ご希望の博物館・美術館情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探

豊橋市の博物館/美術館

博物館・美術館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

豊橋市 の博物館・美術館 (1~2施設)

豊橋市にある博物館・美術館を一覧でご紹介します。「旅探」では、豊橋市にある博物館・美術館の所在地の他に、皆様から投稿頂いた情報を一覧にて表示しておりますので、施設探しの際にぜひご利用下さい。施設名をクリックすると博物館・美術館の詳細情報や、周辺情報を確認することができます。博物館・美術館一覧は、①アクセス数、②動画、③写真、④口コミの多い順に掲載しています。

アクセスランキング順
  • 豊橋市自然史博物館

    リサ・チャン!

    豊橋市自然史博物館

    〒441-3147 愛知県豊橋市大岩町大穴1-238

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    今回は豊橋市自然史博物館へ行ってきました。豊橋市はアメリカのデンバー自然科学博物館と友好提携を結び、それに伴って、中生代、白亜紀後期に生息していた草食恐竜の骨格標本を購入するなどして、豊橋市自然史博物館はその前身である「自然史博物館」と言う名前で1988年(昭和63年)に開館しました。 館内に入ると、早速恐竜の鳴き声が聞こえてきます。入り口付近に展示されているプシッタコサウルスの模型です。一定の時間で卵から赤ちゃん恐竜が羽化するようなのですが、「新型コロナウイルス感染予防対策で、赤ちゃんは生まれません」と書かれています。実際にしばらく見ていても、恐竜の赤ちゃんが羽化する様子は見られませんでした。早く見られるようになるといいですね。 イントロホールの壁にかけられている、「触れて楽しむ化石の壁」に触れれば、地球の悠久の歴史を手で楽しむことができます。さらに進んでいくと、施設の中心部にある、自然史スクエアに到着します。ここには、ティラノサウルスやトリケラトプスといった、有名な恐竜の全身骨格のレプリカがいくつも展示してあります。 ここからさらにいろんな展示物を見ることができるようになっています。私は最初にガラパゴス物語展示室へ行きました。ここには、ゾウガメ、イグアナ、フィンチなどダーウィンの進化論で有名な生物たちの剥製がジオラマ展示してあります。 ジオラマ形式の展示ですので非常にイメージが掴みやすいです。 次に向かったのは、新生代展示室です。新生代と言うと恐竜やアンモナイトが絶滅した後の哺乳類が活躍していた時代ですね。ケナガマンモスやホラアナグマなどの骨格を見ることができます。 館内は他にもいろいろな展示物があり1日かけてじっくりと回ることができます。面白いのは館内だけではありません、野外恐竜ランドと名を打たれている資源自然史博物館入口前の広場はたくさんの恐竜たちの模型が置いてありかなりの迫力です。実際の身長とどれぐらい正確に作られているか分かりませんが、ブラキオサウルスの親子やトリケラトプスなど、近くで見たり触ることもできる迫力のある造形となっています。小さいお子さんと来るならここだけでも充分楽しめるんじゃないでしょうか。
  • 豊橋市美術博物館

    豊橋市美術博物館

    〒440-0801 愛知県豊橋市今橋町3-1

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    手塚治虫展に行って来ました。美術館は吉田城跡内にあります。ビックリしました。周りにはグランド、吉田城跡などがあり、グランドの方の駐車場に停めると無料です。美術館の裏手に当たります。館内は大変広く、常設展と企画展と同時にやってます。
国内旅行・観光の魅力再発見!【いい旅、ふた旅。】
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

名古屋刀剣ワールド
東通トラベル
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋
栄タワーヒルズ
千種タワーヒルズ
リバパレス鶴舞

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲット!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。