ご希望の交通アクセス情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ

伊賀市の交通アクセス

交通アクセス
トップページへ戻る
トップページへ戻る

伊賀市 の交通アクセス (1~30施設/245施設)

伊賀市にある交通アクセスを一覧でご紹介します。「ユキサキナビ」では、伊賀市にある交通アクセスの所在地の他に、皆様から投稿頂いた情報を一覧にて表示しておりますので、施設探しの際にぜひご利用下さい。施設名をクリックすると交通アクセスの詳細情報や、周辺情報を確認することができます。交通アクセス一覧は、①アクセス数、②動画、③写真、④口コミの多い順に掲載しています。

伊賀市の交通アクセス
245施設
アクセスランキング順
  • 上野市駅

    上野市駅

    〒518-0873 三重県伊賀市上野丸之内

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    三重県への家族旅行で利用した鉄道駅「上野市駅」は、三重県伊賀市上野丸之内にある伊賀鉄道の駅です。我々は近鉄の伊賀神戸駅から乗り換えてこの駅で降車し、伊賀上野城や伊賀流忍者博物館に観光するために利用しました。この駅は、「忍者市駅」という愛称がついており、駅のいたるところ、例えば駅舎の壁や、構内の柱の上、駅名板などに忍者のオブジェがありました。しかもつい最近の、2019年春ごろにその愛称がついたそうで、駅舎の外側に表記されている駅名も、本名の「上野市駅」という名前より、「忍者市駅」という名前の方が数倍大きく表示されていました。 ただ、一つ不思議だったのが、駅は「伊賀市」にあるのになぜ「上野市駅」という名前なのか、という事です。時間に余裕があったので、駅員さんに「なぜ伊賀市駅ではなく上野市駅という名前なんですか?」と尋ねたところ、この駅の場所は以前は伊賀市ではなく「上野市」であったため、「上野市駅」という名前がついたが、2004年の周辺市町村との合併の際に住所は「伊賀市」に変わってしまったが、駅名は当時のまま残っているから、「上野市駅」という名前なんだ、という事を親切に教えていただきました。 また、伊賀鉄道では無人駅が多く電車もワンマン運転でほかの駅では運転士が切符回収等されていたのですが、上野市駅は周りに観光スポットが多く乗降客数も多いため、駅の改札で駅員さんが切符回収をされていました。駅舎を出たすぐ目の前に、松尾芭蕉の銅像が立っていたのですが、これは、近隣に松尾芭蕉の生家があり、ここも観光スポットのひとつとなっているのだそうです。 駅の近隣には城下町の名残か古民家が多く、高いビルはほぼありませんでしたので、駅のホームからも住宅街が見えましたし、また、すぐ近くの小高い丘の上にある伊賀上野城も遮るものがなかったためはっきりと見えました。静かで心が落ち着く雰囲気の駅なので、旅行の際はまた利用しようと思いました。
  • 伊賀神戸駅

    伊賀神戸駅

    〒518-0115 三重県伊賀市比土2628-3

    周辺の生活施設
    投稿ユーザーからの口コミ
    伊賀神戸駅は伊賀市比土にある近鉄大阪線と伊賀鉄道伊賀線の駅です。 伊賀線はこちらの駅が終点駅になっていて、伊賀市の中心地に向かうにはここで伊賀線に乗り換えて上野市駅で降りると便利です。 「忍者線」の愛称で親しまれている伊賀線には車両全体に忍者が描かれた松本零士デザインの忍者列車が走っていて観光列車としても人気があり、起点駅であるこちらの駅では忍者列車が長く停車していることが多いのでその姿を写真に収めようとカメラを持つ人も多く見かけます。 ホームの屋根の梁などに忍者の人形が仕掛けられていたりととても楽しめる駅です。
  • 伊賀上野駅

    伊賀上野駅

    〒518-0022 三重県伊賀市三田

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    JR西日本関西本線と伊賀電鉄の駅です。伊賀上野に旅行に行った際に、私は車で、友達は奈良から伊賀鉄道で、こちらの駅で待ち合わせしました。可愛い1両の忍者電車が入ってくると、友達が下りてきました。 駅舎のすぐ前に車を停めて待っていられる、のどかな駅です。
  • 柘植駅

