学校・塾・幼稚園がよく分かる【ホームメイト・リサーチ-スタディ百科】

関東の大学へ進学する利点として挙げられるのは、やはり都心に近く交通アクセスが便利なところです。そして都心に近いとは言え、人口が多い場所にある小さなキャンパスばかりではなく、広大な敷地と充実の設備を持ち、勉強に集中できる環境もしっかり整っています。今回は、関東にある国立大学の中から7校をご紹介。大学選びの一助になれば幸いです。

学校・塾/幼稚園/専門学校/自動車学校をお探しなら「スタディピア」
京 育美と尾木 勉
学校・塾/幼稚園/専門学校/自動車学校をお探しなら「スタディピア」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2018年4月3日

【国立大学を目指す!】関東地方にある主な国立大学

【国立大学を目指す!】関東地方にある主な国立大学

関東近郊に住んでいる人も地方から上京してくる人も、大学選びをする際にどうしても東京の大学を選びがちですが、関東の大学は“医学系に強い”“英語に力を入れている”“就職サポートが手厚い”など、それぞれの大学で他にはない特色を打ち出しています。

学びたいことは何なのか、校風は自分に合っているか、キャンパスの設備に満足できるかなど、今一度自分の将来を見据えながら、志望校を絞っていくのも大切です。

今回は、関東にある国立大学の中から7校を選抜し、各校の特徴や特色、学部学科、キャンパスについてまとめました。

広大なキャンパスで一般教養と専門科目を学ぶ「筑波大学」

広大なキャンパスで一般教養と専門科目を学ぶ「筑波大学」

筑波大学は、茨城県つくば市にある国立大学。

1872年(明治5年)に日本初の東京師範学校として創立された大学です。

筑波大学の大きな特徴として、「研究」と「教育」を分けているという点が挙げられます。

全学共通で一般教養と学群・学類ごとの専門教育を並行させているため、教養学部は存在しません。

「人文・文化学群」は、哲学・史学・考古学などを学ぶ「人文学類」、人類が築いてきた文化を「学際性」と「現代性」の観点から比較・検討する「比較文化学類」、日本語と日本文化の発信を目指す「日本語・日本文化学類」の3つから構成されます。

「社会・国際学群」は,社会学・法学・政治学・経済学などを学ぶ「社会学類」と、国際政治・国際法や文化・社会開発など国際的に活躍できる人材を育成する「国際総合学類」の2つから構成。

高度な専門的知識と教育指導力を備えた人材を育成する「人間学群」は、教育学類、心理学類、障害科学類という3つの学類の垣根が低いのが特徴です。

その他、これからの情報社会の創造を担っていく人材を育成する「情報学群」、“生命と環境”が共通キーワードの「生命環境学群」、理学と工学の主幹となる学問分野を設置した「理工学群」、医療者や医学研究者の育成を目的とした「医学群」、体育・スポーツ・健康に関する指導者を養成する「体育専門学群」、芸術理論家や造形作家、デザイナー等を育成する「芸術専門学群」などがあります。

