ご希望の博物館・美術館情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探

広島県・市の博物館/美術館

博物館・美術館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

広島県・市の 博物館・美術館 (1~30施設/32施設)

広島県の市にある博物館・美術館を一覧でご紹介します。「旅探」では、広島県の市にある博物館・美術館の所在地の他に、皆様から投稿頂いた情報を一覧にて表示しておりますので、施設探しの際にぜひご利用下さい。施設名をクリックすると博物館・美術館の詳細情報や、周辺情報を確認することができます。博物館・美術館一覧は、①アクセス数、②動画、③写真、④口コミの多い順に掲載しています。

広島県・市の博物館・美術館
32施設
アクセスランキング順
  • 海上自衛隊呉史料館 てつのくじら館

    海上自衛隊呉史料館 てつのくじら館

    投稿ユーザーからの口コミ
    広島県の呉にある海上自衛隊呉史料館、てつのくじら館に行ってきました。入場時間が決まっていましたが、無料で楽しめるので、行列が出来ていました。入場した際は、消毒、体温計測を経て、入場者の名前などを記入して、順路にしたがって並びながら拝見しました。潜水艦の中に入れるのですが、とても狭くて、当時のベッドやトイレ、シャワー室の様子もよくわかりました。
  • 尾道市立美術館

    尾道市立美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    「尾道市立美術館」は尾道市の観光名所である「千光寺」近くの尾道公園内にあります。季節が春から新緑の5月に行ってみました。春の桜の時期は公園内の桜が見頃ですが、それを過ぎるとツツジと言った様に駐車場から美術館まで公園内を通って行く道は季節感も味わえる事も出来ます。美術館建物の出入り口には猫の置物が、可愛らしく飾られております。
  • ふくやま美術館

    ふくやま美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらの美術館は福山駅の北側にあります。こないだ地元で有名な平山郁展やっていたので鑑賞に行ってきました。絵画をゆっくりのんびりと心良く堪能でき、とても良い休日を過ごす事ができました。
  • 福山市しんいち歴史民俗博物館

    福山市しんいち歴史民俗博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    JR福塩線の新市駅から、車で北東に向かって、5分程の場所にあります。近くには、役所や小学校があるので、わかりやすいです。館内は、新市町の古代から現代までの歴史や、土器などの資料が展示されています。新市町は昔から繊維産業が盛んで、上場企業もある町です。作業着やデニムなどの歴史が紹介されている博物館でもあります。
  • 松永はきもの資料館(あしあとスクエア)

    松永はきもの資料館(あしあとスクエア)

    投稿ユーザーからの口コミ
    松永駅近くにある松永はきもの資料館(あしあとスクエア)に行ってきました。 元々松永地域は履物の生産が盛んだったらしくこの施設が出来たらしい。 行ってみてビックリ!プロスポーツ選手のシューズがあったり、郷土の履物が展示してあったりでなかなか見応えがありました。 金土日祝の開館なのでご注意を!
  • 招き猫美術館

    招き猫美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    招き猫美術館は尾道駅から12分ぐらいの所にあります。空き家を利用した美術館で招き猫がたくさん展示してあり絵付け体験ができ自分のオリジナルの招き猫を作ることが出来ます。
  • 福山城博物館

    福山城博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    福山市丸之内にある施設です。JR福山駅より歩いて5分程度で行けます。戦前まで残っていた天守は戦禍により焼失、現在は再建天守が博物館となっています。歴代藩主の甲冑などが展示されています。
  • 広島県立歴史博物館

    広島県立歴史博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    福山駅近くの歴史博物館に行って来ました。今の時期は9月まで葛飾北斎展していたので行ってきました。有名な浮世絵の作品を始めて閲覧しました。歴史に触れる良い機会でした。ここの博物館は年間通して、歴史にまつわる展示をしているので 歴史に興味がある方には必見です。
  • 耕三寺博物館

    耕三寺博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    広島県尾道市にあります。大阪の元実業家(耕三寺耕三氏)が母への感謝の思いを込めて建立した浄土真宗本願寺派の寺院です。お寺と博物館が一緒になっています。このお寺は、東照宮陽明門、平等院鳳凰堂をはじめ、有名なお寺の建物を模した建物が並んでいます。敷地の奥には、全て大理石の庭園があります。3000トンの大理石は、全てイタリアから運んだそうです。非常に見応えがある所です。
  • 平山郁夫美術館

