ご希望の博物館情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探

神奈川県の博物館

博物館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

神奈川県の 博物館 (1~30施設/45施設)

恐竜や日本刀など様々な分野で文化的・資料的価値の高い展示品を鑑賞したいなら博物館がおすすめ。「旅探」では神奈川県にある博物館を一覧でまとめました。話題の博物館はもちろん、近くにある博物館を検索することができます。神奈川県の一覧から博物館の名前をクリックすれば、博物館の所在地や交通アクセスをはじめ、実際に行った方からの口コミや投稿写真・動画といった情報が閲覧可能。また、博物館の周辺施設についても掲載していますので、観光スポット探しにもご利用頂けます。「旅探」で、あなたにピッタリの神奈川県の博物館を見つけましょう!

神奈川県の博物館
45施設
アクセスランキング順
  • 星の王子さまミュージアム

    星の王子さまミュージアム

    投稿ユーザーからの口コミ
    ゴールデンウィークを利用して家族で星の王子さまミュージアムに行って来ました。中に入るとデズニーランドかなあと思わせる庭園が広がりとても綺麗で子供も喜んでいました。また来たい施設です。
  • 日本郵船歴史博物館・氷川丸

    日本郵船歴史博物館・氷川丸

    投稿ユーザーからの口コミ
    日本郵船歴史博物館にある氷川丸に乗船しました。みなとみらいから歩いていくこともできます。船内の客室や操舵室を見ることが可能です。普段は見れない部分を見学できたので、とても楽しかったです。
  • 鈴廣のかまぼこ博物館

    鈴廣のかまぼこ博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    館内は広く各種かまぼこや地元である小田原のお酒が販売されてます。各ブースには軽食が出来たり実演での調理で食す事が可能。お土産用が多く日持ちもするので観光客用の施設です。
  • 横浜みなと博物館

    横浜みなと博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    横浜みなと博物館は横浜市西区みなとみらい地区にあります。日本メモリアルパークにある展示施設のひとつです。帆船日本丸及び展示ドックなどがあります。現在は改修工事の為横浜みなと博物館と柳原良平ミュージアムは、2021年6月7日から2022年4月頃まで休館だそうです。しかしながらこの博物館は横浜港をテーマにした博物館ですので、地元民としても観光客としても一度は訪れてみたいと思う場所ではないでしょうか。博物館前には巨大な船が保存されています。「太平洋の白鳥」と呼ばれていたそうで、重要文化財初代帆船である。かなり迫力があり、みなとみらい地区でもかなり目立つ存在で、夜はライトアップもされていて、とても素敵な観光、デートスポットだと思います。 現在はコロナの影響で中止になることもあるそうなのですが、日本丸の展帆は大迫力です。 みなとみらいのビルの間に大きな船があり、 その周りには公園もあり、沢山の人が まったりと過ごすことが出来る場所です。
  • 箱根駅伝ミュージアム

    箱根駅伝ミュージアム

    投稿ユーザーからの口コミ
    箱根に来たら、一度は行ってみたいと思っていた箱根駅伝ミュージアムに行って来ました。外観は美術館を思わせる雰囲気でした。中には、箱根駅伝の歴史や各大学のユニフォームがあり駅伝ファン必見の場所でした。
  • 神奈川県立歴史博物館

    神奈川県立歴史博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    明治維新の洋館建築が重要文化財となっている、神奈川県立歴史博物館です。八角型のドーム屋根が、人々の目を引きます。館内は、神奈川県の歴史をとても分かりやすく構成されてます。
  • シルク博物館

    シルク博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    日本の優れた絹が各地より横浜港に、集められて世界に出て行った歴史を学ぶ事ができるシルク博物館です。近代化へ向かう日本の礎となった、絹の役割が分かります。後世に伝える重要な博物館です。
  • 真鶴町立遠藤貝類博物館

    真鶴町立遠藤貝類博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    真鶴町立遠藤貝類博物館は、真鶴半島の先端にあります。 私は、真鶴半島の先端にある三ツ石海岸に観光で寄ったのですが、お土産売り場の2階にある遠藤貝類博物館に初めて気が付きました。 せっかくなので、入館料を払って入ってみると、いろんな貝類がたくさん置いてありました。 真鶴半島は、ダイビングスポットでもあるので、真鶴半島で見られる貝類のコーナーもありました。 一つの貝にしても、二つと同じ模様や形が無く、それぞれがその環境で、受けた影響により、形が変わっていくらしく、人間と同じなんだと、貝類を見て思いました。 巻貝の美しさには惚れ惚れします。 キレイに磨きをかけられて、展示をされているので、まるで美術品のようでした。 私の心に1番残ったのは、鯨の骨です。 海の生き物のコーナーにありました。なかなか近くで鯨の骨を見る機会がなかったので、その大きさには圧巻でした。 真鶴半島へは、なかなか足を運ばれる人も少ないとは思いますが、海が好きなら、海の神秘を感じられる、こちらの博物館にも足を運んでみるといいと思います。
  • 常盤木門SAMURAI館

