ご希望の進学塾・予備校・個別指導塾情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

進学塾・予備校・個別指導塾

進学塾・予備校・個別指導塾情報

進学塾・学習塾の種類

全国には数多くの学習塾があります。学校とは別に教育が受けられる学習塾の種類は様々です。指導方針・カリキュラムも違い、学習塾を選ぶ際には、どのような塾がお子様に適しているかを見極める必要があります。 こちらでは、学習塾の種類についてご紹介。学校の授業についていくための「補習塾」、受験対策に特化した「進学塾」など、目的別に異なる塾の種類から、「集団指導」「個別指導」「映像授業」といった指導スタイルの種類、そして、学習塾を選ぶ上で大切なポイントなどを詳しく説明しています。 各種類の塾の特徴やメリット・デメリットはもちろん、どのようなお子様に適しているかも記載しているので、学習塾について知りたい方はぜひご活用下さい。

学習塾とは

学習塾とは

学習塾は主に小・中学生と高校生を対象にして、学校とは別に学習・進学指導を行なう教育施設のことを指します。学校とは違って国から厳しい制限を受けないため、各学習塾によって指導の種類や教育への理念は幅広く存在。学習塾のタイプは、学校の授業サポートや定期テスト対策をメインに行なう「補習塾」、入試対策に特化した「進学塾」などに分けることができ、また指導方法も集団型や個別指導型など様々です。さらに大手の塾・個人の小さな塾など、規模によっても特徴があります。

学習塾の種類:目的・内容別

「学校のテストの点数を上げたい」「志望している学校に合格したい」など、学習塾に通う目的は多岐にわたっています。ここでは、目的・内容別に分類した学習塾の種類をご紹介。特徴とともに、メリット・デメリットを説明していきます。

補習塾

補習塾

補習塾は学校の授業に合わせて指導を行なう塾です。地域密着型の塾が多く、また生徒一人ひとりに対する手厚いフォローが特徴。学校の授業についていきたい場合や、内申点のために定期テストの点数を上げたい場合はもちろん、さかのぼって復習することもできるので、大きく学習進度が遅れている場合、理由があって学校に行けていない場合にもおすすめです。一方、補習塾は学校の授業内容を理解することが重要で復習の割合が多く、先取り学習・受験を目的とする場合は不十分であると言えます。

進学塾

進学塾

進学塾は中学・高校・大学受験の合格を目的として指導を行なう塾のこと。入試に合わせたカリキュラムで学校の授業よりも速いスピードで授業を進めます。塾によっては新学年のカリキュラムを4月よりも前に始めて先取りすることもあるので、途中入塾する場合は未習の部分が出てこないよう、注意することが必要です。
授業の形式で多いのは学力・志望校別のクラス分け授業。定期的なテストによってクラスが変更になることもあります。

進学塾は入試に合わせたカリキュラムの授業が受けられること、進路の情報が手に入りやすいこと、同じ目標・レベルの生徒が集まるため、モチベーションを保ちやすいのがメリット。一方でお子様にとって競争が負担になってしまう場合や、実績を出したい進学塾と生徒自身の希望が異なってしまう場合があります。

なお、予備校も受験対策を行なう教育施設ですが、予備校の指導対象は高校生・既卒生のみ。また授業が一方的な講義形式である点や大学入試のみを専門に扱っている点、高校の授業を理解していることを前提としている点、講義が自由に選べる点などが一般的な進学塾と異なります。
そして、基本的に予備校の講師は、年間契約の個人事業主。大学受験に向けて知識豊富な講師が集まり、質の高い授業を提供しています。

総合塾

総合塾

総合塾は補習塾・進学塾、両方の面を持つ塾のこと。学校の授業サポートから受験のための指導も行なっており、学力・目的に合わせてクラス分けがなされることが多いです。「受験をするか悩んでいるけれど塾でのサポートは受けたい」という方におすすめですが、進学クラスをトップ講師、補習クラスをアルバイトの講師が担当している場合が多く、講義内容に難易度の差があることもしばしば。そのため、補習クラスの生徒が突然入試対策のために進学クラスに切り替える場合には、授業進度や学習内容に注意が必要になります。

専門塾

専門塾は英語や算数・数学に特化した塾や、ロボット・プログラミングなど、特定の科目指導を行なう塾です。また科目だけでなく、「中学受験専門塾」「個別指導専門塾」など、独自のカリキュラムや指導を行なう塾も、専門塾と呼ばれることがあります。

