ご希望の博物館・美術館情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探

横浜市の博物館/美術館

博物館・美術館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

横浜市の 博物館・美術館 (1~18施設)

横浜市にある博物館・美術館を一覧でご紹介します。「旅探」では、横浜市にある博物館・美術館の所在地の他に、皆様から投稿頂いた情報を一覧にて表示しておりますので、施設探しの際にぜひご利用下さい。施設名をクリックすると博物館・美術館の詳細情報や、周辺情報を確認することができます。博物館・美術館一覧は、①アクセス数、②動画、③写真、④口コミの多い順に掲載しています。

アクセスランキング順
  • 日本郵船歴史博物館・氷川丸

    日本郵船歴史博物館・氷川丸

    投稿ユーザーからの口コミ
    日本郵船歴史博物館にある氷川丸に乗船しました。みなとみらいから歩いていくこともできます。船内の客室や操舵室を見ることが可能です。普段は見れない部分を見学できたので、とても楽しかったです。
  • 横浜美術館

    横浜美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    この美術館は、横浜博覧会のパビリオンを利用した 美術館です。 19世紀後半の西洋画、日本洋画、日本画などを所蔵 しています。 代表的な作品はセザンヌ、ピカソ、ダリの作品です。 絵画以外にも写真伝来の地である横浜を象徴する 歴史的な写真「遣欧使節とスフィンクス」も所蔵 しています。
  • 横浜みなと博物館

    横浜みなと博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    桜木町駅、みなとみらい駅、馬車道駅から徒歩5分という好立地にある横浜みなと博物館。目の前には帆船日本丸があります。日本丸メモリアルパーク内にあるのでわかりやすいと思います。外観はレンガ調の弧を描いた綺麗でモダン。ガラス張りなので日本丸がよく見えます。入場料は600円。月曜日は休館になっている事がありますのでご注意下さい。 入り口は1階で目の前にあるのが大きな航空写真。空から日本丸を中心とした写真があります。レインボーブリッジや、中華街なども映っております。あまり見る事がない港の写真もあり、コンテナの数には驚きます。 メインの展示場は地下一階。横浜港の歴史ゾーンがあり、これまで横浜がどの様に発展してきたが分かります。まずは開港前後の展示。浮世絵が飾ってあり、当時の様子がわかります。ペリー来航の事が細かく書いてあり、港町として貿易スタートの内容が詳しく学べます。次に近代。大桟橋がこの頃できたことは初めて知りました。この頃は現在の様に埋め立てはされておらず、海の面積が広い事が分かります。その次に関東大震災と復興コーナー。この頃から白黒ではありますが写真があります。当時の様子が見てわかる様になっています。 戦争のコーナー。中央に空母の模型があります。両側の壁には当時の写真や、新聞などがあり、横浜港がどの様な位置付けになっていたのかが分かります。 ここから先は高度経済成長に入り、現在の横浜の姿になっていきます。港町として港が多く建設され、普段見ることや入る事がない港が数多くあり、びっくりします。これらの展示は順路を進むと発展して行く様子が分かり、地元なのに知らない事だらけで新たな発見が沢山ありました。 もう一つのコーナーは操船シュミレーターがある、横浜港の再発見ゾーン。 操船シュミレーターは昼、夜を始め、天候や経路など細かく設定ができる凄いリアルなものでした。実際に舵があり、モニターもたくさんあるので臨場感は抜群でした。
  • 神奈川県立歴史博物館

    神奈川県立歴史博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    明治維新の洋館建築が重要文化財となっている、神奈川県立歴史博物館です。八角型のドーム屋根が、人々の目を引きます。館内は、神奈川県の歴史をとても分かりやすく構成されてます。
  • シルク博物館

    シルク博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    日本の優れた絹が各地より横浜港に、集められて世界に出て行った歴史を学ぶ事ができるシルク博物館です。近代化へ向かう日本の礎となった、絹の役割が分かります。後世に伝える重要な博物館です。
  • 原鉄道模型博物館

    原鉄道模型博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    横浜にある原鉄道模型博物館。 電車が大好きな子供に大人気です! もちろん大人もとても楽しめます。 鉄道の歴史なども学べ、巨大なジオラマはとても迫力があります。 イベントなどもあります!
  • 海上保安庁海上保安資料館横浜館

    海上保安庁海上保安資料館横浜館

    投稿ユーザーからの口コミ
    日本の海を外敵より守る資料を展示している、海上保安庁海上保安資料館横浜館です。防衛の為、昼夜問わず、休み無く活躍している様子が分かります。特に、北朝鮮工作船の展示を見ると、海の緊張が伝わります。
  • Orbi Yokohama

