ご希望の博物館・美術館情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探

滋賀県の博物館/美術館

博物館・美術館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

滋賀県の 博物館・美術館 (1~30施設/55施設)

滋賀県にある博物館・美術館を一覧でご紹介します。「旅探」では、滋賀県にある博物館・美術館の所在地の他に、皆様から投稿頂いた情報を一覧にて表示しておりますので、施設探しの際にぜひご利用下さい。施設名をクリックすると博物館・美術館の詳細情報や、周辺情報を確認することができます。博物館・美術館一覧は、①アクセス数、②動画、③写真、④口コミの多い順に掲載しています。

アクセスランキング順
  • 曳山博物館

    曳山博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ユネスコ無形文化遺産である曳山祭の博物館です。数年前に実際の曳山祭をみた後に館内を見てまわりました。曳山の歴史やどのような種類の曳山があるのかなど、祭の事をさらに楽しめた様に感じます。
  • 彦根城博物館

    彦根城博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    彦根城表御殿跡地に建てられた博物館です。彦根の歴史を深く知る事のできる博物館です。建物の中にはミュージアムショップなども有ります。お茶席も有るので博物館を見てまわった後にゆっくりとお茶と生菓子を食べながらゆっくりとできます。
  • MIHO MUSEUM

    MIHO MUSEUM

    投稿ユーザーからの口コミ
    MIHO MUSEUMに、家族で遊びに行きました。 場所は、新名神高速道路の信楽インターチェンジから、車で約15分くらいの所にあります。 ルーブル美術館のガラスのピラミッドを設計したペイ氏が設計したため、MIHO MUSEUMの屋根もガラスが多く使われていて、ペイ氏の設計を感じられました。
  • 海洋堂フィギュアミュージアム黒壁龍遊館

    海洋堂フィギュアミュージアム黒壁龍遊館

    投稿ユーザーからの口コミ
    子供と琵琶湖にサイクリングに行ったのですが、そのついでに 海洋堂フィギュアミュージアム黒壁に家族で行ってきました。 長浜という地区にあります。 「長浜ラーメン」で有名なのかな?古い街並みが残っていて風光明美な 街でしたよ。 その観光地になっている一角の大通りに 「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁龍遊館」があります。 この博物館に行った理由ですが、 海洋堂というフィギュアを制作している会社の作品が見てみたかったのと 海洋堂フィギュアミュージアム特別展として エヴァンゲリオン・フィギュアワールドなる作品の展示会が 開催されていたからです。 最近、映画で子供達がエヴァンゲリオンを見ていたのもあって ここで展覧会が行われている旨をつたえたところ、 行きたいとのことだったので訪れました。 まず1階ですが、いきなり物凄い量のフィギュアが大量に陳列されています。 これは、お土産用ですね。 いきなり息子がお目当てのエヴァンゲリオンのフィギュアを見つけてしまい、 「これ買って!」とおねだりされてしまいました。 そのほかにも仏像をフィギュアにした作品や、陶芸家リサ・ラーソンさんの 作品をミニチュアにした作品などもありました。 ガチャポンも多数取り揃えてありましたよ。 私は子供と、漫画「よつばと」に出てくるダンボーの人形がもらえる ガチャポンを試してみました。 息子は、好みの色のダンボーがでて喜んでいました。 博物館のほうですが、お土産物売り場の奥が入り口になっています。 料金を払ってなかに入ると1回無料でガシャポンをすることが できました。嬉しかったです。 右手にはジオラマの体験ができるスペースがありました。 時間がなかったので今回はチャレンジすることができませんでしたが 次回は是非やりたいと思います。 2階に上がるといきなり大きなエヴァの人形が飾ってありました。 そのあと展示スペースを回ったのですが、すごい作品の量に圧倒されました。 これほどの数の作品が展示してあるとは思っていなかったので、 とても得をした気分になりましたよ。 是非おすすめできす施設ですよ。
  • かわらミュージアム

