市生活者の自己再発見の場として機能しています。こちらの美術館は大都市の中に挿入されたささやかな空間に過ぎませんが、目黒区美術館館長は、それは想像力や感受性の無限の宇宙に向けて開かれた窓でもあると信じております。 こちらの美術館は、近現代の作家による美術作品を収集し、これらを所蔵作品展で公開するほかに、内外の多様な美術の動向をとらえた企画展を積極的に開催しております。また、生活の中の美や、作品の成り立ちと素材・技法に目を向けるワークショップは、展示と体験活動を融合させる新たな試みとしてこちらの美術館の大きな特色となっています。そして、身近に利用できる貸出スペースとして区民ギャラリーを設け、広く多くの方々が利用しています。 こうした活動を通じ、地域の方々をはじめ多くの方々に、常に新鮮な魅力にあふれた美術館として親しまれている美術館です。 コレクションとしては、 日本の近現代美術の流れとその特徴を理解するための優れた作品を体系的に収集、欧米とのかかわりの中での独自の展開に焦点をあてております。明治以降、日本人が海外に学んで制作した作品、特に作家が自己のスタイルを模索する過程から生まれた新鮮な作品群や、戦後、国際展に出品され高い評価を得た作品群を中心に、目黒ゆかりの作家や同時代の新鮮な動きの紹介にも力を注いでます。また、制作のプロセスを示すものなど、周辺の資料も積極的に収集、作家と作品へのより深い関心も体感することができます。
  • 東京富士美術館

    東京富士美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ルネサンス以降の様々な美術運動の流れで生まれた 絵画を中心に展示が構成されています。 色々な芸術家の様々な画風の絵画の鑑賞は、とても 勉強になります。 絵画だけでなく、江戸時代の工芸品の展示もあります。
  • 東京都現代美術館

    東京都現代美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    戦後日本の現代美術をテーマにした美術館です。 戦後から現代までを時系列で1階から3階に渡り 作品を展示する構成は、とても見やすいですよ。 建物自体も、巨大な作品の展示もできるように なっているそうです。
  • 国際版画美術館

    国際版画美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    日本で数少ない版画専門の美術館です。 コレクションは日本を代表する浮世絵、 棟方志功棟方志功の作品があります。 変わり種は横尾忠則の版画作品ですね。 海外作品もコレクションされており レンブラント、ゴヤの版画作品は 珍しいのではないかと思います。
  • 練馬区立美術館

    練馬区立美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ここは、区立の美術館です。 日本の近現代美術を中心に展示が 構成されています。 美術品の鑑賞でけでなく、区民に 美術への理解を深めてもらうために 様々な講座も開催されています。 区民が制作した作品を展示するために 展示室も借りることができます。
  • 静嘉堂文庫美術館

    静嘉堂文庫美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ここは、三菱財閥二代目岩崎弥之助が邸宅内に 創設した文庫「静嘉堂」を起源とする美術館です。 岩崎弥之助、その子息である岩崎小弥太が収集した 東洋古美術品が収蔵、展示されています。 もちろん、国宝、重要文化財に指定された美術品も 含まれていますよ。
  • 松濤美術館

    松濤美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    この美術館がある渋谷区松濤は高級住宅街として 有名ですね。 高級住宅街の雰囲気にマッチした建物の中での 美術鑑賞は、リッチな気分になりますね。 2階の喫茶室は展示を眺めながら、ゆったりと ティータイムを楽しめますよ。
  • 板橋区立美術館

    板橋区立美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    日本の近現代の美術品を所蔵する美術館です。 江戸時代の狩野派の絵師の作品や大正・昭和の 前衛美術作品が展示されています。 もちろん、地元の板橋区に縁ある芸術家の 作品の展示されています。 地元の小学校に美術館が企画した画材キットを 無償提供するなどの美術の啓蒙活動を行うことで 板橋区の美術の拠点としても機能しております。
  • アニメーション美術館

    アニメーション美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    三鷹市が運営しているスタジオジブリが制作した アニメーション作品をテーマにした美術館です。 とても、夢にあふれた空間ですよ。 屋外には天空の城ラピュタでおなじみの巨人兵が 堂々と立っており来館者をお出迎えしています。 その姿は、ちょっと、迫力があるので小さい子が 怖がったりしますが、親にとっては、その光景も いい思い出になりますよ。
  • 出光美術館