    Orbi Yokohama

    投稿ユーザーからの口コミ
    みなとみらい駅に直結しているマークイズの5階にあるOrbi Yokohamaさん!屋内型の動物園です!カピバラなどの動物と実際に触れ合えることができるだけでなく、自然保護を考えられる映像で迫力満点の動物を見ることができます!
  • 岩崎博物館

    岩崎博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    横浜山手の港の見える丘公園の近くに、ファッションの歴史を展示してる岩崎博物館があります。古今東西のファッションの歴史を見て学ぶ博物館です。何気に着ている服装に、改めて歴史がある事を再認識できる機会でした。
  • 日本新聞博物館

    日本新聞博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    横浜市中区にある新聞をテーマにした博物館です。 先日、横浜市内に住んでいる友人親子に教えてもらい、一緒に遊びに行きました。 場所は、山下公園の近くです。 日本大通りの県庁と横浜港郵便局の交差点近くです。 電車で行く場合には、みなとみらい線「日本大通り駅」で降りると、新聞博物館直結の「3番情文センター口」がめっちゃ近いです。 初めての方も迷わず行けると思いますよ。 私は、山下公園で遊んでから徒歩で向かいましたが、とても近かったです。 横浜観光とセットでぜひ訪れてみて下さい。 こちらの新聞博物館、まず建物が横浜の町並みでよく見かけるような歴史のありそうな建物です。 そして大きな看板などが付いていないので、気づかずに素通りしてしまいそうになります(笑) 調べてみたら、1929年に設立された旧横浜商工奨励館の建物を再利しようしているそうで、登録有形文化財に登録されている歴史ある建造物だそうです。 新聞について学ぶと同時に、歴史ある建物に入ることが出来るのも、子供にとっては学びになりますね。 入口を入ると、ロビーにででーんと大きな印刷の機械が置いてあります。 ビルの2階くらいまで高さのある、とっても大きなものです。 実際に新聞社で使われていたもので、1時間に15万部も印刷出来る機械だそうです。 最初に目に入ったのがその機械だったので、「えー!新聞ってこんな大きな機械で作るの!?」と、子供たちのワクワク感がさらに上昇したようです。 ビルの2階に企画展、3階に常設展示があります。 全部面白かったんですが、特に印象に残ったものをご紹介します。 まず、「マイ新聞作り」。 パソコンで新聞を作る体験が出来ます! 新聞のひな形が出来上がっているものに、自分で好きな文章を入力し、さらに写真を撮って記事を作ることが出来ます。 印刷して持ち帰ることが出来るので、お土産になりますよ。 もう一つは、「取材体験ゲーム」。 広いフロアに横浜港近辺のジオラマが置いてあり、あるエリアでタブレットをかざすとその街に住む人が登場して話を聞けます。 子供たちは新聞記者になりきって、登場人物に取材し、新聞を作っていくというものです。 ペリーとか、横浜にゆかりのある実在の人物が出てくるので、歴史の勉強にもなりました。 たくさん遊んで学べるおすすめの博物館です。 ぜひお子さんと行ってみて下さいね!
  • 馬の博物館(根岸競馬記念公苑)

    馬の博物館(根岸競馬記念公苑)

    投稿ユーザーからの口コミ
    「馬の博物館」は中区根岸台の根岸森林公園の中にある博物館です。バス停「滝の上」からすぐのところにあります。このバス停にはJR根岸駅、JR桜木町駅、京急日の出町駅など5つの鉄道駅から路線バスが出ています。有料駐車場は根岸森林公園駐車場の第1と第2が利用できます。JR根岸線の山手駅からは徒歩で15分程です。開館時間は午前11時から午後4時。最終入館は午後3時30分となります。休館日は月・火曜日と年末年始です。祝日や振替休日は開館となりますが、その直後の平日は休館となります。新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から変更になることもありますので最新情報をご確認ください。入館料は大人100円。小学生・中学生・高校生は30円です。土曜日は小中高校生は無料となります。また、障がい者手帳をお持ちの方は無料となります。「馬の博物館」では馬と人の交流の歴史を幅広い分野に渡って紹介しています。ガラス張りの建物の1階を入って正面のミュージアムショップで入館手続きが終わったら、すぐ左手が「第1展示室」になります。ここでは、1866年から76年間、根岸競馬場で行われた洋式競馬の様子と歴史を知ることができます。もともと居留外国人の娯楽として始まった洋式競馬は次第に日本人も加わった社交場として大変にぎわったそうです。奥の階段を下りると右手が「第2展示室」になります。ここでは日本の馬文化や馬の果たした社会的な役割、そして優れた労働力としても人々の生活を支えてきた様子を見学することができます。「第3展示室」では馬が芸術家に与えたインスピレーションをその作品を通して鑑賞することができます。最後の「第4展示室」では人と馬のかかわりの歴史を見学することができます。階段で1階に戻ると「ミュージアムショップ」では、ぬいぐるみや筆記用具などのオリジナルグッズを手に入れることができます。商品の通信販売は行われていません。博物館に併設されたポニーセンター(根岸競馬記念公苑)では生きた馬の展示部門として、サラブレッドや日本在来種をはじめとした様々な品種の馬が飼育されていて、馬場に出てきた馬を見ることやイベントに参加することができます。
  • 横浜市歴史博物館