    平山郁夫美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    平山郁夫美術館はしまなみ海道で有名な島の一つでもある生口島にあります。広い敷地にある建物から見る庭園を見ていると和みます。淡い色合いの作品が好きで、とくにタクラマカン砂漠を描いた作品は見入ってしまいます。おすすめの美術館です。
  • 福山自動車時計博物館

    福山自動車時計博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    福山市にあるこちらの博物館は町おこしとして企画されたようで、福山市内には統一性を感じる建物がある事に気づいて驚きました。館内には貴重な車や飛行機なども展示してあり、触って乗る事もできますよ!
  • 奥田元宋・小由女美術館

    奥田元宋・小由女美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    三次インターから車で5分の場所にあります!美術館の周りにはワイナリーや子供の遊び広場などお休みの日はファミリーでいっぱいです!美術館は鉄筋コンクリートとなっており、モダンで落ち着いた空間となっています。
  • おのみち歴史博物館

    おのみち歴史博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    尾道市役所から少し入り込んだところにある歴史博物館です。建物としては大正12年に建てられた尾道銀行本店を改築してつくられたもので、その重厚でレトロな外観は歴史的建造物として見ごたえのあるものです。館内では尾道遺跡の遺品や旧貨幣など銀行関連の資料が展示されていますので興味のある方はお立ち寄りください。
  • 呉市立美術館

    呉市立美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらは呉市を代表する、呉市美術館です。 こちらは、JR呉駅から徒歩15分圏内にある立地の良い美術館です。 呉市立美術館は1982年に市政80周年を記念して入船山公園の一角に開館しました。レンガ色の六角タイルを貼りつめた外観は、公園内の自然林の緑と調和し、静かなたたずまいを見せています。大変珍しい六角タイルはお客様を魅了し出迎えてくれます。また美術館に至るゆるやかな坂道には19体の彫刻が立ち並び、散策や憩いの場として多くの人に親しまれています。  同館は近現代の作品を中心に、郷土ゆかりの作家や国内外の多彩な秀作を収集・展示しています。年3回のコレクション展と数回の特別展を開催するほか、市民ギャラリーとしても使用され、美術教室や講演会、ワークショップなど、子供から大人まで幅広い年代の人に親しまれる活動を行っています。 こちらの美術館は、自然林に囲まれた「入船山公園」内にある、地下1階、地上2階の美術館です。 日本瓦寄棟の屋根とレンガ色の六角タイルを張りつめた外観は、周囲の緑と見事に調和しています。 館内には、ブールデルの「弓をひくヘラクレス」やルノワール「麦わら帽子の少女」をはじめ、内外の著名作家の作品919点を収蔵しており、展示は年3回の所蔵品展と数回の特別展を開催しています。 また、赤れんがの並木道と、18点の彫刻の調和が美しい美術館通りは、「日本の道百選」や「手づくり郷土賞」にも選ばれており、散策・憩いの場として親しまれています。 2021年の7月から開催していた展覧会は、コレクション展静と動です。 これを私は見に行きました。テーマをご説明します。 「呉市幸町の市立美術館で、所蔵の約40点によるコレクション展「絵画のなかの動と静」が開かれている。画中に感じられる動きや速度、温度などに注目し、絵画の要素と知覚の関係を見つめた。」 大変面白かったです。青と赤を大胆に塗った抽象画は迫力が大変あって非常に感動しました。 絵画から音頭を感じたのは初めての経験で貴重な体験をしました。
  • ふくやま書道美術館

    ふくやま書道美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ふくやま書道美術館は、エフピコRiMふくやまの8階にあります。福山市ゆかりの書家による作品も多く所蔵しており、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと鑑賞することができます。
  • ウッドワン美術館

    ウッドワン美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    広島県廿日市市北部にあるウッドワン株式会社が所有する美術館です。家族とドライブをして美術館に行きました。木材を専門に扱う会社が経営している美術館なので至る箇所に木材を使用しています。庭園は、ヨーロッパ調の庭園で雰囲気は落ち着いた感じです。美術館の隣には喫茶がありマイセンのカップで紅茶などを飲む事ができます。美術館の展示内容は、新進気鋭の美術家の作品が企画展でされており、常設展では、マイセン・ルノワール・麗子肖像があります。休日は、大変込みますが美術館を鑑賞し一日中散策もでき充実した美術館です。また、冬には近接してスキー場も開かれます。一度は、行ってみる価値のある美術館です。
  • バンブー・ジョイ・ハイランド竹の館