学習塾の種類:指導方法別

学習塾の指導スタイルは大きく分けて「集団指導」「個別指導」「自立型」「映像授業」の4つ。ここでは、それぞれの特徴を説明するとともに、メリット・デメリットも紹介していきましょう。

集団指導の学習塾

集団指導の学習塾

講師1人が約10人~数十人の集団に対して、計画されているカリキュラムに沿った指導を行なうスタイルの塾です。
集団指導を行なう塾では、まわりの生徒と切磋琢磨することができるため、モチベーションが上がりやすいことや、プロの講師が指導していることが多いため質の高い授業を受けられること、また、模試に参加することで自分の立ち位置が把握しやすいことがメリット。一方、デメリットとしては、カリキュラムが決められているので部活・習い事が忙しい場合には両立が難しいこと、授業についていけなくなると追いつくのが難しくなってしまうこと、講師1人に対して多数の生徒がいるため、個別の対応がされにくいことなどが挙げられます。そのため、競争心が強いお子様や積極的に質問できるお子様におすすめです。

個別指導の学習塾

個別指導塾は、1人の講師が1人の生徒を指導する「マンツーマン指導」を行なったり、1人の講師が2~3人程度のごく少数の生徒に指導を行なったりする塾のこと。集団指導の塾とは異なり、生徒一人ひとりが区切られたスペースで勉強します。

個別指導塾のメリットは、自分のスケジュールに合わせられるので部活・習い事と両立しやすいこと、理解度に合わせた授業で勉強できること、分からない問題があったときに質問しやすいことなど。
一方で、苦手科目に指導が偏ってしまう場合があること、集団指導の塾に比べて月謝が高いことなどがデメリットです。自分のペースで学習したいお子様、部活・習い事が忙しいお子様、学習進度や勉強へのモチベーションなどの管理が必要なお子様におすすめとなっています。

自立型の学習塾

自立型の学習塾

生徒が自分でプリントや映像授業などを使って学習を進めていくのが自立学習型の塾です。講師は生徒が分からなかった問題を解説したり、学習状況を確認したりします。生徒が自主的に進めていく塾のため、どんどん学習を進めることもできますし、反対に苦手分野は何度も学習することも可能。また講師のサポートの上ではありますが、生徒自身が計画を立てるので、自己管理能力が高まります。

一方で、自己管理ができない生徒だと長続きしにくいこと、1から10まですべてを教えてもらえるわけではないことがデメリット。講師が学習意欲を高めてくれるような人物か否か、またお子様との相性が良いか否かにも注意することが必要です。向上心が強いお子様や自分で学習に取り組めるお子様に向いています。

映像授業の進学塾

映像授業の進学塾

映像授業の塾とは、録画された講義の映像を見るという形式の塾です。自分の都合に合わせて映像が見られ、また理解度に合わせて早送り・一時停止・繰り返し再生ができます。さらに映像授業では有名な講師の授業が効率よく受けられるのが特徴です。自宅で講義動画が見られるオンライン塾もありますが、こちらは自分で学習管理をしなければなりません。塾における映像授業では、進度の管理をしてもらえることが多く、分からない場所を直接指導してもらえる場合もあります。

デメリットは緊張感がなく眠くなってしまうことや、「理解した」という気になってしまうことなど。また演習量が少なくなりがちなので、映像授業での問題数が少ない場合には市販の問題集を活用して問題を解いていくことが必要です。部活動が忙しいお子様、地理的条件などで有名な講師の授業を受けにくい状況にあるお子様などにおすすめの塾となっています。

学習塾の種類:規模別

学習塾の規模は、全国に展開しているような大きな塾から、地域に密着した小さな塾まで幅広いです。
それぞれの特徴についてご紹介していきます。

大手の学習塾・中規模の学習塾

大手の学習塾・中規模の学習塾

全国的に展開されている塾、また特定の地域に多く展開されている塾です。中規模の塾は、大手の塾と提携している場合もあります。
大手の塾のメリットは、合格実績が多くて信頼できること、受験についての情報が潤沢なこと、ノウハウがしっかりしていることなど。駅の近くなど通いやすい場所に位置していることもあります。
一方で、大手塾は個人に対してのサポートが手薄になりがちなことや、月謝が高いことがデメリット。また生徒数が多いことは競争心につながりますが、お子様が競争に負担を感じる場合、成長しにくいことも注意が必要です。中規模の塾はバラエティに富んでいるため、目的に合わせて選ぶと効果が期待できます。

