ご希望の博物館・美術館情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探

東京都23区の博物館/美術館

博物館・美術館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

東京都23区の 博物館・美術館 (1~30施設/110施設)

東京都23区にある博物館・美術館を一覧でご紹介します。「旅探」では、東京都23区にある博物館・美術館の所在地の他に、皆様から投稿頂いた情報を一覧にて表示しておりますので、施設探しの際にぜひご利用下さい。施設名をクリックすると博物館・美術館の詳細情報や、周辺情報を確認することができます。博物館・美術館一覧は、①アクセス数、②動画、③写真、④口コミの多い順に掲載しています。

アクセスランキング順
  • 国立西洋美術館

    国立西洋美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    国立西洋美術館は、JR上野駅の公園口からすぐのところにあります。西洋美術が多く見学できる美術館であり、世界遺産登録もされています。その為、国内外から多くの方が来られています。入場料は420円で、利用しやすいです。是非一生に一度は行ってみてください。
  • 東京国立博物館

    東京国立博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらの東京国立博物館は日本や東洋の美術品や文化財を余すことなく展示している博物館です。 こちらの博物館は東京メトロ、JR上野駅から徒歩10分程の所にあります。 この博物館は、1872年(明治5年)に創設されました。 日本最古の博物館です。建物も当時の和洋折衷の建物で雰囲気がとても権威的で堂々としています。 東京都台東区の上野恩賜公園内にあり、本館、表慶館、 東洋館、平成館、法隆寺宝物館の5つの展示館と資料館その他の施設から構成されています。国宝89件、重要文化財646件を含む収蔵品の総数は119,871件。これとは別に、国宝52件、重要文化財245件を含む総数2,591件の寄託品を収蔵しています。総合文化展(平常展)に展示している文化財の件数は約3,000件で、2019年度の平常展の展示替え件数は5,813件、展示総件数は9,267件。同年度の来館者数は約259万人で、平常展来場者は約103万人。どこをとっても日本最大級の博物館だとわかります。 この博物館が構想された裏には、1873年に開かれたウィーン万国博覧会が関係してます。当時、日本館には陶磁器、七宝、漆器、染織品などの伝統工芸品が展示され、日本庭園も造られました。日本館は当時の欧州における日本ブームもあり、好評であったと伝えられています。翌々年の1875年、博覧会事務局副総裁の佐野常民は大部のウィーン万国博覧会報告書を提出し、その中で大東京博物館設置の必要性を力説しました。 なぜ当時大東京博物館(今の東京国立博物館)の設置を力説したかというと、 の日本は当時西洋特にフランス、イギリス、ドイツ等を基に近代国家を創り上げることに注力していました。 そこで近代国家の必要条件の一つに国の文化財を守り、歴史的遺物を保存して後世に残すという考え方がございました。 そこで日本はウィーン万博を経て、国立博物館の設立を確信したのでした。 こういった歴史の中でできた博物館はやはり趣があり素晴らしいです。
  • 国立科学博物館

    国立科学博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    JR上野駅の公園口を出て徒歩5分程で到着です。交番手前を右に曲がってすぐです。先日私は、数十年ぶりに博物館へ行ってきました。子供のころ行った以来でした。こちらの博物館は日本館と地球館の二つの建物がありそれぞれのテーマで展示がされています。日本館は昭和初期に建てられたとってもモダンな建物です。中の展示物も興味を引くものが多く、なんと3時間も見学していました。人類と自然のかかわりや共存を学習させてもらいました。子供から大人まで学習が出来て楽しめるお勧めの博物館です。
  • 東京都美術館

    東京都美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    90年以上前に開館した美術館です。 特に立体造形の作品に力を入れている美術館です。 美術を絵画だけでなく、書道や彫像などの分野から 紹介していくことで年齢、性別を問わず美術鑑賞を 楽しめる空間を提供してくれています。
  • 国立新美術館