    出光美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらの美術館は日比谷駅すぐ近くにある出光美術館です。 出光興産創業者である実業家・出光佐三が長年かけて、収集した美術品を展示するため、1966年(昭和41年)に開館しました。帝国劇場、出光興産と関連会社の本社が入居する帝劇ビルの9階にあります。 館内のロビーからは隣接する皇居外苑が一望でき非常に美しい景色です。収集品は日本・東洋の古美術が中心で、日本や中国の絵画、書跡、陶磁などが系統的に収集されています。特色あるコレクションとしては唐津焼、仙厓義梵の書画1000点超などがあります。ジョルジュ・ルオー、サム・フランシスなどの西洋近現代美術の収集もあり見応えが大変あるのがおすすめなところです。 開館後もこちらの美術館は収集を継続しており、1983年には国宝の『伴大納言絵巻』を購入、2019年には若冲の『鳥獣花木図屏風』や応挙の『虎図』などを含むプライスコレクションの一部190点を、山口桂が統括したクリスティーズのプライベートセールを仲介して購入しており、財源の凄さにも驚きを隠せません。 事業家であり、こちらの美術館の生みの親である、出光佐三の美術品収集は、江戸時代の禅僧・仙厓義梵の書画をきっかけに始まりました。 出光佐三は19歳の時、郷里福岡でたまたま訪れた古美術品売り立て会場で仙厓の「指月布袋画賛」(しげつほていがさん)に出会い、父親に頼んでこの作品を購入しました。 月を指差す布袋を軽妙なタッチで描いたこの作品は、現在も出光美術館の代表的な所蔵品の一つとなっています。 以後、約千点にも及ぶ仙涯作品を収集するが、出光が仙涯は普門円通禅師という高名な禅僧だと知るのはずっと後のことで、当時はただ好きで集めた言われています。 出光は、第二次大戦以前には、個人的に交友のあった小杉放菴(洋画家)、板谷波山(いたやはざん、陶芸家)などの作品の収集のほか、大分出身の文人画家・田能村竹田(たのむらちくでん)の作品、九州を代表する陶芸の一つである唐津焼などを収集していました。 第二次大戦以後は収集の幅も広がり、東洋の古美術のみならず、フランスのフォーヴィスムの画家・ジョルジュ・ルオーや、抽象絵画のサム・フランシスの絵画もコレクションに加えています。 この美術館は非常に奥行きのある収集が多いので大変オススメです。
  • 永青文庫

    永青文庫

    投稿ユーザーからの口コミ
    室町から続く名家である細川家の屋敷跡に作られた 美術館です。 細川家が収集した様々な美術工芸品が所蔵されて います。 歴代細川家当主の肖像画、茶道具、能や狂言の面、 宮本武蔵の墨画といった、とても、貴重な品々が あります。
  • 聖徳記念絵画館

    聖徳記念絵画館

    投稿ユーザーからの口コミ
    明治天皇と昭憲皇太后にまつわる事柄をテーマにした 絵画を中心に展示が構成されています。 社会科の教科書で見たことがある大政奉還や岩倉使節団の 絵画もここには展示されていますよ。
  • 太田記念美術館

    太田記念美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ここは、浮世絵版画と関連する品々を合わせて 1万2千点以上の収蔵品がある美術館です。 しかも、毎年、収蔵品は増えているそうです。 和風の落ち着いた環境での浮世絵鑑賞は時間を 忘れさせるほど、浮世絵の世界に浸ることが できますよ。
  • 吉祥寺美術館

    吉祥寺美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    吉祥寺に縁ある作家の油彩、版画、写真など作品を 2,500点以上収蔵する美術館です。 収蔵品を展示して見せるだけでなく、講演会や ワークショップを開いて美術教育活動も熱心に 取り組むことで地元に貢献する美術館です。
  • 熊谷守一美術館

    熊谷守一美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    「画壇の仙人」と呼ばれた熊谷守一の旧宅跡に建つ 美術館です。 展示品は、もちろん、熊谷守一が描いた絵画です。 原点の写実画から「熊谷様式」と呼ばれる抽象画が 展示されており一人の画家の画風の変遷を楽しめる 貴重な美術館です。
  • 世田谷美術館

    世田谷美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ここの所蔵・展示品は、ちょっと、個性的です。 いわゆる正規の美術教育を受けていない作家の 作品を収集しています。 現代芸術を代表する草間彌生、 グラフィックデザイナーの横尾忠則、 美食家で画家、陶芸家の北大路魯山人、 放浪の画家としておなじみの山下清の作品を 鑑賞することができます。 アラーキーの愛称で有名な写真家の荒木経惟の 作品も展示されています。 これだけの名だたるアウトサイダー・アートを 代表する作家の作品を楽しめる美術館は貴重な 存在ですね。
  • 府中市美術館

    府中市美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    柔らかな線と穏やかな色彩で優しい雰囲気を 醸し出している風景画で有名な牛島憲之の 作品を所蔵し展示している美術館です。 展示以外にもプロの作家による作品の制作 過程を公開する公開制作室は見学していて なかなか、おもしろいと思いますよ。
  • 東京都写真美術館

    東京都写真美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    日本では初の写真を展示テーマにした 美術館だそうです。 世界的に見ても芸術性、文化性が高い 写真作品を収集しているそうです。 秋山庄太郎、木村伊兵衛といった大御所、 現役の荒木経惟の作品を収集しているので 様々なジャンルの写真を鑑賞することが できますよ。
国内旅行・観光の魅力再発見!【いい旅、ふた旅。】
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

名古屋刀剣ワールド
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲット!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。