ご希望の美術館情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

地中美術館入口
旅探
美術館
トップページへ戻る
■ 香川県香川郡直島町
観光名所/レジャー施設
■ 美術館

地中美術館
投稿口コミ一覧

施設検索/香川県香川郡直島町の「地中美術館」へのコメント投稿37件の1~37件を新着順に表示しています。実際に体験したユーザー様からの率直な感想を集めました。ぜひ参考にして下さい。

137件を表示 / 全37

地中美術館
評価:3

地中美術館は香川県の直島にございます。シャトルバスが運行されており、とても便利なので活用してください。館内の雰囲気は普段感じることができない臨場感がありました。たくさんの作品が見れて良かったです。

投稿者
とちおさん
最終更新日
2021年9月17日
モネの睡蓮が見られます。
評価:3

香川県の直島にある地中美術館。そこへは港から車かシャトルバスが必要です。私はシャトルバスで行きました。美術館はコロナ対策で予約制になっていました。一般の美術館とはちょっと違った美術館で、中はあまり明るくなく、まるで地中にいるようでした。あちこちに学芸員が立っており。きちんと管理されているようでした。私の目当てはモネの睡蓮。本物を見ることができて大満足しました。実際、それだけを目当てに来る観客も多いようです。ショップもあり、商品は充実していました。私はモネの推連のポストカードを買いました。今でもカードを眺める度に地中美術館を思い出します。

投稿者
ちいたんさん
最終更新日
2021年4月22日

この施設への投稿写真 2 枚

投稿情報をもっと見る
別世界
評価:3

地下でありながら自然光が降り注ぎ、一日を通して、また四季を通して作品や空間の表情が刻々と変わります。私にとってモネの『睡蓮』がこんなにも立体的で力強く濃い色調であることが驚きでした。 美術館自体まさに別世界に来た感じです。

投稿者
V1830さん
最終更新日
2020年12月28日
直島にあります!!
評価:5

香川県の直島にある地中美術館に行きました。直島を代表する観光スポットです。有名な安藤忠雄さんが設計した美術館は、海や空、地中とマッチした建物で、魅力的でした。とても人気があるので、早めにチケットを購入しなければ完売してしまう程、人気があります。オススメです。

投稿者
中山さいたろうの孫さん
最終更新日
2020年11月8日
地中にある美術館
評価:3

地中美術館は建物のほとんどが地中に埋設された珍しい美術館で、「安藤忠雄」という人によって設計されました! 島の景観を損なうことのないようにということで、地中に設計したそうです! みなさんも是非行ってみてください!

投稿者
E8404さん
最終更新日
2020年7月18日
世界的にも有名な設計士の美術館
評価:4

この地中美術館は、世界的にも有名な設計士、安藤忠雄さんが設計された美術館。土地の形状と、景観を損なわないようにと地中に造られてる珍しい美術館です。世界的にも有名なので、特に芸術祭の時には、世界各国から多くの観光客がみえて混雑します。入場するのに、当日の朝整理券を取得するために長蛇の列ができますので、早めに並ぶ事をお勧めします。

投稿者
ふっくんさん
最終更新日
2019年9月11日
投稿情報をもっと見る
直島の観光スポット
評価:3

昨日、娘や甥っ子と直島へ行った際、立ち寄りました。港から無料のシャトルバスがあるので便利です。あの世界的に有名な建築家の安藤忠雄さんの設計で建物の大半は地中でした。館内に入ると半分以上は外人観光客でした。著名な作家3人(モネ、タレル、デ・マリア)の作品が常設展示されています。入場料は大人1人2,060円(15歳以下は無料)ですが、一見の価値ありです。