    常盤木門SAMURAI館

    投稿ユーザーからの口コミ
    常盤木門SAMURAI館は、神奈川県小田原市の小田原城内にある資料館です。館内には日本刀などの刀剣や甲冑が多数展示されています。2016年にオープンしたため、最新のデジタル映像を交えた展示もされています。
  • 電車とバスの博物館

    電車とバスの博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東急田園都市線の宮崎台駅の改札を出るとすぐにある電車とバスの博物館。駅直結で雨でも濡れることなく入れます。入り口には券売機があり、改札を抜けて館内へ。エレベーターで4階建てです。 3階は大人でもワクワクしてしまう巨大ジオラマがあります。HOゲージが走っており、なんと運転することが可能です。HOゲージは大きくて本物そっくりなので大興奮。その裏には電車の仕事コーナー。車掌さんの仕事内容や運転士さんの仕事内容が写真付きで載ってわかりやすいです。クイズもあるので子供には楽しいこと間違いなし。ジオラマの反対側には木製車両のライブラリーがあります。実際に座椅子に座ることができて、鉄道雑誌が沢山あります。その隣には旧高津駅があります。駅務室まであり、当時の路線図や運賃表まであり、完全に駅になっています。その隣はNゲージパーク。自分のNゲージを走らせることができるんです。別料金ですが、ジオラマで自分のお気に入りの電車を走らせることができ、息子は満足。Nゲージがなくても隣の売店で売っていますし、置いてあるやつも運転出来ます。3階の入り口部分位はパノラマシアターがあり、大きなジオラマと共に、背景には映像が流れています。短編映画も流れていて東急の歴史が学べます。ここのジオラマは背景が夜にもなるのでHOゲージの明かりが更に綺麗で本当によく作られています。 続いて2階。ここは3450系の車両があります。電車の車輪部分、台車ブレーキも展示されており、操作ができます。電車の仕組みが体験して分かります。更に嬉しいのが、車両部分にはドアの開閉操作、車内放送マイクがあり、車掌さんの体験ができます。車内もドア部分が内部が見える様になっていたり、運転席に入ることができます。パンタグラフも間近で見ることができます。 1階はシュミレーターコーナーがあります。人気なので抽選になることもしばしば。車両の展示もされていて、電車の構造がわかる様になっています。バスも実際に置いてあり、バスもシュミレーターがあります。他にも横断歩道や信号機もあるので交通ルールを学ぶこともできます。
  • 江戸民具街道

    江戸民具街道

    投稿ユーザーからの口コミ
    中井町にあります、江戸民具街道さん。江戸時代から明治時代の生活道具を展示している博物館です。二階建ての民家風の建物で、一階はランプや電灯を中心に、また二階は消防道具や家具を中心に展示してました。
  • 史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館

    史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館

    投稿ユーザーからの口コミ
    原当麻駅より相模川方面(徒歩25分)の石器学習館は、旧石器の石片の展示や勾玉・土器作りなどが体験できる教室もあります。縄文時代の生活がわかる人形が多く展示されて、縄文時代のペット「縄文犬」は驚きです。
  • 神奈川県立生命の星・地球博物館

    神奈川県立生命の星・地球博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    お盆入りをし猛暑日が日常化してきた今日この頃。小田原駅から最寄りの入生田駅まで10分、そこから徒歩5分の神奈川県立生命の星・地球博物館にお邪魔しました。 箱根という緑に包まれた山中にあるところであり、川辺も近く自然を感じられる場所です。 お盆ということもあり、混んでいるというほどではありませんが多くの人、特に小さなお子さんを連れた家族層が多く訪れている印象でした。 ここ生命の星・地球博物館はその名の通り、地球の生い立ちから生命の誕生、その過程を映像や化石などで説明し展示されています。様々な岩石やクリスタル、昆虫の標本なども展示されており観る角度で色が変わる蝶は綺麗なものでした。特に見上げなければならない程の恐竜の化石は正直「おぉ〜」と感嘆したほどでした。また1階の天井は吹き抜けており2階から見る上から吊るされた実物大のプテラノドンや一階の全体の景色もとても良かったです。 今回は利用しませんでしたが外テラスやレストランもあり、ゆったりと過ごせる空間となっていました。 出入り口付近にお店があり今回、人気の神奈川県地域のクリアファイルを購入してみました。他県から来た私にとってはとても助かる一品でした。 ゆったりとした空間と環境を備えた場所であるのでまたお暇があればお邪魔したとおもいます。
  • 岩崎博物館