    バンブー・ジョイ・ハイランド竹の館

    投稿ユーザーからの口コミ
    バンブージョイハイランドという、竹原の運動公園内にある、竹細工の展示施設です。入館料は無料で、公園に行ったときに気軽に入ることができます。中にはいろいろな美しい竹細工があり、日本文化に触れることができます。建物も竹の子の形で、とても分かりやすいです。
  • 湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)

    湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)

    投稿ユーザーからの口コミ
    湯本豪一記念日本妖怪博物館三次もののけミュージアムは、三次駅前から375号線を北西方向に進んだ太才町交差点近くの道路沿いにあります。駐車場はとても広く、入場料は大人600円、高校生400円、小中学生200円となっていて団体20名以上だとかなり安く入場できます。外観は昔ながらの日本風の建物で館内は博物館、交流館、イベント広場などに分かれてます。博物館内には江戸時代中期の三次を舞台にした妖怪物語、稲生平太郎が様々な妖怪に驚かされなから耐え抜き、最後に魔王からその勇者を認められというストーリーの「稲生物怪録」や、日本屈指と呼ばれている妖怪コレクターの湯本豪一さんの妖怪コレクション、江戸時代の絵巻や絵画などが展示されています。デジタル妖怪大図鑑のコーナーでは画面をタッチすると妖怪の絵がアップし、どのような妖怪なのかをたくさんの妖怪が説明してくれます。絵巻もののコーナーでは絵巻を指でタッチすると様々な妖怪が飛び出してきて怖いながらも妖怪のことを知ることが出来てとても面白いです。写真が撮れるコーナーでは人面というちょっと面白い顔をした妖怪キャラクターのパネルと一緒に写真撮影ができたり、妖怪カメラの前に立つと河童に変身した姿などでスマホを利用したプリクラ写真が撮れたりとちょっとした妖怪気分が味わえます。お絵かきと妖怪ピープルのコーナーでは妖怪の絵が描いてある紙にぬり絵をしてスキャンするとスクリーンの中でぬり絵をした妖怪が動き出す仕掛けになっていて、子供たちに大人気のコーナーです。企画展もありますが、季節等によりイベント内容が異なるようです。お土産コーナーにはかわいい妖怪キャラクターが描かれた手拭いやクリアファイル、Tシャツ、お菓子などの妖怪グッズなどがたくさん置いてあり思わず手にとりたくなります。もののけダイニングにあるもののけの顔が描かれたもののけソフトと言うソフトクリームはかわいくてとっても美味しいのでおすすめです。
  • 湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)

    湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)

    投稿ユーザーからの口コミ
    広島県三次市を舞台にした妖怪物語に関する資料や、日本屈指の妖怪コレクターの湯本豪一さんから寄贈された、約5,000点の妖怪コレクションが展示されています。レストランや地元の名産品を販売している物産店も併設されていますよ。
  • 東広島市立美術館

    東広島市立美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東広島市にある美術館で、市立美術館としては広島県で最も古い歴史ある美術館だそうです。場所は東広島市八本松南というエリアで、国道2号線のバイパスを馬木八本松線へ下り、七ッ池交差点を北へ200メートルほど行った場所になります。JRだと八本松駅で下りて800メートルほど歩くようになりますので、マイカーを利用するのがオススメです。駐車場も30台くらいはありそうです。周辺は緑豊かで大きな池にも面していて、散策しているだけでも自然を感じることができます。 パンフレットによると、こちらの美術館では「日本の近現代版画」「中国地方を中心とした陶芸作家の作品」「郷土ゆかりの作家の作品」を中心に収集されていて、とくに「国内近現代版画」のコレクションは、西日本屈指のバラエティに富んだラインナップだそうです。それでも開館した頃は所蔵作品数も少なく、その後多くの作家や市民からの寄贈等で今では700点以上の美術品が収蔵されているとのこと。 常設展示の入館料は大人でも100円と、とてもリーズナブルです。特別展はその内容によってまちまちのようです。 まずは「近現代版画」のコレクションですが、私たちが想像する版画以外にも、これが版画なのかとビックリするものも多く、とても勉強になります。写真をコラージュしたような作品もあり、それも版画なのだと知ったときは驚愕でした。「陶芸作品」のコレクションでは、土器のようなプリミティブなデザインものから、幾何学的な何かというようなものまで、こちらも多種多様な陶芸作品が並んでいました。中でも私が一番気になったのは、「黒陶 騎士の休息」という作品で、アンモナイトを象ったような器に、黒をベースに赤や土色といった色が配されている独特な模様に心を奪われました。レプリカがあればぜひ買って帰りたいと思いました。 昨年の夏に開催された「特別展」では、「ポスターでたどる現代絵本作家原画展のあゆみ」ということで、過去33回に渡って開催された「現代絵本作家原画展」の歴史を、当時のポスターやチラシ、展示作品の絵本が展示されていました。ワークショップでは「ちぎり絵」が開催されていて、子供たちが楽しそうに参加していましたよ。
  • 宮島歴史民俗資料館