    かわらミュージアム

    投稿ユーザーからの口コミ
    近江八幡駅から徒歩で約35分、車だと10分ほどのところにあるのが、かわらミュージアム近江八幡です。近くには八幡堀や日牟禮八幡宮があり、白雲館を中心として近江八幡観光をする人が多いスポットです。その東側は八幡堀がかくっと曲がっており、その角にこのかわらミュージアムがあります。かわらミュージアム専用の駐車場はないのですが、日牟禮八幡宮内の駐車場や周辺のコインパーキングに止めて、八幡堀を散策しながら行くことができます。途中から道路に瓦を敷いた小道になり、趣のある案内板やお触れ書きがあります。 近江八幡は琵琶湖の底にある土から採取した質の良い粘土を使用した瓦の産地で、採取された土は八幡堀の水路を使って運ばれていました。江戸時代の末期から盛んに作られるようになった、この瓦は八幡瓦として知られています。 近江八幡周辺の地域には神社や仏閣、近江商人の屋敷などが多くあり、瓦の需要があったそうです。その関係から昔の八幡堀沿いには、日牟禮八幡宮の参道付近を除いて多くの瓦工場がありました。これらの工場のひとつを利用して、建築家の出江寛の設計によってオープンしました。 建物の配置の設計は、エントランスが動線的に敷地の真ん中にあり、それに向かって八幡堀からのアプローチや山側からのアプローチなど複数のアプローチがあります。建物と周りの敷地がうまく融合しています。 建物の中はグレーを基調とした落ち着いた雰囲気になっており、エントランスホールにはらせん階段があります。また、コールテン鋼、アルミ、漆喰などが使われており、天井にはスレート波板が使われています。和の部分があったり近代的な材料が使われていたりと、和と現代の調和がとても美しいです。 中庭から収納庫に行く小道には白壁と木々の緑がマッチしていて、2階の出窓がシンプルな外壁のアクセントになっています。中庭から八幡堀に出ることもでき、風情ある景色を楽しむことができます。
  • 滋賀県立琵琶湖博物館

    滋賀県立琵琶湖博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    滋賀県立琵琶湖博物館では水族展示室が有ります。トンネル水槽は湖の中に居るような不思議な感覚になりとても楽しいです。魚が泳ぎまわっている所が良く見えます。展示室も多数あり色々な展示を見る事ができます。
  • 長浜鉄道スクエア

    長浜鉄道スクエア

    投稿ユーザーからの口コミ
    大人も楽しめます。旧長浜駅舎は現存する日本最古の鉄道駅舎です。英国人技師が設計した洋風2階建てです。木造の石灰コンクリート造で外壁はコンクリート素面仕上げです。四隅角には花崗岩の切石を積んで有ります。窓枠と出入り口はレンガが積まれており、回り階段や彫刻入りの欄干など、鹿鳴館調の建築様式です。駅長室や待合室など当時の面影をそのまま残しております。2階には敦賀線の管理を扱った鉄道事務部門が有ったそうです。鉄道文化館は日本の鉄道文化初期の時代と長浜の発展を鉄道資料を見る事が出来ます。鉄道模型や鉄道のおもちゃを操作する事が出来ます。北陸線電化記念館はD51形蒸気機関車やED70形ディーゼル列車などが展示されています。この3施設が集まり総称して「長浜鉄道スクエア」と命名されています。滋賀県長浜市にある長浜市立の屋内の鉄道保存展示施設です。小さなお子さんだけでは無く、大人も楽しめます。施設の屋根の骨組みについても見応えが有りました。
  • 長浜市長浜城歴史博物館

    長浜市長浜城歴史博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    長浜駅から歩いてすぐの所に有る博物館です。2階、3階に展示室が有ります。2階の展示室では期間ごとに色々な企画展が行われています。3階では常設の展示が有り長浜城の事が詳しく知る事ができます。
  • 滋賀県立安土城考古博物館

