写真撮影の基礎知識 ステップアップ編

光をうまく使いこなそう!

光線を選んだ写真撮影

上から見た光線の図解

上から見た光線の図解

ひと口に「光」と言っても、被写体に光が当たる角度や方向によって写真の仕上がりに与える影響は異なり、光の当たる角度や方向によって、被写体とその周りの明暗差が変化します。

もちろん、この明暗差も写真の印象を決定する要素のひとつ。表現したい写真に合わせて、効果的な光の使い方を選択することが大切です。

光線を理解する

横から見た光線の図解

横から見た光線の図解

代表的な光線として、「順光」と「逆光」があります。光線には、それら以外にも方向によってそれぞれ名前が付けられ、作品のイメージに与える影響も異なります。

ここで意識したいのが、表現したい意図に合わせて効果的な光線を選択することです。目で見た色味を忠実に表現したいのか、被写体の持つ立体感を強調したいのか、影を利用して面白いイメージにしたいのかなど、意図を明確にさせておくことが重要。

各光線の特徴

ここでは、各光線の特徴をご説明します。

順光

順光で撮影した写真

順光で撮影した写真

カメラの背後から光が当たっている状態を「順光」と言います。被写体に向かって光を当てるため、被写体の形がはっきりと再現できる利点があります。一方で、影が少なく立体感が表現しにくいため、平面的な描写になりやすいです。

被写体の色や形にはっきりとした特徴があれば効果的ですが、雪景色や砂丘など色彩変化の少ない風景を順光で撮影すると全体的にぼやけた印象になります。

逆光

逆光で撮影した写真

逆光で撮影した写真

太陽を正面にして撮影する光線状態を「逆光」と言います。「順光」とは真逆の光線で、コントラストが非常に強く印象的な仕上がりになります。

しかし、コントラストが強い故に露出の決定が難しく、ハイライト部分が白飛びしてしまうなどシャドー部分がつぶれて描写されがちです。露出補正をプラスに傾けるなどして、うまく色彩を表現することがポイント。

サイド光

被写体の真横から光を当てることを、「サイド光(測光)」と言い、逆光まではいきませんが、こちらもコントラストが強く、わずかな起伏でも強調され浮彫になります。

質感や立体感が程良く出やすいという利点があるため、色や形、色彩に変化の少ない被写体を撮影する際に効果的だと言えるでしょう。

斜光

斜光で撮影した写真

斜光で撮影した写真

斜め上から光を当てることを「斜光」と言います。風景写真やポートレイトなど幅広いシーンでよく見られる光線で、全体的にまとまった自然な感じの立体感を生み出します。

明暗差が強すぎると陰の部分が真っ暗になってしまうこともあるので、補助光を当てるなどをして調整する必要があります。

半逆光

被写体の斜め後ろから差す光線を「半逆光」と言い、被写体の立体感が強調され、植物の撮影では花びらや葉が透けて特徴的な描写が可能になります。

特性上、画面内にフレア(光が白っぽくかぶる)ができやすくもあるため、撮影の際はレンズフードの着用をおすすめします。

トップライト

ほぼ真上からの光線を「トップライト」と言い、逆行やサイド光に比べるとやや抑え気味ですが、こちらもコントラストが強く写ります。

人物の撮影でトップライトにしてしまうと、鼻の影が三角形になり目の部分が暗くなるため、できれば避けるのが良いでしょう。

写真撮影がうまくなりたい方や、写真コンテストにチャレンジしてみたい方必見!ホームメイト・リサーチの「写真教室」で素敵な写真を撮影するコツを学びましょう!
写真教室の「光をうまく使いこなそう!」ページでは、撮影技術向上の上で欠くことのできない光についてご紹介。測光やISO感度、ホワイトバランスについて解説しています。カメラによっては自動で調整できることもありますが、自分が思う通りの写真を撮るためには、押さえておくべきポイントです。
また、一眼レフカメラの「絞り優先オート」や「シャッタースピード優先オート」で上手に撮影するコツも掲載していますので、ぜひ参考にして下さいね。
光をうまく使いこなして、個性の光る写真をたくさん撮影しましょう!