    宮島歴史民俗資料館

    投稿ユーザーからの口コミ
    厳島神社から宮島水族館に向かう道の途中にある民俗資料館です。 宮島の歴史を知るには、近くの宝物館と合わせて要チェックの施設です。平清盛に関する資料や平一門と神社の関わりなど、教科書には載らない歴史がしっかりと学べておすすめです。 小さなお子様は池の鯉への餌やりだけでも楽しめますよ。
  • 三良坂平和美術館

    三良坂平和美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    三次市で最も古い美術館らしいです!平和と自由を求め続けた洋画家の柿手春三さんの作品が主に展示されています! 赤レンガの建物で、特別展示なども年に数回行われています!
  • たけはら美術館

    たけはら美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    竹原市役所などの近くにある、たけはら合同ビルにある美術館です。地元にゆかりのある美術品が展示されており、規模はあまり大きくはないですが、じっくり観賞できる美術館です。常設展以外にも、竹原市や広島県の人が応募した作品展などの企画展もありますので、身近に利用させてもらっています。
  • 厳島神社宝物館

    厳島神社宝物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    広島県廿日市市宮島町にある厳島神社宝物館。日本三景のひとつとされている、宮島(厳島)にある世界文化遺産でも有名な厳島神社。その厳島神社に関する工芸品や史料が展示されているのが、厳島神社宝物館です。厳島神社は広島の中でも有名な観光地で、毎年大勢の観光客が国内外から訪れます。厳島神社宝物館まで行くには、廿日市市宮島口のフェリー乗り場から、フェリーで島へ渡ります。大体15分おきに船が出ているので、どの時間に行ってもそこまで待たずに島へ行くことが出来ます。厳島へ着いてからは、徒歩で約20分で厳島神社宝物館へ辿り着きます。時間だけ見ると、少し遠く感じるかもしれませんが、厳島神社宝物館への道中には、多くのお土産屋さんや、飲食店がずらりと並び、宮島名物のもみじまんじゅうを食べたり、厳島神社でお参りしながら向かうと、あっという間に厳島神社宝物館に辿り着きます。厳島神社宝物館では平安時代末期に現在の規模の社殿が造営されて以来、厳島神社に奉納された数々の美術工芸品や史料などが保管されています。平家一門が繁栄を祈って奉納した平家納経をはじめ、刀剣類、鎧兜、能・舞楽の装束や面、絵扇、絵馬、絵画など、その数は約4500点にのぼり、うち130点余りが国宝・重要文化財に指定されています。国宝は常設展示ではなく、その一部が展示されているのが昭和9年(1934年)に開館した厳島神社宝物館です。当時としては画期的な耐火性のある鉄筋コンクリ-トの建物で、とても頑丈な造りになっています。建物も鮮やかな朱色で、厳島神社の近くにあるので、とても景観にも馴染んでいます。厳島神社を実際に見てお参りした後に行くと、より厳島神社の歴史を感じることが出来ます。入場料も大人が300円、高校生200円、中・小学生100円ですので、厳島神社へ訪れた際には、参拝だけでなく、厳島神社宝物館へ寄って、厳島神社の歴史を学んでみてはいかがでしょうか。
  • きみた折り紙博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    世界最大級の折り紙ミュージアムです。旧小学校を使用した博物館で教室ごとにテーマが分かれていました。折り紙で童話の一場面を再現していたりアニメのキャラクターを折り紙で作っていたりと見ていてとても面白いです。入場料も大人200円、高校生以下は無料でしたよ。子どもも大喜びです。
  • 広島大学総合博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    「広島大学総合博物館」は、広島大学の研究や調査結果などが展示発表されている博物館になります。場所は東広島市にある広島大学のキャンパスの中になります。こちらの博物館は一般にも無料開放されていますので、いつでも気軽に入ることができます。建物は本館とサテライト館に分かれていて、自然豊かな東広島という立地の良さを活かした、広いキャンパス内を散策しながら建物間を行き来することができます。博物館の建物は見た目もオシャレで、黒い鋼板が外装に使われていて、とてもモダンな雰囲気を醸し出しています。 博物館の内容ですが、本館では「広島大学の歴史」「宇宙・未来」「里海」「里山」の4つのコーナーに分かれています。