    国立新美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらの美術館、国立新美術館は現代アートから古典美術までさまざまな美術展を開催してくれる美術館です。 ここは、都営大江戸線、日比谷線 六本木駅から徒歩4分ほどのところにあります。 この美術館の特徴は、コレクションを持たず、国内最大級の展示スペースを生かした多彩な展覧会の開催、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、アートセンターとしての役割を果たす、新しいタイプの美術館です。 よって、常設展を行わないのが美術館をよく行く私からすると珍しくて驚きました。 国立新美術館は、国立の美術館としては1977年(昭和52年)に開館した国立国際美術館以来、30年ぶりに新設されました。 地下1階、地上4階、敷地面積30,000平方メートル、延床面積約49,830平方メートルは日本最大で、これまで最大とされていた大塚国際美術館の約1.5倍に及ぶ。外観を見ても分かる通り大きさにまず圧倒されます。 また、この美術館はコンセプトを「森の中の美術館」としてまして、設立目的を展覧会の開催・情報収集およびその公開・教育普及としています。また、館内にはミュージアムショップ・レストラン・カフェなどが併設されています。なのでランドスケープデザインが非常に素晴らしく、美術館の周りを散歩しているだけでも楽しい気分になれます。 この国立新美術館を設計したのは黒川紀章です。 偉大な建築家で当時はテレビなどに出るほど有名な方でした。 また国立新美術館は黒川紀章生前の最後の作品となりました。 全面ガラスで窓が波打っているようなデザインは他の建築に類を見ない程の美しさがあります。 また、この美術館は美術の歴史を知る為に重要な役割を果たしています。 というのも、国内各地・国外の、過去・現在・将来に至るあらゆる展覧会に関する図録などの情報を収集・集積・研究し、来館者やウェブサイト訪問者に公開する情報収集・公開機能というものがこの美術館の仕事なので、図録・研究書類はライブラリに収められ来館者も閲覧でき、現在開催中や近い将来の展覧会に関しては、ライブラリに併設された「コモンズ(共有地)」という名の場所でポスター閲覧・チラシ集めなどの情報収集ができます。現在、日本の展覧会カタログを過去に遡って網羅的に収集しているからです。
  • 東京都江戸東京博物館

    東京都江戸東京博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東京都墨田区横綱にある江戸東京博物館さんです。建物正面からみる要塞の様な雰囲気とは違い、両国駅ホームから見る側面側はのめっとしたLEGOブロックで作られた様な建物が印象的。災害時には避難所に指定されている吹き抜け部分がありユニークすぎる建物を是非見物して頂きたい。
  • 刀剣博物館

    刀剣博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東京都墨田区にある刀剣博物館です。こちらは、両国にあります。土曜日の午後に伺いました。展示スペースは有料ですが、1階のフリースペースからは旧安田庭園が見えます。又、たたら製鉄の展示やビデオスペースがありますので、こちらは、無料で楽しむことが出来ます。
  • 地下鉄博物館

    地下鉄博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東京都江戸川区東葛西にある地下鉄博物館。その名のとおり地下鉄の歴史や現在の有りようがわかる展示施設です。東京メトロ東西線の葛西駅からすぐで、地下鉄の改札と同じようなつくりのエントランスが気分を盛り上げてくれます。なつかしい丸の内線のラインの入った赤い車両の実物展示や地下鉄の運転シミュレーターなどもあります。
  • 東武博物館

    東武博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東武伊勢崎線「東向島駅」から徒歩1分。東武鉄道の歴史、実際に走っていた車両の展示などなど、様々な展示があり、鉄道ファンなら一度は足を運ぶべき場所です。私は1日中居たかった…
  • エビスビール記念館

    エビスビール記念館

    投稿ユーザーからの口コミ
    エビスビール記念館に行きました。自由に見学するコースで20分ほどお邪魔しました。エビスビールの誕生から貴重な資料を見ることができて楽しかったです。自由見学コースは参加無料なのでお得です。
  • 日本サッカーミュージアム

    日本サッカーミュージアム

    投稿ユーザーからの口コミ
    日本サッカーミュージアムに行きました。日本サッカー協会が2002FIFAワールドカップの開催を記念してオープンした施設でございます。日本のサッカーの歴史など詳しく学べる施設でございます。
  • 相田みつを美術館