    滋賀県立安土城考古博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    近江八幡市安土町にあるこちらの安土城考古博物館は、JR琵琶湖線の安土駅で下車し、徒歩で約25分、駅にあるレンタサイクルで約10分ほどのところにあります。自然が多い道中なので、天気の良い日はレンタサイクルがおすすめです。また、あかこんバスというローカルの路線バスもあり、あかこんバスで約10分ですが運行本数が少ないので気をつけてくださいね。 安土城考古博物館は歴史公園「近江風土記の丘」の中心的な施設とされています。近江風土記の丘は国指定特別史跡の安土城跡や、国指定史跡の大中の湖南(だいなかのこみなみ)遺跡、国指定史跡の瓢箪山古墳、国指定史跡の観音寺城跡からなる歴史公園です。これらの史跡への理解を深められるように、城郭と古墳をテーマに展示や資料調査、普及啓発活動が安土城考古博物館を拠点に行われています。 ひとつ目の展示室では弥生時代の典型的な農耕集落があったとされる大中の湖南遺跡と、近江最大の前方後円墳の瓢?山古墳に関係する展示を中心に、復元模型や出土品の実物展示があります。瓢?山古墳の竪穴式石室の模型や、古墳に埋葬された王の実物大模型のほかにも、復元品やジオラマなどが数多くあります。「しが太郎君の考古学研究室」というコンピュータソフトで弥生時代・古墳時代をテーマにしたクイズが楽しめたり、近江の遺跡に関する最新情報も発信されています。鏡や銅鐸などの複製品に直接触れたり、当時の衣服を着たりできるの点がおすすめです。 ふたつ目の展示室は、城郭、戦国時代の近江、安土城と織田信長が主なテーマとなっています。入り口正面には300分の1の安土城跡の復元模型があり、信長が侵攻してくる前に近江を支配した佐々木六角氏・浅井氏に関する資料や観音寺城跡・小谷城跡のジオラマも展示されています。 歴史好きの方は近江風土記の丘と一緒に、ぜひ一度足を運んでみてください。近江八幡や安土の歴史を肌で体感し学ぶことができるかと思います。
  • ヤンマーミュージアム

    ヤンマーミュージアム

    投稿ユーザーからの口コミ
    ヤンマーの博物館です。長浜駅から歩いて10分ほどのところにあります。また土日祝日のみですが、長浜駅前西口からシャトルバスが出ていますよ。車の場合、ヤンマーミュージアム敷地すぐ横に駐車場がありますが、あまり多くありません。そちらが満車の場合、歩いて5分ほどの別の敷地を案内されます。どちらも無料で停めることができます。そのどちらの駐車場も満車であれば市営駐車場に停めることになります。 月曜日が休館日なので気をつけてください。祝日などの場合は次の平日に振り替えて休まれるようです。 コロナの関係で館内は人数制限が行われています。定員が空いていれば予約なしでも入れますが、定員がいっぱいだと予約していないと入ることができません。事前に予約してから行かれることをおすすめします。 まずは受付でヤンマーカードを頂けます。中で遊ぶにはこのカードが必要になります。受付を済ませるとシアターを見学します。それを見終わると自由に館内を体験することができます。様々な体験があるので小さなお子様から大人まで楽しむことができます。ボルダリング体験やアスレチックは体を思いっきり使う遊びです。他には画面を見ながら体を動かすゲームの様なものもたくさんありました。大人も夢中になってしまいます。またフットボールチャレンジもあります。点数の高いところを狙って、実際にボールを蹴るゲームです。お米がどうやってできるのか、お弁当を栄養や彩りのバランスよく作ってみるなど、遊びながら学ぶこともできるコンテンツばかりなのがすごく良いと思います。子どものみしか利用できないコンテンツもあるので気をつけてくださいね。 また屋上にはビオトープがあり、虫を見つけるゲームをしたり、足湯のスペースもあるので、遊んだ後ゆっくりすることもできます。また塗り絵や間違い探しをするチャレンジルームもあります。ここでは体を使わず、座ってする遊びなので、少し体を動かすのに疲れたら、こちらで遊ぶのも良いとおもいます。 館内に軽食も販売されているので、お腹が空けば休暇することも可能ですよ。 大人にも子どもにもおすすめの施設です!
  • 近江神宮時計博物館

    近江神宮時計博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    この博物館は、近江神宮敷地内にあり、時計を年代順に見る事ができます。水時計、日時計、振り子時計、パイプオルガンの様な音色で時を知らせる時計、皇室の方の時計、現代の時計など見る事ができます。長い針が12を指すタイミングに居れば、音色を聞く事ができますよ。敷地内にある時計の技巧技術を学ぶ専門学校も有名です。
  • 佐川美術館

