掲載施設数
    

全国各地の施設情報を伝えるWebライター募集! 全国各地の施設情報を伝えるWebライター募集!

投稿頂いた記事が審査を通過すると、下記のようなレイアウトでホームメイト・リサーチに掲載されます。掲載内容のサンプルとして、写真の配置や文章の段落などをご確認下さい。
※ 以下の記事はすべて架空の情報です。

自分へのご褒美に食べたい カフェこだわりのシュークリーム

自分へのご褒美に食べたい カフェこだわりのシュークリーム

戸松 つばめさんからのレポート

他のスイーツに比べると、低カロリーなのが「シュークリーム」。平均250kcalと、ダイエット中でも、ちょっとだけ安心して食べられる一品です。その中でも、「自分へのご褒美」として選びたい、こだわりのお店をご紹介。「今日は特別」という日のために、参考にしてみてはいかがですか。

高級感にうっとり。プリン、カスタード、生クリームの三重奏。

高級感にうっとり。プリン、カスタード、生クリームの三重奏。

デートや女子会で利用したい、瀟洒なカフェと言えば、「リンリン カフェメゾン」。
○○市に本店がある、洋菓子の有名店です。カフェはもちろん、デザートと一緒にお酒も楽しめる「バーメゾン」も併設しています。

フランス人シェフ リンリン氏が考案したと言われる、「クレープ・シュゼット」や「いちごタルト」など、洗練された美しいケーキが揃うなか、一番おすすめしたいのが「プディグ・シュー」。
その名の通り、シュークリームの中に大きなプリンがまるごとひとつ入った逸品です。プリン、カスタード、生クリームの三層が奏でる上品な甘みが広がって、とっても贅沢な気分。ずっしりとした存在感もあり、まさにご褒美にふさわしい一品です。

パリパリ食感が楽しい「新キャベツ」!

パリパリ食感が楽しい「新キャベツ」!

○○市△△区にある、本格的な仏蘭西お菓子のお店「ランラン・グランメゾン」。
住宅街の一角にあり、優雅なひと時を楽しめるカフェスペースとして人気です。
販売店のショーケースに並んだ、旬のフルーツをふんだんに使った色鮮やかで美しいタルトやケーキの中から、お好きなものをひとつ選んで注文するスタイル。

おすすめなのが「新キャベツ」です。と言っても、こちらは、野菜のキャベツを使ったケーキではなく、シュークリームの名前。フランス語でシュー「Chou」がキャベツを意味することから付けられました。シュー生地はキャベツみたいに層があって、食感はパリパリ。サイズも大きくて、中身のカスタードも濃厚。ひとつで充分、大満足!

古き良き時代のシュークリームが味わえる

古き良き時代のシュークリームが味わえる

△△区にある、老舗のカフェと言えば、「シャンシャン本店」。創業は1947年(昭和22年)。茶色のチェアに清潔な白色のカバーが施された清楚な店内は、昭和レトロな雰囲気で、落ち着きます。

こちらのシュークリームは、小ぶりで上品なタイプ。甘さ控えめのまろやかなカスタードが、しっとりとしたシューに隙間なくぎっしりと包まれて、素朴でどこか懐かしいテイストです。「コーヒー、紅茶はおかわり自由」という点も、昔から変わらない嬉しいサービス。店内に流れる美しいクラシック音楽の旋律を聴きながら、古き良き時代の雰囲気も味わえます。

深くて甘い。上質なクッキー生地のシュークリーム

深くて甘い。上質なクッキー生地のシュークリーム

○○市の方にはおなじみのショッピングセンターカンカンの1階にあるのが「ホァンホァン」。
販売店舗の横スペースにカフェを常設し、気軽にケーキと飲み物のセットメニューが楽しめます。

店名は、フランス語で「幸せをもたらすもの」という意味。その名の通り、こちらのシュークリームが秀逸です。食感はサクッ。本格的に上等なクッキー生地で、一口食べた途端に、バニラビーンズの深くて甘い香りが広がります。中身のカスタードもずっしり重くて、とっても濃厚。幸せな気持ちになれるシュークリームです。

ページトップへ