    相田みつを美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    独特の味がある書で表現された詩でおなじみの 相田みつおの作品を展示する美術館です。 相田みつをの書は本などの印刷物で見ている人も 多いかと思いますが、実物を見ることで書の趣を 強く感じることができます。
  • すみだ北斎美術館

    すみだ北斎美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    展示テーマでもある葛飾北斎は、美術館がある 墨田区で生涯を送ったそうです。 葛飾北斎といえば、ボストン美術館が有名ですが ここも、負けないくらいの葛飾北斎の作品を所蔵 しております。 葛飾北斎の作品は、やはり、地元で鑑賞したいですね。
  • 三井記念美術館

    三井記念美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    旧財閥の三井家が江戸時代からの350年以上の歴史の 中で収集してきた様々な美術品が収蔵、展示されている 美術館です。 円山応挙の『雪松図』がとても有名ですね。 マニアックですが、郵趣コレクション、いわゆる、 切手などの郵便に纏わるコレクションは世界有数と いわれております。
  • 北区飛鳥山博物館

    北区飛鳥山博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    飛鳥公園内にある北区の歴史や文化を知ることが出来る博物館です。 1Fは常設展示室、2Fはショップ、3Fはアートギャラリーになっていました。 1F常設展示室には飛鳥山付近で発見された縄文人の骨格の展示や土偶、土器、貝塚、丸木舟などの展示を見る事が出来ましたよ。 飛鳥山博物館は紙の博物館、渋沢史料館と3つ並んであるので、3か所合わせて訪れてみるのも良いと思います。
  • 紙の博物館

    紙の博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    北区の王子駅すぐ近くの飛鳥山公園内にある珍しい紙の総合博物館です。こちらでは和紙、洋紙を問わず、紙に関するあらゆる資料を展示しています。定期的に和紙作りなどのイベントも開催されています。
  • 東京国立近代美術館-本館

    東京国立近代美術館-本館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ここは、日本で初めて、美術館による美術品収集を 行ったと言われております。 明治後半の日本画、油彩画、版画、水彩、素描、 彫刻といった作品を1万以上所蔵しているので 常設展示品がとても充実していますね。
  • 東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム

    東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム

    投稿ユーザーからの口コミ
    入場無料で、駐車場はありません。JR中央線荻窪駅より武蔵関行きほか関東バスで約5分、荻窪警察署前下車徒歩2分の場所。 体験型のミュージアムで、アニメの歴史を学べたりアフレコや簡単なアニメがつくれるワークショップが楽しめる。
  • アートアクアリウム美術館

    アートアクアリウム美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東京都中央区日本橋、三越駅からすぐの場所にあります。水の流れやデザインに工夫が凝らされた水槽の中で漂う様々な金魚を、鮮やかな電飾やプロジェクションマッピングで照らすという、独特の展示がされている人気の施設です。ここに来るまで金魚には地味なイメージしかありませんでしたが、ここの展示は、艶やかで妖艶な感じの演出がされており、水族館でよくある生態観察目的の展示方法とは全く異なります。金魚と光、水の流れ、水槽のデザインを絡めたアート作品で、大人が楽しめる空間になっています。館内の展示品は撮影可能で、インスタ映えしそうな写真をたくさん撮れます。時期によりますが、フォトコンテストも開催されているので、自信の写真が撮れたら応募してみるのも良いと思います。  チケットは日時指定の予約制ですので、あらかじめネットなどで予約してから行きましょう。2020年秋の夜に訪問しましたが、とても混みあっておりました。館内には食事処もあり、金魚をモチーフにしたかわいらしいスイーツを楽しむこともできます。
  • 東京消防庁消防防災資料センター・消防博物館

    東京消防庁消防防災資料センター・消防博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東京メトロ丸の内線四谷三丁目2番出口直結で、平日月曜が休館日です。普段は乗ることができないポンプ車やはしご車などの車両に乗って撮影した写真をポストカードにして無料でプレゼントといった人気イベントが年数回あります。
  • 日本銀行金融研究所貨幣博物館