小規模の学習塾・個人塾

小規模の学習塾・個人塾

小規模な塾や個人塾は小さい法人や個人で運営している塾です。ひとつだけ教室を持っている場合と、一部地域に複数教室を持っている場合があります。生徒数が少ないので、生徒一人ひとりへのサポートが手厚く、また授業の進み方や授業内容に融通が利きやすい場合がほとんど。特に地元密着型の小規模な塾・個人塾では、定期テストや公立高校の受験に強みがあるのもメリットです。一方で、塾の規模が小さければ小さいほど合格実績が限られてしまうことや、過去問の分析が大手塾と比較すると充実しにくいことがデメリットとして挙げられます。

学習塾選びのポイント

ここでは、お子様に適した塾を探すために大切なポイントをご紹介。

目的を明確にする

目的を明確にする

塾を選ぶ際に大切なのは、まず「なぜ塾へ行くのか」という目的をはっきりとさせることです。「学習塾の種類:目的・内容別」のパートでもご紹介しましたが、学校の授業についていきたい場合は補習塾がおすすめ。特に定期テスト対策をしっかりと行なってくれるような、規模が比較的小さい塾だと安心です。また丁寧な個別指導の方が、集団指導タイプの塾よりも苦手克服に向いていると言えます。受験対策が目的の場合にまず検討した方が良いのは、大手の進学塾。大手の進学塾には志望校対策ができるようなデータがそろっているだけでなく、試験が定期的に行なわれるため、自分の学力が明確に分かり、志望校合格までの道筋も把握しやすいです。受験対策には進学塾が適していますが、学校の授業が理解できないまま進学塾に通うと、授業の進度についていけず、途中で挫折してしまう恐れもあります。

進学塾の合格実績を知る

合格実績とは、その塾からどのくらいの人数がどの学校に合格しているかというデータのこと。特に受験が目的で塾に通う場合は重要となってきます。大手の塾の場合は、塾全体の合格実績だけでなく、通うことを検討している教室の合格実績を確認することが大切。また、合格者数以外にも何人受験して何人が合格したのかという合格率を知ることも必要です。

講師について確認する

講師について確認する

塾に通う上で、お子様を担当する講師についても重要と言えます。
成績を伸ばしてくれるような講師かどうかはもちろん、お子様の心を傷つけるような指導をする講師でないか、信頼関係を築ける講師であるかなど、お子様と相性の良い講師を、体験授業を通して確認することが必要です。

サポート体制を確認する

授業以外のサポート体制の確認も欠かせません。お子様の進路相談、モチベーションを上げていくためのアドバイスなどを行なってくれるかどうかも重要となってきます。また定期的な面談や授業以外の補習の有無、欠席時の扱い、授業時間に融通が利くかどうかも大切です。

料金について確認する

料金について確認する

広告には安い授業料が記載されていても、追加で教材費や模試代、オプションの講座料がかかってしまう場合があります。また料金をはっきりと示していない塾では、追加料金を請求されてしまう可能性も。入塾後に追加料金を知って驚かないためにも、あらかじめインターネットなどで、お子様の学年・検討している塾の指導方法における料金の相場を調べておくと良いでしょう。

学習塾の立地をチェックする

塾に通うのは学校の授業後となり、帰宅は夜になってしまうことが多いため、お子様が安全に通えるかどうか、塾近くの治安について知る必要があります。
また塾が自宅から遠い場合や、満員電車に乗って通わなければならない場合は、塾に着くまでに疲れてしまい集中しにくくなってしまうので、避けた方が無難です。
自宅から塾まで近いと、塾の自習室が利用しやすいことや、通塾に時間が割かれないことなどがメリット。しかしお子様によっては、通塾時間が短いと気持ちの切り替えができないこともあるので、お子様に適した距離の塾を選ぶことが大切です。

まとめ

塾の種類や指導の方法は様々。数多くある中から、お子様に適した塾を選ぶと、成績アップが期待できます。「スタディピア」は、全国の進学塾・予備校・個別指導塾を検索できる情報サイト。
進学塾・予備校・個別指導塾の基本情報はもちろん、写真・動画、口コミまで掲載しています。
自宅・学校から近い塾が分かるだけでなく、実際に通った人の口コミから塾・講師の雰囲気なども知ることもできますので、塾選びにぜひ参考にして下さい。

学習塾
※「予備校」は、高校生と高卒生を対象とし、大学受験を目的としています。

ページ
トップへ
TOP