    岩崎博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    横浜山手の港の見える丘公園の近くに、ファッションの歴史を展示してる岩崎博物館があります。古今東西のファッションの歴史を見て学ぶ博物館です。何気に着ている服装に、改めて歴史がある事を再認識できる機会でした。
  • 日本新聞博物館

    日本新聞博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    横浜市中区にある新聞をテーマにした博物館です。 先日、横浜市内に住んでいる友人親子に教えてもらい、一緒に遊びに行きました。 場所は、山下公園の近くです。 日本大通りの県庁と横浜港郵便局の交差点近くです。 電車で行く場合には、みなとみらい線「日本大通り駅」で降りると、新聞博物館直結の「3番情文センター口」がめっちゃ近いです。 初めての方も迷わず行けると思いますよ。 私は、山下公園で遊んでから徒歩で向かいましたが、とても近かったです。 横浜観光とセットでぜひ訪れてみて下さい。 こちらの新聞博物館、まず建物が横浜の町並みでよく見かけるような歴史のありそうな建物です。 そして大きな看板などが付いていないので、気づかずに素通りしてしまいそうになります(笑) 調べてみたら、1929年に設立された旧横浜商工奨励館の建物を再利しようしているそうで、登録有形文化財に登録されている歴史ある建造物だそうです。 新聞について学ぶと同時に、歴史ある建物に入ることが出来るのも、子供にとっては学びになりますね。 入口を入ると、ロビーにででーんと大きな印刷の機械が置いてあります。 ビルの2階くらいまで高さのある、とっても大きなものです。 実際に新聞社で使われていたもので、1時間に15万部も印刷出来る機械だそうです。 最初に目に入ったのがその機械だったので、「えー!新聞ってこんな大きな機械で作るの!?」と、子供たちのワクワク感がさらに上昇したようです。 ビルの2階に企画展、3階に常設展示があります。 全部面白かったんですが、特に印象に残ったものをご紹介します。 まず、「マイ新聞作り」。 パソコンで新聞を作る体験が出来ます! 新聞のひな形が出来上がっているものに、自分で好きな文章を入力し、さらに写真を撮って記事を作ることが出来ます。 印刷して持ち帰ることが出来るので、お土産になりますよ。 もう一つは、「取材体験ゲーム」。 広いフロアに横浜港近辺のジオラマが置いてあり、あるエリアでタブレットをかざすとその街に住む人が登場して話を聞けます。 子供たちは新聞記者になりきって、登場人物に取材し、新聞を作っていくというものです。 ペリーとか、横浜にゆかりのある実在の人物が出てくるので、歴史の勉強にもなりました。 たくさん遊んで学べるおすすめの博物館です。 ぜひお子さんと行ってみて下さいね!
  • 箱根北原おもちゃミュージアム

    箱根北原おもちゃミュージアム

    投稿ユーザーからの口コミ
    ゴールデンウィークを利用して箱根北原おもちゃミュージアム。栃木県に旅行にいったときも北原さんの施設に行ったこともあり、箱根に来た時ちょうど見つけたので、箱根北原おもちゃミュージアムによってみました。施設内に入ると、おもちゃがいっぱいでとても子供は大喜びでした。
  • Orbi Yokohama

    Orbi Yokohama

    投稿ユーザーからの口コミ
    みなとみらい駅に直結しているマークイズの5階にあるOrbi Yokohamaさん!屋内型の動物園です!カピバラなどの動物と実際に触れ合えることができるだけでなく、自然保護を考えられる映像で迫力満点の動物を見ることができます!
  • 原鉄道模型博物館

    原鉄道模型博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    横浜にある原鉄道模型博物館。 電車が大好きな子供に大人気です! もちろん大人もとても楽しめます。 鉄道の歴史なども学べ、巨大なジオラマはとても迫力があります。 イベントなどもあります!
  • 記念艦 三笠