    日本銀行金融研究所貨幣博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    中央区は日本橋に堂々と建つ日本銀行。その隣に日本金融研究所の建物があり、2階フロアには日本銀行創立100周年を記念して1982年に設置された貨幣博物館があります。なんと入館料無料。古代から現代に至るまでの貨幣の歴史展示や世界各国の貨幣を紹介する展示などがあり、また、1億円分の紙幣の重さを体験できるコーナーもあり年齢問わずに楽しめます。
  • お札と切手の博物館

    お札と切手の博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    北区は昔から紙の街と言われるほど、紙の生産産業が栄えており、今も大手印刷業などの会社が数多く残る街です。そう言った歴史を振り返りに行くときはここの博物館によると成り立ちが分かります。
  • 台東区立書道博物館

    台東区立書道博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    洋画家でもあり書道家でもある中村不折が個人で収集したものを展示されており重要文化財も数多くあり見応えのある博物館でした。アクアセスも駅から歩いて5分程の場所なので行きやすいと思います。
  • 上野の森美術館

    上野の森美術館

    投稿ユーザーからの口コミ
    上野は公園を中心に美術館が集中しているエリアです。 ここは、美術に関する団体が運営の私立の美術館です。 展覧会は、従来の絵画などが中心ですが、有名な漫画を テーマにした展覧会も開催しております。 学芸員さんの美術を様々な視点で捉えようとする姿勢が とてもいいですね。
  • 岡本太郎記念館

    岡本太郎記念館

    投稿ユーザーからの口コミ
    数々の岡本太郎作品が生まれたアトリエを美術館に したそうです。 ここから、独特の感性を体現した作品が生まれたと 思うと胸が熱くなりますね。 ちなみに、写真撮影が可能なので、きっと、独特の 雰囲気の写真が撮影できますよ。
  • マダムタッソー東京

    マダムタッソー東京

    投稿ユーザーからの口コミ
    マダムタッソー東京 世界の有名人に会えます。 と言ってもそっくりな蝋人形がお出迎え。 肩を組んで写真をパチリ。 ファンにはたまりません。 世界のリーダー、スポーツ選手、ミュージシャンなどなど大はしゃぎです。 ゆりかもめのお台場海浜公園駅徒歩2分デックス東京ビーチ アイランドモール3階です。
  • NHK放送博物館

    NHK放送博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    その名の通りNHKが運営する放送の専門博物館です。開館は1956年と60年以上の歴史があります。入館料はなんと無料。東京メトロ日比谷線の神谷町駅や都営地下鉄三田線の御成門駅が最寄駅です。貴重な玉音盤なども所蔵・保存している施設です。
  • 東京国立近代美術館-工芸館

    東京国立近代美術館-工芸館

    投稿ユーザーからの口コミ
    ここは、戦後20年以上も利用されていなかった 旧大日本帝国陸軍の近衛師団司令部庁舎を改修し 東京国立近代美術館の工芸館として再出発した 経緯があります。 洋風煉瓦建築の建物は、とても、威厳があるので ここが、本館なのでは、と勘違いしそうです。 展示品は明治以降の陶磁器、ガラスなどの工芸品が 中心です。 特に人間国宝と言われている作家の作品の展示が 充実しています。
  • 野球殿堂博物館

    野球殿堂博物館

    投稿ユーザーからの口コミ
    東京ドームに併設している博物館で、観戦の折に見学するのが楽しみな博物館で、野球が好きな方は是非とも見学してほしい博物館です。プレイヤー以外にも選出されておりますので、野球が更に大好きになれます。
  • 21_21 DESIGN SIGHT

    21_21 DESIGN SIGHT

    投稿ユーザーからの口コミ
    六本木にある美術館でこちらの施設以外にもさまざまな美術館がありますが私の中では一番居心地が良かった美術館でした。主張しすぎずひっそりと佇む存在で美術館という感じがなかったです。ギャラリーは地下に配置されていて外観からは想像できない空間になっていました。建物を見学するだけでも楽しいですよ。
国内旅行・観光の魅力再発見!【いい旅、ふた旅。】
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

名古屋刀剣ワールド
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲット!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。