投稿者
N7857さん
最終更新日
2019年6月17日
投稿情報をもっと見る
作品主体の美術館
評価:5

ベネッセコーポレーションといえば、「こどもちゃれんじ」や「進研ゼミ」といった通信教育で有名な企業ですが、芸術支援の一環として香川県にある離島「直島」に美術館を建てたり、オブジェを造ったり、古民家を改装したりと様々な切り口でアート活動を行なっています。 「ベネッセアートサイト直島」と呼ばれる一連の活動は、遡れば1989年から端を発しており、今では島のいたるところに作品が見られるようになりました。地中美術館もまた、島にあるアートのひとつと言えるでしょう。 2004年に開設した地中美術館は、同じく直島に建つベネッセハウスをデザインした安藤忠雄氏の手によるもので、名前が示す通り地下(正確には山の地面の中)に建造されています。公式サイトに美術館を真上からとった空撮写真があるのでぜひ見て頂きたいですが、日光を採り入れるために屋根がなく大きく開口している様が分かると思います。 また、この美術館の特徴として、展示作品は3点のみという強気の姿勢が挙げられます。そもそも、ベネッセコーポレーションがモネの「睡蓮」を購入したのを皮切りに、美術館の構想が立ち上がったという話なので、あくまで作品主体であることが伺えます。 まずは、ジェームズ・タレルの「オープン・スカイ」と「オープン・フィールド」という作品を体験しましたが、金沢にある21世紀美術館にタレルの「ブルー・プラネット・スカイ」という作品があり、以前から大好きな作品でした。 地中美術館を訪れたのも、この二つの作品を見るためといっても過言ではありませんでしたが、自然の空ではなく、真っ青の空間を空に見立てる「オープン・フィールド」は衝撃的でした。 ウォルター・デ・マリアの「タイム・タイムレス・ノータイム」は、突如として出現した真っ黒な球体が、祭壇じみた空間の中に鎮座しており、えも知れぬ圧迫感とともに、荘厳な雰囲気が味わい深い作品でした。 そして、真打であるモネの「睡蓮」は、実に見事でした。作品のために美術館を建てたという理由を体現しており、およそ考えられる最高の環境で鑑賞できたことは間違いないと思っています。 なお、地中美術館だけでなく、直島には様々なアート作品が散らばっていますので、一日といわず一泊二日くらいのスケジュールでじっくり体験して頂きたいです。

投稿者
釣り野伏せさん
最終更新日
2019年4月30日
投稿情報をもっと見る
地中美術館
評価:3

地中美術館は香川県直島にあります。瀬戸内に旅行に行った時に立ち寄りました。先ず前衛的なコンクリートの建物にびっくり。館内にはクロードモネの睡蓮の池などが展示されていて、アートな気分になれました。

投稿者
G6707さん
最終更新日
2019年4月7日
その名の通り
評価:5

直島にある「地中美術館」です。名前の通り、多くの展示品は地下にあります。地下と言っても、太陽の光に溢れ地下に居る事を忘れてしまうほどです。モネの作品などが展示されていて、太陽の動きや季節によっても作品の変化を感じられる美術館でした。館内撮影が禁止なので、目に焼き付けてきました。

投稿者
C5137さん
最終更新日
2019年2月7日
地中美術館
評価:3

地中美術館はベネッセが運営する美術館です。 ここの美術館は世界的に有名な安藤忠雄さんが設計された、自然光で美術品を鑑賞できる珍しい美術観です。 見るだけで無く、人間の『感覚』を使って体感する作品もあります。 人気の美術館の為、チケット購入については事前にインターネットでの購入をおすすめします。

投稿者
tekoさん
最終更新日
2019年1月23日

この施設への投稿写真 4 枚

投稿情報をもっと見る
美術館自体がアート
評価:5

地中美術館は、香川県の直島という島に位置しています。 直島はベネッセ主導の取り組みによって、島全体にさまざまなアート作品が点在しています。その中でも中心の美術館と言えるのがこの地中美術館でしょう。 地中美術館はその名の通り美術館全体が地中にあるのです。これは、設計を担当した安藤忠雄氏が瀬戸内海の島々の美しい風景に溶け込むことをコンセプトとして美術館を設計した結果、丘に同化したような形の美術館になったということです。 この美術館は、人にゆとりを持って鑑賞してもらうための試みとして、事前予約制となっています。一応、事前予約なしでも当日待機列があり、そちらに並んで待てば入れるのですが、繁忙期はかなり待たないといけないため、行く予定が確定した時はしっかりとウェブサイトで予約をして行くことをオススメします。 入ってみると地中にある美術館ですが人工の光は必要最低限しか使われていません。しかし、陽の光がところどころに差し込むように設計された館内は美術館そのものがアートとして堪能するにふさわしい造りになっています。 展示品は決して多くはありません。しかし、一つ一つの部屋フルに活用した美術品が展示されており、その雰囲気は他の美術館では味わえないものです。 もっともネームバリューがある展示はモネだと思います。ここは、「自然光」をもとにモネの作品を鑑賞することができます。基本的に美術館は作品保護等の観点からなかなかそのような展示はできません。しかし、ここではモネの作品をもっとも美しく鑑賞できるのは自然光であるという信念のもと展示が行なわれています。 個人的にもっとも印象に残ったのはジェームズ・タレルによる「オープン・フィールド」という作品です。タレルは光の芸術家と呼ばれており、個人的にも大好きな作家です。常設作品が日本で見られるのは、ここを含めても日本には数えるほどしかありません。作品の詳細はネタバレになってしまうので言えないですが、パッと見の美しさ、仕組みが分かった時の感動、仕組みを踏まえた上での味わいという重層的な感動を体感できます。