    記念艦 三笠

    投稿ユーザーからの口コミ
    三笠公園に戦艦「三笠」展示してあります。これは本物で中に入って見学もできます。大人の入場料は600円です。 戦時中に大活躍した戦艦で、見学コースでは「三笠」の活躍を知ることができます。 とても迫力のある船なので、ここへ来たら見学した方がいいですよ。
  • 海上保安庁海上保安資料館横浜館

    海上保安庁海上保安資料館横浜館

    投稿ユーザーからの口コミ
    日本の海を外敵より守る資料を展示している、海上保安庁海上保安資料館横浜館です。防衛の為、昼夜問わず、休み無く活躍している様子が分かります。特に、北朝鮮工作船の展示を見ると、海の緊張が伝わります。
  • 平塚市博物館

    平塚市博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    毎月、相模川の自然と文化をテーマに活動をしている地域博物館で毎月、さまざまなイベントや展示をされているので飽きが来ないですよ。特に平塚市の自然や動物に関する展示は勉強になりました。そして3階にあるプラネタリウムも小さなお子様でも分かり易く投影してくださるので楽しめますよ。
  • 箱根ジオミュージアム

    箱根ジオミュージアム

    投稿ユーザーからの口コミ
    ゴールデンウィークを利用して、大涌谷に家族でいった時、箱根ジオミュージアムによりました。ゴールデンウィークという事もあり、小さな子供さん連れがたくさんいました。大涌谷の歴史も分かり大変興味深かったです。
  • 相模原市立博物館

    相模原市立博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    JR淵野辺駅から歩いて20分程。バスで行くと便利です。バスは相模原駅や相模大野駅、上溝駅からでもいけます。駐車場も無料で、広いので車でもおすすめです。開館の時間は9:30〜17:00で月曜は休館です。 入館料はかかりませんが、プラネタリウムは大人500円かかります。 施設は展示がメインです。1階は相模原の成り立ちなどを紹介するコーナーがあり、地層の種類がたくさん展示されています。相模原のみならず、日本の地層もあるので勉強になります。ここには大きなマンモスの頭骨の化石があります。本物で、牙もあり、迫力があります。奥に進むと段丘地形についてのコーナー。関東ローム層について詳しく解説されています。 次に旧石器時代に入ります。大きな鹿のジオラマがあり、化石も展示されています。土器が沢山展示されており、橋本遺跡について学ぶことが出来ます。身近に遺跡群があるのは知らなかったので、びっくりです。出土品の展示が多く、状態が良いものが沢山ありました。間近で見れますので、細かな装飾も楽しめます。奥に進むと人像があり、ここまで鎌倉時代中期頃までの移り変わりが学べます。次は現代です。物置が展示されており、農機具が沢山あります。かつて養蚕が盛んだったのは知らず、桑畑が多いことに納得しました。昔の相模原を知ることで現在との繋がりがよくわかり、とても面白いです。 奥は現代の相模原の自然の展示。川が多い相模原ですが、段丘崖に多くの生物、植物がいて、昆虫の標本がありました。市街地と自然との生物の違いもわかりやすく解説しており、雑木林の役割や、キノコ類の展示、模型などもあり、見てわかるようになっています。 さらに進むと明治時代から昭和へ。相模原がどのように発展していったかがわかります。当時の商工地図や、様々な経済成長の計画が見れます。人口の動向もしっかりと分かります。 展示はこれくらいで、あとは宇宙についての天文展示室があります。プラネタリウムは映画もやっていた記憶があります。プラネタリウムは200人くらい入れ、大きいです。
  • 馬の博物館(根岸競馬記念公苑)

    馬の博物館(根岸競馬記念公苑)