    横浜市歴史博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    横浜市歴史博物館はセンター北駅から歩いて4分ぐらいにある博物館です。月曜日が定休日で敷地には大きな駐車場も完備しています。一般の人が400円小中学生は100円なので気軽に行くことができます。最近建物を修繕したのでとてもきれいです。向かいの道路には大きなゴリラの像が目印にもなっています。
  • そごう美術館

    そごう美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    百貨店内の博物館、美術館としては、日本で初めて 博物館法に基づいて作られた美術館だそうです。 百貨店内であるが故、小規模ながら約200点の油彩、 水彩を所蔵、展示しています。 企画展は年4,5回ほど開催しています。
  • ディスプレイミュージアム

    ディスプレイミュージアム

    投稿ユーザーからの口コミ
    神奈川県横浜市にあるディスプレイミュージアム。ディスプレイアイテムの製造販売を行っています。とても広い店内に、ハロウィンやクリスマスのデコレートのみならず装飾商品が盛りだくさん。プロ御用達の品揃えです。販売だけでなく、施設内にはスクールもあり装飾について学ぶこともできます。
  • ブリキのおもちゃ博物館

    ブリキのおもちゃ博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    横浜中華街より山手のエキゾチックな通りに、ブリキのおもちゃ博物館があります。オーナーは、なんでも鑑定団の審査員でもある北山照久さんです。良きアメリカンポップカルチャーを、ブリキのおもちゃで体感できます。
  • 横浜市電保存館

    横浜市電保存館

    投稿ユーザーからの口コミ
    懐かしい市電が7両も展示されている横浜市電保存館です。電車好きな方には欠かせないスポットで子供から大人まで楽しめます。運転が体験できるコーナーもありとても人気です。
  • 熊野郷土博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    熊野郷土博物館は港北区師岡町の師岡熊野神社(もろおかくまのじんじゃ)の境内にある博物館です。東急東横線の「大倉山駅」から徒歩8分ほどです。最寄りのバス停は横浜市営バスの「熊野神社入口」バス停です。無料の駐車場もあります。博物館は昭和25年9月に設立されました。当時、神社の裏山からは縄文時代の文化財が数多く出土しており、この地は古の昔から人々が暮らしていることが知られていました。裏山である権現山東斜面には横浜市史跡に指定されている「師岡貝塚」もあります。また、近隣の農家に伝わる生活道具や神社に伝わる神事の資料が散逸することを防ぐために先代の宮司さんが収集した2000点あまりの資料や神社社宝、文書などを公開なさいました。昭和60年11月には先代宮司の考えを引き継いだ現在の宮司さんが、天皇陛下御在位六十年奉祝の記念に博物館を新築なさいました。拝観には入館料と電話予約が必要です。博物館のある「師岡熊野神社」は横浜北部の総鎮守とされています。祭神は和歌山県熊野三山の祭神と一体の伊邪那美尊、事解之男命、速玉之男命です。社紋は「八咫烏(やたがらす)」です。起源は奈良時代初頭と伝えられていておよそ1300年の歴史を誇ります。奉務神社は港北区と鶴見区、川崎市の10社に及ぶ神社です。門前には弁財天を祀る「“い”の池」があり、裏山には神事を行う「“の“の池」、現在は埋め立てられてしまった「“ち”の池」と合わせて、「いのちの池」と呼ばれていました。このうちの「“い”の池」は横浜市登録地域文化財に指定されています。2002年の初の2カ国共催となった日韓サッカーワールドカップでは、この神社と同じ横浜市港北区にある横浜国際総合競技場がメイン会場となり、6月30日に韓国ゾーンを勝ち上がったドイツと日本ゾーンを勝ち上がったブラジルの決勝戦が行われました。社紋の「八咫烏」は日本サッカー協会のシンボルマークでもあるため、師岡熊野神社では協会エンブレムとマスコットがデザインされた日本サッカー協会公認の「サッカー御守」が頒布されています。チームの必勝と選手の健康を祈願するために多くのサッカー関係者がお参りに訪れるそうです。この御守は初穂料の代金引換でいただくことができます。
  • 京急ミュージアム

    投稿ユーザーからの口コミ
    西区高島にある京急ミュージアムです。 入場料が無料なのはとても魅力的です。 色々、展示しているのでとてもワクワクしました。 中でもジオラマ、運転シミュレーションは子供に大人気です。
国内旅行・観光の魅力再発見!【いい旅、ふた旅。】
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

名古屋刀剣ワールド
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲット!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。