    柘植駅

    〒519-1402 三重県伊賀市柘植町小林

    周辺の生活施設
    投稿ユーザーからの口コミ
    三重県伊賀市柘植町にある西日本旅客鉄道の駅。三重県で最初に開業したのがこの柘植駅だそうです。関西本線と草津線の接続駅となっている駅なので重要ポジションにある駅。昔は三雲駅から柘植駅間の開通時に一般駅として開業、その後四日市駅まで伸びました。その後現在の伊賀上野駅まで伸び、関西鉄道が国有化し、日本国有鉄道の駅になりました。その後線路名称制定によって、関西本線所属の駅となったそうです。貨物も廃止、約30年前に国鉄分割民営化になり、西日本旅客鉄道の駅、つまりJR西日本の駅となったそうです。歴史が深いね。ホームは単式1面1線と島式1面2線の合計2面3線ある。地上駅で駅舎は単式ホーム側にある。ホームとホームの行き来は跨線橋で行ける。跨線橋には「柘植のホント、かるた」ボードがあり、郷土の名所や松尾芭蕉などを紹介しているものがある。駅舎を少し紹介すると、御手洗いは跨線橋階段横にあり、数少ない列車接近アナウンスがある駅舎です。簡易委託駅である為、早朝と夕方以降は無人となり、土日に関しては終日無人駅です。また珍しい運賃箱で運賃を支払うシステムで、田舎感がまた絶妙にいい。もちろん窓口でも買えるが、駅員がいる間しか近距離きっぷは買えない。草津線に乗車する場合は、車掌から乗車券を買わないといけない。そんな駅ですが、1日の平均利用数は約300人強です。駅前広場には柘植タクシー営業所というプレハブ小屋みたいな所があるのでそこからタクシーを使おう。昔は駅の南に旧伊賀街道と宿場町がたくさんあったらしい。まだその名残は少しある。特に市街地は形成されているわけではない。当時は乗換駅として旅館が軒を連なっていたそうです。駅には中村屋というお店があり、そこでコーヒー飲んで休憩できるし、売店もあるから非常に便利。ちなみに伊賀インターチェンジからはこの駅が1番近いです。ホーム構内には当時からある煉瓦造りの倉庫があり、至る所で歴史を感じれるので、立ち寄ってみるのも観光の一つかもしれません。
  • 上林駅

    上林駅

    〒518-0112 三重県伊賀市上林

    周辺の生活施設
    投稿ユーザーからの口コミ
    伊賀市上林にある伊賀鉄道忍者線の駅です。 忍者線は単線を走るローカル線の為、線路は単線で上林駅も棒線ホームのみの駅となっています。 駅舎もなくホームに待合があるのみなので、電車に乗ってから乗車券を買うシステムになっています。 駅周辺は田畑が中心の農地が広がっていて、近くに上林の集落がのみののどかな場所です。駅を利用する人はほとんどなく静かに佇む駅です。
  • 新堂駅

    新堂駅

    〒519-1416 三重県伊賀市新堂中出

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    新堂駅は三重県伊賀市新堂中出にある、西日本旅客鉄道関西本線の駅です。約100年の歴史がある駅ですね。柘植駅から佐那具駅間に新設開業したのが始まりですね。駅舎はものすごく古い平屋建てというイメージですかね。駅舎もそんなに大きくなく、跨線橋でホームとホームは繋がっていますが、歩道橋と言ったほうがピンとくるかもしれません。結構錆びています。でもなんか風情のある駅で、周りの風景がすごい良い。跨線橋ではなく歩道橋みたいと言ったのは、屋根が無いので見た目はそういう風に見えますが、そこから見る一望できる景色がまた最高ですよ。周りには高いビルや高層建物は一切無いので、上から眺める景色は非常に心安らぎます。ホームは島式ホーム1面2線で、列車交換が可能な地上駅です。当時は2面3線あったみたいですが、列車本数が減り、中線線路を撤去し、今の形になったそうです。開業当初からある旧駅舎は今は待合所として利用されています。新しい簡易駅舎は駅を利用しない人でも行き来できる自由通路となっています。それもまた珍しいですよね。2019年9月に老朽化が理由で旧駅舎を取り壊す予定だと言っていました。少し残念だけど、致し方ないよね。あとオススメがホームの端っこまで行って、ホーム全体を見渡せます。そこからの景色もより写真を撮りたくなりますよ。1日の平均利用数は約200人ちょいです。年々利用数が減っているのだとか。また目玉行事として、駅前広場で毎月第1、第3日曜日の午前中に、日曜朝一というお店が立ち並ぶので、近所の方がかなり来て駅前がすごい賑わうのだとか。面白そうですね。地元ならではの行事ですね。周りは観光スポットはないので、学校や郵便局などしかありません。ですが、景色を見に行く場所としては最高にいいですよ。1人ぶらり旅なんかで立ち寄ると新しい発見があるかもしれません。今一度言いますが、オススメはホームの端っこから見る景色と、歩道橋から見る一望できる景色です。是非行ってみて下さい。
  • 青山町駅