「広島大学の歴史」コーナーでは、東広島キャンパスができる前の土地の様子や、現在の姿に落ち着くまでの歴史をパネルや航空写真などで観ることができます。「宇宙・未来」コーナーでは、星の誕生や惑星の成り立ち、太古の海の生物や恐竜の化石などが展示されています。高さが150cmもあるウミユリの化石は、他では観たことないくらいの迫力でした。「里海」コーナーでは、広島県の県鳥「アビ」(初めて見ました。)のはく製や、「カブトガニ」の標本、瀬戸内海でしか見られない「オノミチキサンゴ」の標本など、珍しいものでいっぱいです。瀬戸内海や中国山地の河川に生息している魚や貝など、広島県人でも知らない、見たことないものばかりでした。「里山」コーナーでは、様々な動物の写真やはく製が展示されていて、ゆっくり歩きながら眺めることができます。 サテライト館では、広島大学の標本資料や研究成果が紹介されています。中央図書館には化石の展示や里山のジオラマ展示、文化研究科や理学研究科、生物圏科学研究科の研究発表が展示されています。サテライト館はどちらかというと大人向けでしょうか。 広島大学では毎年学園祭が開催されていて、私は家族連れでよく遊びに行っています。家族にはお祭りで楽しんでもらい、私はその間にこちらの博物館で知的欲求を満たすのが楽しみになっていますよ。
  • 比和自然科学博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらの比和自然科学博物館は、別名「モグラ」博物館とも呼ばれているそうで、モグラの標本がたくさんありました。また、庄原で見つかったクジラの化石とか、昆虫やコウモリの標本なども見ることができました。
  • かぐや姫美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    かぐや姫美術館は竹原市にあるお寺の敷地内にある美術館です。 【本立寺】というお寺の中にあり入場料は無料です。 近くにウサギで有名な島があることもあって、綺麗に手入れされた庭園にはカワイイうさぎの石像がみられます。 本堂から中に入ると、かぐや姫の竹取物語にちなんだ作品が沢山並べられ、上を見ると天井画がはめ込まれていて一枚一枚がとても綺麗です。
  • 安芸高田市歴史民俗博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    先日家族で行って来ました!私が歴史が大好きでたまたま吉田に用事があり行った際に歴史民俗博物館を発見☆54号線から少し入ったところにあり近くにはゆめタウンさんがあるので目印に!月曜日がお休みになっていてその他は夕方17時くらいまで開いてますよ♪昔の鎧や兜等見ると興奮してしまいますね♪子供は怖いと言ってましたがあの毛利元就はじめ出身がこっちというのも初めて知りました☆あまりゆっくり見れなかったので今度はゆっくりみたいですね♪
  • 海の見える杜美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    海の見える杜美術館は瀬戸内海が見える高台にある美術館です。美術館までの遊歩道はとても綺麗に整備されていて草花を見て楽しむ事が出来ます。この美術館では色々な企画展や展示会が定期的に開催されています。
国内旅行・観光の魅力再発見!【いい旅、ふた旅。】
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
名古屋刀剣ワールド
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

イメージ画像

ゲストさん

現在の商品ポイント pt

※会員登録するとポイントがご利用頂けます

ゲストさんの投稿数

今月の投稿数 施設

累計投稿数

基本情報

口コミ

写真

動画

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲットしよう!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

月間で300,000pt以上
獲得する人も!

(1ポイント1円でご利用頂けます。)

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。
※すべて商品ポイントが付与されます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。
※商品ポイントは付与されません。

ホームメイトマップ/地図情報

地図から様々な情報を検索できる機能をご紹介しています。

「ホームメイト・リサーチ」アプリ

施設検索の「ホームメイト・リサーチ」が使いやすいアプリとなって登場!