投稿者
V8888さん
最終更新日
2018年12月13日
投稿情報をもっと見る
現代美術が好きな方にはぜひ行ってほしい美術館
評価:5

香川県の直島にある現代美術館です。直島にはいくつか美術館が存在しますが、地中美術館は最も魅力的な美術館です。特にジェームズ・タレルの光を使った現代アートは絶対に見てほしい場所です。ヨーロッパから観光で来られた方も多く、世界中から注目されている現代美術館といえます。

投稿者
G7437さん
最終更新日
2018年9月16日
建物もアート作品のような施設
評価:5

建築家「安藤忠雄」さんの設計した建物が見たくて、訪れました。建物自体もアート作品のようで、地下に作られたユニークな美術館です。またアートを鑑賞する方法も変わっており、靴を脱いだりする場所もありました。

投稿者
たっしーさん
最終更新日
2018年8月26日
直島人気スポット!
評価:3

アートな島で有名な直島ですが、こちらの美術館を直島観光のメインにしてる方が多い人気のスポットです。 島にフェリーで渡った後、バスかレンタサイクルで行けますが、とても人気のため土日などは整理券を配布していて、入手できなければせっかく行ったのに入場できないといった状況にならないよう情報収集が必須です。

投稿者
モフモフさん
最終更新日
2018年1月19日
投稿情報をもっと見る
人生で一度は行きたい美術館
評価:5

アート好きなら誰でも知っている、岡山県宇野市と香川県高松市の間に位置する直島にある美術館です。 宇野から出てるフェリーで直島に一泊しながら伺いました。 地中美術館は、建築家の安藤忠雄先生が設計していて、名前の如く、美術館が自然と一体化したような地中に埋まった形で出来ています。建物だけでも、しっかりアートですが、ここには、モネの睡蓮が5点や、デ・マリアの作品などがあり、どれも自然光と調和をとりながら展示されています。 館内にはカフェスペース・オープンカフェもあって、所々で休憩したり、くつろげる空間もあるから、じっくりゆっくりまわることができますよ。 地中美術館は、素晴らしいの一言につきます。アートとはこーいうものなんだとわかってもらえる所だと思いますね。是非是非一度は行ってみて欲しい超オススメスポットです。

投稿者
Y0749さん
最終更新日
2017年6月30日
投稿情報をもっと見る
安藤忠雄建築!!
評価:5

この美術館はアートの島と言われる直島にあり、アート好きの人は必ずと言っていいほど知っている有名な美術館です。 夏に訪れたのですが鉄筋コンクリートの館内でかつ地中に埋まっている建築ですので中はとっても涼しくて快適でした。 展示品も海外の有名なアーティストの作品が多く、見ごたえは十分にあります。

投稿者
ほうじ茶ラテさん
最終更新日
2017年6月21日
投稿情報をもっと見る
撮影禁止なので実際に行くしかありません。
評価:5

この美術館は直島という島にあり、さらに少し山に入ったところにあるため、なかなか行き辛いのですが、行って後悔はしないと思います。作品と空間が一体となっており、ただただ圧倒される作品ばかりです。この美術館ならではの不思議な、異空間的な感覚をぜひ行って感じてください。

投稿者
きのこさん
最終更新日
2017年2月8日

この施設への投稿写真 1 枚

地中美術館
評価:3

とても素敵な美術館です! おもしろい仕掛けなどたくさん驚かされることがあると思います。 島に行ったらぜひ、立ち寄ってほしい場所のひとつです。バスがあるので、とても行きやすいと思います。とってもおすすめ!!