    佐川美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらの佐川美術館は、佐川急便株式会社が創業40周年記念事業の一環として、開館した美術館だそうです。場所は、滋賀県守山市の琵琶湖のすぐ近くにあり、公共交通機関だと、JR→バスもしくはタクシーを利用するルートになります。守山駅からバスで35分、堅田駅から15分、佐川美術館前で下車するとすぐ目の前です。私は大阪方面から車で行きました!公共交通機関よりも車の方が行きやすいかもしれません。大きくはありませんが、コインパーキングが美術館の隣にあります。入館料を払って、美術館の敷地内に入ると、目の前には水庭に浮かぶ彫刻(像)と建物が3つあって、なんだか少し感動してしまいました!天気も良かったので、尚更ですね。この水庭の風景も四季によって色々な表情を見せるので、素敵な場所です。 館内は、日本画家の平山郁夫氏、彫刻家の佐藤忠良氏、陶芸家の樂吉左衞門氏の作品を中心に展示してあり、期間限定の特別企画展もあります。3つの建物に分かれていて、それぞれに平山郁夫館(平和の祈り)、佐藤忠良館(ブロンズの詩)、樂吉左衞門館(守破離:しゅはり)が展示されています。途中には、ミュージアムショップやコーヒーショップもあるので、ゆっくりできますよ。各建物へは渡り廊下があり、そこからの景色もまた水に浮かんでいるような気持ちになり、素敵でした。 平山氏の展示は、ライトに反射して所々がキラキラする、まるで砂で描いたような絵ばかりで、素晴らしかったです!調べると、永遠の願いをこめて、平和の祈りや仏教伝来をテーマにシルクロードの風景を描き続けた方なんだそうです。 次に、佐藤氏の展示は、帽子シリーズといって女性が帽子を被っている様々なポーズの彫刻、子ども像や頭像の作品が多数ありました。リアルな人間よりは少し小さめの大きさですが、とてもリアルで躍動感のある彫刻でした。 最後に、樂氏の展示ですが、守破離をコンセプトに、水庭に埋設された地下展示室、水庭に浮かぶように建設された茶室の2つでできています。地下に降りると薄暗い中に、一部の天井から太陽の光が差し込み、水面がゆらゆらと揺れているのを感じれる、落ち着くようななんとも言えない不思議な空間でした。地下展示室内には、茶碗、茶入などの作品が多数あり、各作品にライトアップされていてとてもキレイでした。こんな美術館も珍しいと思うので、ぜひ一度は行ってみて欲しい美術館です!
  • 愛荘町立歴史文化博物館

    愛荘町立歴史文化博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    愛荘町立歴史文化博物館は、愛荘町の松尾寺という地域にあります。金剛輪寺の麓にある博物館です! 歴史的な資料が数多く所蔵されている博物館です!美術工芸品やアメリカ・ボストンに流出したレプリカも展示されており、とても興味深く見学させてもらいました!
  • 野洲市歴史民俗博物館・銅鐸博物館

    野洲市歴史民俗博物館・銅鐸博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    弥生の森歴史公園に隣接している銅鐸博物館です。この一角は弥生時代に関する文化ゾーンとなっています。銅鐸博物館、宮山二号墳、弥生の森歴史公園には竪穴式住居が復元されており、中に入ることもできます。宮山二号墳の内部にも入ることができ、教科書で見たような石棺を間近で見られます。銅鐸は様々な種類のものがあり、なかなか楽しめました。
  • 滋賀県立琵琶湖博物館

    滋賀県立琵琶湖博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    琵琶湖博物館はその名の通り博物館としても滋賀県で有名ですが、淡水魚水族館が一緒になってるのが特徴の博物館で水族館には滋賀県で有名な琵琶湖オオナマズを見ることもでき大変オススメの観光スポット。
  • 近江商人博物館

    近江商人博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東近江市五個荘にある近江商人博物館は、歴史的にも興味深い近江商人の成り立ちから学ぶ事が出来る博物館で、商いの方法や暮らしぶりまでわかりやすく展示されており、体験コーナーもあります。
  • 東近江市能登川博物館