    投稿ユーザーからの口コミ
    「馬の博物館」は中区根岸台の根岸森林公園の中にある博物館です。バス停「滝の上」からすぐのところにあります。このバス停にはJR根岸駅、JR桜木町駅、京急日の出町駅など5つの鉄道駅から路線バスが出ています。有料駐車場は根岸森林公園駐車場の第1と第2が利用できます。JR根岸線の山手駅からは徒歩で15分程です。開館時間は午前11時から午後4時。最終入館は午後3時30分となります。休館日は月・火曜日と年末年始です。祝日や振替休日は開館となりますが、その直後の平日は休館となります。新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から変更になることもありますので最新情報をご確認ください。入館料は大人100円。小学生・中学生・高校生は30円です。土曜日は小中高校生は無料となります。また、障がい者手帳をお持ちの方は無料となります。「馬の博物館」では馬と人の交流の歴史を幅広い分野に渡って紹介しています。ガラス張りの建物の1階を入って正面のミュージアムショップで入館手続きが終わったら、すぐ左手が「第1展示室」になります。ここでは、1866年から76年間、根岸競馬場で行われた洋式競馬の様子と歴史を知ることができます。もともと居留外国人の娯楽として始まった洋式競馬は次第に日本人も加わった社交場として大変にぎわったそうです。奥の階段を下りると右手が「第2展示室」になります。ここでは日本の馬文化や馬の果たした社会的な役割、そして優れた労働力としても人々の生活を支えてきた様子を見学することができます。「第3展示室」では馬が芸術家に与えたインスピレーションをその作品を通して鑑賞することができます。最後の「第4展示室」では人と馬のかかわりの歴史を見学することができます。階段で1階に戻ると「ミュージアムショップ」では、ぬいぐるみや筆記用具などのオリジナルグッズを手に入れることができます。商品の通信販売は行われていません。博物館に併設されたポニーセンター(根岸競馬記念公苑)では生きた馬の展示部門として、サラブレッドや日本在来種をはじめとした様々な品種の馬が飼育されていて、馬場に出てきた馬を見ることやイベントに参加することができます。
  • 横浜市歴史博物館

    横浜市歴史博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    横浜市歴史博物館はセンター北駅から歩いて4分ぐらいにある博物館です。月曜日が定休日で敷地には大きな駐車場も完備しています。一般の人が400円小中学生は100円なので気軽に行くことができます。最近建物を修繕したのでとてもきれいです。向かいの道路には大きなゴリラの像が目印にもなっています。
  • 観音崎自然博物館

    観音崎自然博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ここは国道16号線の終点から県道の209号線を通って、観音崎灯台の少し先にあります。中ではこの近辺にまつわる様々な展示物があります。たまたま、展示中の水槽のたこに、えさやりをする場面を見ることができました。
  • 葉山しおさい博物館

    葉山しおさい博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    葉山しおさい博物館は、葉山しおさい公園内にあります。葉山御用邸の近くになります。葉山観光の際に立ち寄るのもいいかも知れませんね。近くにバス停もありますが、お車でも駐車場がありますので安心です。博物館内は、海洋生物の標本等が展示されています。昭和天皇の研究資料等も展示されていますので、ゆっくり時間をかけて見学したいですね。また、博物館の中からみる夕日もとてもきれいですよ。海に面しているので夕方行かれるのもお薦めです。また、こちらの博物館は公園内にありますので、博物館を見学後は公園内を散策するものお薦めです。きれいで手入れの行き届いたすばらしい庭園を見ることができます。それに、海に面しているので、海風も気持ちいいですし、海を見れる場所もありますよ。公園内も広いですので、ゆっくり散策したいですね。鯉も気持ちよさそうに泳いでいる池もありますよ。あっ。公園内に茶店もあります。実はここでお抹茶をいただくことができるんですよ。博物館を見学して、公園内を散策して、お抹茶をいただいて…。とてもゆったりと時間を過ごしたいときにお薦めです。
  • 報徳博物館

    報徳博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    小田原城に隣接する、二宮尊徳(二宮金次郎)の博物館です。この博物館は、二宮さんの徳の思想から「報徳」となり、いろんな意味を持ちます。博物館入り口には、筆を持って、座っている二宮さんの像があり(薪は持っていません!!)珍しいです。
  • 三宮郷土博物館

    三宮郷土博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    伊勢原市三ノ宮の比々多神社境内にある郷土博物館です。神社周辺に多数ある遺跡の出土品や、神社に伝わる宝物などを展示しています。 環状列石(いわゆるストーンサークル)や住居跡などの遺跡が隣地にあり、合わせて見学できます。 比々多神社参拝の際に、時間があるようなら、ぜひ見学してみて下さい。
  • 横須賀市自然・人文博物館

    横須賀市自然・人文博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    横須賀市自然・人文博物館は、横須賀文化会館の隣にあります。無料です。 横須賀の歴史や、三浦半島に住む昆虫や動物、そして魚介類などの標本がたくさん展示されていて、実物を見ることができます。勉強になりました。
国内旅行・観光の魅力再発見!【いい旅、ふた旅。】
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

名古屋刀剣ワールド
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲット!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。