投稿者
奇跡の逆転ファイターさん
最終更新日
2016年11月20日
有名な美術館
評価:4

直島の裏側にある美術館です。私は直島出身で、小学生の時にできた美術館です。小学生の時に遠足で行ったのを今でも覚えています。最近でも友達が観光に来た友達を案内しました。その時に昔見た景色とまた違う見え方をしていてすごく楽しかったです。

投稿者
V5106さん
最終更新日
2016年10月14日
安藤忠雄設計の美術館
評価:4

私のおススメは、港から美術館までバスで行き、港までまでの帰りは、いろいろな作品を見ながら歩いて帰って来るコースです。その中でもやはりメインは地中美術館。 名前の通り地中にあるのですが、地中にいると思えない感じで光を見事に使っております。 打ちっ放しのコンクリートと作品が見事にマッチングしていて部屋全体が芸術品となっております。

投稿者
石松さん
最終更新日
2016年5月16日
投稿情報をもっと見る
地中美術館
評価:4

香川県の高松港から出ている船でいける「直島」という島にあります。 安藤忠雄の設計です。 入り口では感じないのですが遠くから見ると土の中に埋まっているような美術館となっています。 入り口付近には誰もが一度は見たことがある絵画、モネの「睡蓮」を模した風景があります。 館内にもモネの睡蓮が展示してあるのが見ものです。 個人的には、遠くから見ていると白い壁に絵がかかっているように見えるのですが、近くに行くとその絵はひとつの空間となっていて、靴を脱いで入れるのです!なんとも不思議な体験でとても印象的でした!

投稿者
のぶしさん
最終更新日
2016年2月20日
投稿情報をもっと見る
別世界に迷い込みますよ♪
評価:5

アートの島。直島の中でもメインの美術館です。 安藤建築が好きなのもあって訪れました。 予想を遥かに上回る素敵な美術館でした〜! 特に私が好きだったのはジェームズ・タレルの作品でした。 呆然と眺めました。 何時間でもいられると思った素敵さでした。 美術好きの方にはぜひぜひ訪れてほしいです。

投稿者
pinkさん
最終更新日
2015年9月16日
投稿情報をもっと見る
地中美術館
評価:5

地中美術館は瀬戸内海に浮かぶ直島にあります。 その名の通り、三角・四角など幾何学の開口部が地上にある以外、地中に埋められています。 設計者は世界的に活躍している安藤忠雄氏です。自然の景観を損なわないよう建物を地中に埋め、地下ににも関わらず、自然光を取り入れた手法は、時間帯によって自然の光の当たり具合で作品の見え方が変わるのも魅力の一つです。

投稿者
タクさん
最終更新日
2015年8月18日
投稿情報をもっと見る
異空間に包まれ
評価:3

4人のアーティストの展示品・芸術が一気に見られました♪ こちらの地中美術館は、山の上にあり坂がキツイですので、徒歩や自転車ではなく、バイクか車かバスを利用することをおすすめします♪ 駐車場・駐輪場から2〜3分坂を上がるので、ご高齢の方には少し大変かもしれません。 館内は迷路のように感じましたが、館内とカフェの雰囲気も素敵でしたよ〜☆

投稿者
R7977さん
最終更新日
2015年6月5日
投稿情報をもっと見る
驚き
評価:5

地中美術館は建物から未知な雰囲気です。直島は小さい島ですが、原付をレンタルして全部回りましたが、アートの島だけあって楽しめます。この地中美術館も安藤忠雄さんの独特な雰囲気に圧倒されます。

投稿者
ウルワツさん
最終更新日
2015年5月7日
自転車で
評価:5

ここを目的に直島へ旅行に行きました。直島全体がアートで、島人は親切でいい人ばかりです。直島は自転車で島一周できるので、地中美術館も自転車で行きました。外観からしてかっこいいです。中に入ってからは、不思議な気持ちになるようなアートが多く最高でした。

投稿者
V5682さん
最終更新日
2015年4月10日
アートの島で楽しむ現代アート♪
評価:4

安藤忠雄設計の地中美術館。直島自体が現代アート好きにとって、楽しい島ですが、なかでも地中美術館はぜひ行っていただきたいところです。現代を代表するアーティストたちのリアルな作品に触れられる楽しさは格別♪

投稿者
まりぽんさん
最終更新日
2014年10月23日
ぜひ一度行ってみてください
評価:4

アートの島、「直島」にあります。ずっと行ってみたかった所です。岡山港から車ごとフェリーに乗り込み直島港へ。美術館には広い駐車場があるのでそちらに駐車できます。アート好きにはたまらない作品がたくさんあります、ぜひ一度は訪れていただきたいと思う場所です。