    東近江市能登川博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東近江市能登川博物館は地域に根ざしたテーマで毎月企画展を実施しているために常設展示はありません。 定期的に自然を見直す自然観察会や、染物や古い道具を実演する体験学習会を行っています
  • 開国記念館

    開国記念館

    投稿ユーザーからの口コミ
    開国記念館へ行って来ました。彦根城へ行ったついでに立ち寄りました。彦根の歴史が中には盛り込まれておりとても勉強になりました。途中大手門らしきところにありましたので白壁づくりの蔵が多く立ち並び又、お城のお堀もすぐ近くにあり視界に入りますので風情を感じます。
  • 観峰館

    観峰館

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらの観峰館では、主に中国の書画や書道関係の調度品、石碑の碑文などがたくさん展示されていて結構見ごたえがあり、ひとつひとつ丁寧に見ているとすぐに1時間くらい過ぎてしまいます。中国文化の勉強するにはなかなか良い施設だと思いました。
  • 小谷城戦国歴史資料館

    小谷城戦国歴史資料館

    投稿ユーザーからの口コミ
    小谷城戦国歴史資料館は、滋賀県長浜市・小谷城跡のある小谷山の山麓にあります。戦国大名浅井氏と小谷城をテーマにした資料館です。展示室は、左右2部屋になっていてあまり広くはありません。お市の方と3姉妹が使った道具などが展示されています。
  • 埋木舎

    埋木舎

    投稿ユーザーからの口コミ
    幕末の大老井伊直弼が井伊家の当主になるまでの間を過ごした埋木舎は彦根城のお堀のすぐそばにあります。近くには滋賀県護国神社や開国記念館など彦根の観光名所がたくさんありますので彦根観光の際は是非立ち寄ってもらいたい場所です。井伊直弼は井伊家の14男として生まれて当主になるまでの約15年の間をこちらの舎で過ごされました。開国の父として有名な直弼ですが、彼の知識や教養はこちらで培われたものなのでしょう。
  • 栗東歴史民俗博物館

    栗東歴史民俗博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    滋賀県の栗東市にある歴史民俗博物館ですが、図書館と同じ敷地内にあります。入場料は無料で歴史民俗やその研究された内容を展示・紹介されています。個人的に歴史に興味がありますので、楽しませてもらいました。
  • 浅井歴史民俗資料館

    浅井歴史民俗資料館

    投稿ユーザーからの口コミ
    長浜の浅井文化公園内にある資料館になります。浅井郡VS織田軍の姉川の合戦のシアターが見れた多くの資料がたくさん展示されています。浅井長政、お市の方、そして浅井三姉妹の運命がドラマチックに楽しめますよー
  • 伊藤忠兵衛記念館

    伊藤忠兵衛記念館

    投稿ユーザーからの口コミ
     こちらは総合商社の伊藤忠商事・丸紅の創業者で豊郷町出身の初代・二代目伊藤忠兵衛の住居跡を利用した記念館です。子供の夏休みの自由研究でお世話になりました。  近江商人であった初代・二代目忠兵衛の業績が分かりやすく展示されており、歴史「資料」館としての価値はもちろん高いのですが、明治15年に建設された住宅が、生活されていた当時の状態でそのまま保存されているという点で「史料」価値がとても高い、と子供が学校で習ってきていました。  階段と収納引き出しが一体となった「箱階段」や、当時としては珍しい洋式風呂等、興味を引く品々は枚挙にいとまがありません。伊藤家の誰の趣味かは分かりませんが、SPレコードのコレクションも展示してあって、モダンな音楽好きという人間像が見えて、とても親近感がわきました。  2つの土蔵の中には貴重な文書類の他、当時の生活に利用された洋食器や壺など陶器類の展示もあり、それら一つ一つに丁寧な説明書きもあって、見ごたえがあります。入館無料で1日ゆっくり歴史にひたれる、おすすめの施設です。  
  • 西堀榮三郎記念探検の殿堂