    青山町駅

    〒518-0226 三重県伊賀市阿保

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    伊賀市阿保にある近鉄大阪線の駅です。駅周辺には昔ながらの住宅街が広がっているのどかな場所にある駅です。すぐ側に国道165号線が通っているので駅からのアクセスは良いです。 特急を除くすべての列車が停車する駅で大阪方面への折り返し列車が多いのが特徴です。1・2番線が伊勢中川、名古屋方面、3・4番線が名張、大阪方面の乗り場になっていて、改札口とホームは地下通路で行き来出来るようになっています。 駅には高安検車区青山町車庫があり、多くの近鉄列車が停車している様子を見る事が出来るので撮り鉄の姿を多く見かける駅です。
  • 依那古駅

    依那古駅

    〒518-0103 三重県伊賀市沖

    周辺の生活施設
    投稿ユーザーからの口コミ
    依那古駅は伊賀市沖にあります。忍者電車で知られる伊賀鉄道の駅です。 上り線下り線共に25分おきに一本程度の電車があります。駅前には駐輪所と無料の駐車場もあります。無人駅ですが駅舎は綺麗に清掃されていて、待ち合いのベンチには座布団が敷かれていました。 駅周辺は昔ながらの住宅街と田畑が広がっていて、駅からすぐの場所に木津川があり、川に沿って青山街道が通っています。
  • 西大手駅

    西大手駅

    〒518-0878 三重県伊賀市上野西大手町

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    この駅は三重県伊賀市上野西大手町にある、伊賀鉄道伊賀線の駅です。にしおおて駅と読みます。1916年に開業して以来、約100年以上の歴史のある駅として、近所の中では有名な駅です。駅は小さいですが、徒歩15分圏内には意外と飲食店があります。本格中華が楽しめる味神館というお店や、長年続く伝統の日本料理が楽しめる、伊勢之家というお店や、餃子の王将なんかもあって、意外に楽しめるところが多く存在します。オススメは豆腐田楽のお店で、田楽座わかやというお店が、非常に良かったです。この駅について少し書き込みますね。この駅の構造としては、単式ホーム1面1線で、地上駅です。また無人駅で棒線駅の為、上野市行きと伊賀上野行きの双方が同一ホームに発着する駅です。なので1日の列車本数は1時間に1、2本です。列車本数は少ないです。1日の利用客数は平均で100から150人くらいです。駅周辺には朝日稲荷大社、鍵屋辻、崇広堂、白鳳門、伊賀まちかど博物館昭和ハウスなど、ちょっとした観光スポットもあり、意外に楽しめると思います。駅付近には戦前からの面影を残す商店街もあり、近所の方はそういった街並みも崩さず、重宝していきたいという思いもあるそうですね。立派です。観光スポットということもあり、ホテルルートイングランティア和蔵の宿や、ふじ旅館などの宿泊施設も充実しております。またこの伊賀鉄道の乗車時の醍醐味として面白いのが、やはり乗車する際に整理券を取り、降りる時に整理券とともに運賃を運賃箱に入れるシステムが昔ながらの感じで、新鮮ですごいいいです。定期券の人は乗務員に見せるんだって。街中ではそういうアナログシステムを見なくなったので、これはずっと残しておいてほしいですね。ホームはベンチが4脚のみ。あとは何もない。ホームは列車の長さで言うと3本分くらいの長さしかない。駅舎もこじんまりとしていて可愛い。街並みが発展していく中で、まだまだ昭和が残っている中にあるこの駅は、散策スポットとしてオススメです。
交通機関の豆知識【アクセスファン】
「アクセスファン」は、交通機関や交通施設に関する情報をお届けするブログです。
栄タワーヒルズ
千種タワーヒルズ
リバパレス鶴舞
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

イメージ画像

ゲストさん

現在の商品ポイント pt

※会員登録するとポイントがご利用頂けます

ゲストさんの投稿数

今月の投稿数 施設

累計投稿数

基本情報

口コミ

写真

動画

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲットしよう!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

月間で300,000pt以上
獲得する人も!

(1ポイント1円でご利用頂けます。)

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。
※すべて商品ポイントが付与されます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。
※商品ポイントは付与されません。