写真撮影の基礎知識 ステップアップ編

光をうまく使いこなそう!

ホワイトバランス

一眼レフカメラには、被写体に当たる光への影響に合わせて「白色のものを白色」に仕上げる機能があり、その機能を「ホワイトバランス」と呼び、晴天や曇天、蛍光灯や電球などの撮影シーンに応じて手動で設定が必要なケースがあります。

ここでは、ホワイトバランスの設定による写真の仕上がりについてご説明します。

ホワイトバランスを理解する

ホワイトバランス「オート」で撮影

ホワイトバランス「オート」で撮影

例えば、白い紙を撮影する際、晴天時の太陽の光が当たっている場合と夕日が当たっている場合とでは、当然ながら色味に変化が出てきますし、同じように室内の照明が蛍光灯なのか、電球なのかでも写真の仕上がりは変化します。「ホワイトバランス」は、それらの光源がどんな色かによって調整し、状況下にかかわらず被写体本来の色味を表現するための機能です。

一眼レフカメラには、撮影シーンに応じて自動でホワイトバランスを調整する「オート機能」が備わっていますが、写真の仕上がりの色味が思う通りにならない場合は、手動で設定する必要があります。

色温度

色温度図解

色温度図解

ホワイトバランスを手動で設定するには、「色温度」を理解することが必要です。色温度は、光の色を温度に例えて数値化しており、「ケルビン値(K)」として表記され、右の図を見ると分かるように、ケルビン値が小さくなる程「赤味」が増し、ケルビン値が大きくなる程「青味」が増します。

ホワイトバランスはこの値を判断し、フレーム内に「赤味」が強ければ「青味」を足し、フレーム内に「青味」が強ければ「赤味」を足すというように、反対色を合わせることで本来の色味に近づけます。

シーン設定でホワイトバランスを調整する

では実際にホワイトバランスを手動で調整するときは、どのような設定をすれば良いかご説明します。一眼レフカメラには、天候や光源など撮影状況下を選択し、適したホワイトバランスに調整する機能があるため、それぞれの特徴を理解しましょう。

晴天

ホワイトバランス「晴天」で撮影

ホワイトバランス「晴天」で撮影

屋外の晴れた日に撮影する場合は、「晴天」モードに設定しましょう。カメラのメーカーによっては、「太陽光」「昼光」と表記されている場合もありますが、一般的に太陽の光は5,500K前後とされており、晴天モードはこれに合わせる形で設定されています。

この晴天モードを基準に、赤味や青味を足して調整していきますが、温かみのある写真を撮りたいときも晴天モードにすると効果的に働くでしょう。

曇天

ホワイトバランス「白色蛍光灯」で撮影

ホワイトバランス「雲天」で撮影

屋外の曇った日に撮影する場合は、「曇天」モードに設定しましょう。晴天モードを基準とすると、赤味を足したのが曇天モードになります。

蛍光灯

ホワイトバランス「白色蛍光灯」で撮影

ホワイトバランス「白色蛍光灯」で撮影

屋内で照明が蛍光灯の場合は、「蛍光灯」モードにして撮影しましょう。晴天モードを基準とすると、青味を足したのがこのモードになるため、透明感のある写真を撮影したい場合も、蛍光灯モードに設定するとイメージ通りに仕上がるでしょう。

特に、屋外の晴天時にあえて蛍光灯モードに設定すると雰囲気のある写真が撮影できます。

電球

ホワイトバランス「白熱電球」で撮影

ホワイトバランス「白熱電球」で撮影

屋内で照明が電球の場合は、「電球」モードにして撮影しましょう。蛍光灯モードよりもさらに青味を足したのがこのモードです。電球モードにして屋外で撮影すると、無機質でクールな印象になります。

写真撮影がうまくなりたい方や、写真コンテストにチャレンジしてみたい方必見!ホームメイト・リサーチの「写真教室」で素敵な写真を撮影するコツを学びましょう!
写真教室の「光をうまく使いこなそう!」ページでは、撮影技術向上の上で欠くことのできない光についてご紹介。測光やISO感度、ホワイトバランスについて解説しています。カメラによっては自動で調整できることもありますが、自分が思う通りの写真を撮るためには、押さえておくべきポイントです。
また、一眼レフカメラの「絞り優先オート」や「シャッタースピード優先オート」で上手に撮影するコツも掲載していますので、ぜひ参考にして下さいね。
光をうまく使いこなして、個性の光る写真をたくさん撮影しましょう!