投稿者
チャンダニさん
最終更新日
2014年10月3日
一度は行きたくなる美術館です。
評価:3

この美術館はチケットを購入し、徒歩で美術館まで進みます。そして、入口へ進むと、明暗が重なり不思議な世界へ… 登ったり下ったり、本当に空間を楽しむ美術館です。 また、喫茶スペース設けられており、瀬戸内海を見ながらのんびり…ここが自宅なら!!!と思える場所です。 ここは地中ある美術館であり、上空から見れば美術館があるとは思えない…実に不思議です!!

投稿者
Mr.Sさん
最終更新日
2014年4月17日
投稿情報をもっと見る
地中美術館
評価:4

 香川県直島にある美術館 安藤忠雄設計の美術館です。    写真撮影禁止ですが、モネの睡蓮 や 現代美術が  体感できます。 安藤イズム満載の設計で いい意味で   ムダを ふんだんに盛り込んだ美術館です。

息を呑むほどの・・・
評価:5

こちらの美術館は中での撮影は一切禁止となっているので、行かないと感じれないなんとも言えないものがあります! すべての造りはもちろん素晴らしかったのですが、中にある絵画との造りには感動しましたっ!!息を呑むほどの美しさでした^^光や天候により、見るものの形や感じ方が変わりますので、おもしろいですよ!また機会があれば行きたい美術館ですね★

投稿者
モコさん
最終更新日
2014年2月12日
投稿情報をもっと見る
体感型美術館!
評価:5

安藤忠雄氏の設計によるこの美術館は、建物全体が一つの芸術作品として成り立っています。展示室も、体感型の現代芸術作品が中心となっていますが、モネの「睡蓮」シリーズの作品を鑑賞することもできます。不思議な癒しの空間を体験しに、何度も訪れたくなる現代美術館です。

投稿者
T8190さん
最終更新日
2013年11月26日
ステキ
評価:4

直島にある地中美術館は、安藤忠雄氏の設計で、クロードモネの作品が贅沢に展示されています。 その他にも現代美術を楽しむことができますが、体験型というのでしょうか?不思議なものや、理解し難いものも… 現実離れしたステキなところです♪

投稿者
チコさん
最終更新日
2013年11月15日
1番好きな美術館
評価:5

直島が有名になる前から足を運んでいます。5回は行っているかも?私が行った中で一番好きな美術館☆不思議な世界へ行くことができますよ♪1日中いても飽きません。人が多いと入場制限がかかるので気をつけてくださいね!

投稿者
ピーチ姫さん
最終更新日
2013年10月12日
大好きな場所。
評価:5

直島、最高。大好きです。海、自然、安藤建築ホントに素敵な時間を過ごせますよ〜。宿泊すると、一部の美術館が開館前・閉館後利用出来ます。ゆっくり自分のペースで作品を観れますよ。癒やしの一時をぜひ。

投稿者
MONCさん
最終更新日
2013年9月22日
とてもワクワクする美術館です
評価:5

アートの島、直島にある美術館です。 体感型(?)の展示が多く、あっと驚く作品やゆったりと眺められる作品など、色々な作品があります。 また行きたい美術館というのが少ない自分ですが、こちらは絶対にまた行こう!と決めてます^^

投稿者
さん
最終更新日
2013年7月25日

ご投稿頂いた内容は、当サイトのSNS公式アカウントに掲載することができます。

これらのコメントは、投稿ユーザーの方々の主観的なご意見・ご感想であり、施設の価値を客観的に評価するものではありません。あくまでもひとつの参考としてご活用下さい。
また、これらコメントは、投稿ユーザーの方々が訪問した当時のものです。内容が現在と異なる場合がありますので、施設をご利用の際は、必ず事前にご確認下さい。

投稿をするには、ログインをして下さい。

投稿ユーザーの登録がお済みでない方

右のボタンから、新規登録することができます。

ここから!

無料会員登録をして、投稿でポイントを貯めよう!

ホームメイトリサーチに投稿ユーザー登録すると?

国内旅行・観光の魅力再発見!【いい旅、ふた旅。】
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
名古屋刀剣ワールド
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲット!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。
※すべて商品ポイントが付与されます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。
※商品ポイントは付与されません。