    西堀榮三郎記念探検の殿堂

    投稿ユーザーからの口コミ
     こちらの施設は、東近江市ゆかりで南極観測隊初代越冬隊長を務め、発明家としても有名な西堀榮三郎博士を記念した博物館です。私の地元でもあり、子供の夏休みの自由研究で利用させてもらいました。  最初は郷土の偉人探訪という目線で見学していましたが、大変見どころが多く、大人でも十分楽しめる施設となっています。  1階は西堀博士の自宅の居間を再現した展示がされており、テーブル・椅子・暖炉等は、実際に使用されていたものを移設してあります。山小屋をイメージしたユニークな造りと、当時の生活を知る資料としても大変興味深いです。  2階は近代の探検家を広く取り上げたアート・コーナーと、西堀博士に関する最新の調査・研究についての資料展示があります。南極観測以外にも、ヒマラヤ登山や真空管の発明等、多様な分野で才能を発揮した博士らしく、展示は定期的に更新され続けています。  また博士の発言は「西堀語録」として有名ですが、「真の知識は手・耳・目・足、すべてを使って体で学ぶことが必要」、「『探検』とは自分の目的達成だけではなく、他者のために記録し『知を共有』する姿勢が必要」等、西堀精神を体感できる施設で、子供のみならず親にとっても共感できることの多い見学でした。    
  • 伊吹の見える美術館

    伊吹の見える美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    米原市のキャンプ場、グリーンパーク山東の中にある美術館です。日本百名山の一つの伊吹山がキレイにみえることから名付けられました。地元の仏師、中川大幹氏の仏像彫刻が常設展示されています。グリーンパーク山東に遊びに来た時は是非立ち寄ってみてください。
  • 滋賀サファリ博物館

    滋賀サファリ博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    土日のみの営業になる剥製博物館。動物の剥製が100体以上展示されております。サイやライオンといった動物の剥製は珍しくここでしか見れないといっても過言ではないかと思います。
  • 日登美美術館

    日登美美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東近江市の永源寺に年に2回は行きます。その永源寺に向かう道沿いにある日登美美術館は、とてもお洒落な建物なのですぐに見つけられます。館内の日登美ワイナリーにはワインやパンも販売されてまして、土日には観光客でいつもいっぱいですよ。
  • 世界凧博物館東近江大凧会館

    世界凧博物館東近江大凧会館

    投稿ユーザーからの口コミ
    滋賀県の八日市にある国内外のさまざまな凧を取り揃えた博物館です。館内は2階建てとなっていまして1階にある日本一の大きさを誇る100畳もの大きさの大凧などはなかなかすごい迫力です。2階の500点にも及ぶ世界各国の凧もなかなか興味深く見て回ることができました。ここでは凧作りの体験ができるようなコーナーも用意されていました。
  • 滋賀県平和祈念館

    滋賀県平和祈念館

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらの施設は、当時の東近江市愛東支所を利用して、2012年にオープンしました。実家に近いため、子供を連れてよく見学に行きます。 展示内容としては、滋賀県内の戦時中の軍事関連施設に関する展示や、当時の生活用品や衣服、戦意高揚のためのポスター・絵本・教科書等多岐に渡る資料が常設展示されています。 戦争の記憶を風化させないために、県では戦争体験者からの聴き取りや、資料の収集を行っており、私の祖父も戦争体験の聴き取り調査に協力し、当時の生活用品や写真を寄贈しました。 常設展示のほか、最新の調査で明らかになってきた戦争の実態についての企画展示も定期的に更新されています。例えば最近興味深かった展示としては、壊滅的な敗北となったビルマの「インパール作戦」についての展示で、科学的知見を無視した無謀な計画のため、戦死ではなく飢えと感染症によって多くの兵士の命が失われた、というものがありました。 展示以外にも、各種イベントも多く企画されています。戦争に関する興味深い講義や、戦争を背景にした映画の上映会等が、ほぼ無料で参加できます。 来館者層ですが、当時を知るお年寄りはもちろんですが、レトロ文化に興味のありそうな若者が意外と多く見受けられます。施設名はお堅いですが、近代史に関心のある方なら興味深く楽しめる施設だと思います。
国内旅行・観光の魅力再発見!【いい旅、ふた旅。】
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

名古屋刀剣ワールド
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲット!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。