キャンパスは「筑波キャンパス」がメインでほぼすべての授業が行なわれており、敷地面積が非常に広いため、学内移動にはバスを使うほどです。

アクセスは、つくばエクスプレスつくば駅・常磐線土浦駅からバスに乗車し【筑波大学中央】で下車します。

【施設情報】

独自の奨学金制度や公務員試験サポートが魅力の「茨城大学」

独自の奨学金制度や公務員試験サポートが魅力の「茨城大学」

茨城大学は、1949年(昭和24年)に近隣の5つの学校が合併して開校した、茨城県にある国立大学。

当初は「文理学部」「教育学部」「工学部」の3つでしたが、現在は「人文社会学部」「教育学部」「理学部」「工学部」「農学部」の5学部構成です。

「人文社会学部」には3つの学科が設置されており、そこからさらに7つのコースに分類されています。

この学部の特徴は、主専攻ともうひとつ副専攻を選択することができ、幅広い視野を身に付けることができる点。

「教育学部」は、教育実習やボランティアなど実践とのかかわりが充実しており、小学校英語などの新しい教育課題にも対応できるカリキュラムを採用しています。

「理学部」では「1学科6コース制」を導入し、学科の枠組みを取り払った新たな教育システムを実施。

「工学部」は旧来の8学科体制を見直し、より高度な技術者・研究者を育成するべく5つの学科へ再編を行なっています(平成30年度より)。

「農学部」は、食生命科学科と地域総合農学科の2学科で構成されており、生産・研究開発・流通などの技術や知識を得られる学部です。

キャンパスは、1年次はすべての学部が「水戸キャンパス」で授業を受け、2年次より「阿見キャンパス」で農学部が、「日立キャンパス」で工学部がそれぞれ学びます。

大学独自の奨学金制度があるなど、公務員試験に力を入れているため丁寧なサポートが受けられるのも魅力です。

アクセスは、「水戸キャンパス」へはJR水戸駅から茨城交通バスに乗車し【茨大前】で下車。

「阿見キャンパス」へはJR土浦駅から関東鉄道バスに乗車し【茨大前】で下車、「日立キャンパス」へはJR日立駅から日立電鉄バスに乗車し【茨大前】で下車します。

【施設情報】

世界が注目する英語教育プログラムを行なう「宇都宮大学」

世界が注目する英語教育プログラムを行なう「宇都宮大学」

宇都宮大学は、栃木県宇都宮市にある国立大学です。

最大の特色として、「EPUU」という基盤教育英語プログラムがあります。

これは、1年次を中心に国際学部・教育学部・工学部・農学部すべての学生が受講必須のカリキュラムとなっており、5つのレベルに分けられたクラスで、自分に合った勉強法で英語が学べるというもの。

2013年(平成25年)度大学英語教育学会賞を受賞するなど、世界的に注目されている教育プログラムです。

また、1学年の定員が約1,000人なのに対し、教員の数は約340人なので、教員ひとりあたりの学生数が約3人という少人数体制も、当学の特徴のひとつ。

本部が置かれている「峰キャンパス」は国際学部・教育学部・農学部が、「陽東キャンパス」は工学部・地域デザイン科学部が使用しています。

キャリア教育や手厚い就職支援により、日本トップクラスの就職率を維持している点も強み。

中でも「教育学部」の教員就職率は、平成27年度で東日本トップクラス。全国で5位の実力を誇っています。

アクセスは、「峰キャンパス」へはJR宇都宮駅からバスに乗車し【宇大前】で下車、「陽東キャンパス」へはJR宇都宮駅からバスに乗車し【工学部前】で下車。

【施設情報】

医学系に強い“新八医大”のひとつ「群馬大学」

医学系に強い“新八医大”のひとつ「群馬大学」

群馬大学は、群馬県にある国立大学です。

学部は「教育学部」「社会情報学部」「医学部」「理工学部」の4つで構成されています。

実習や実験面において、レベルの高い教育が受けられる環境が整っているため、理系の分野に強いのが特徴。

特に「医学部」は、1943年(昭和18年)に設立された前橋医学専門学校が前身のひとつであり、弘前大学・信州大学・広島大学など8つの大学を指す総称「新八医大」のひとつにも数えられるほど有名です。

キャンパスは群馬県内に4つあり、教育学部と社会情報学部の「荒牧キャンパス」がメインの施設となり、医学部がある「昭和キャンパス」、理工学部がある「桐生キャンパス」と「大田キャンパス」に分かれています。

群馬県の象徴である「名勝赤城」「榛名」「妙義の上毛三山」に囲まれているのも魅力のひとつ。

そして、いずれも閑静な住宅街に立地しており、最寄駅から離れていることもあり、車で通学する学生も多くいます。

アクセスは、「荒牧キャンパス」へはJR両毛線前橋駅からバスに乗車し【群馬大学荒牧】下車、「昭和キャンパス」へはJR両毛線前橋駅からバスに乗車し【郡大病院】下車、「桐生キャンパス」へはJRわたらせ渓谷鐵道桐生駅からバスに乗車し【群馬大学桐生正門前】下車、「大田キャンパス」へは東武鉄道太田駅北口から徒歩約10分です。

【施設情報】

卒業生・梶田隆章がノーベル賞を受賞し注目を集める「埼玉大学」

卒業生・梶田隆章がノーベル賞を受賞し注目を集める「埼玉大学」

埼玉大学は、埼玉県さいたま市にある国立大学です。

基本方針として「市民社会の中核となるような人材の育成」と「時代の変化に応える知識と技術の創出」を掲げており、堅実な学風が特徴として知られています。

学部は「教養学部」「経済学部」「教育学部」「理学部」「工学部」の5つ。

「教養学部」の中のひとつ「グローバル・ガバナンス専修課程」では、一国だけの力では解決できないような環境問題、国際テロ問題、難民問題などの重要な問題をどのようにして対処していくのかを考える“グローバル・ガバナンス”を学ぶことができる、全国的にみても珍しい学部です。

また、「理学部」の「物理学科」は、卒業生の梶田隆章氏が2015年(平成27年)にノーベル物理学賞を受賞したことで大きな話題になりました。

埼玉大学卒業生から初となる受賞者で、氏による講演会が開催されるなど注目を集めています。

キャンパスは3つに分かれており、本部が置かれ、すべての学部の授業が行なわれる「大久保キャンパス」がメイン。

サテライトキャンパスとして、大宮区にある「大宮ソニックシティカレッジ」と東京都千代田区にある「東京ステーションカレッジ」が設置されています。

大久保キャンパスへのアクセスは、JR京浜東北線北浦和駅からバスに乗車し【埼玉大学】下車、またはJR埼京線南与野駅からバスに乗車し【埼玉大学】下車。

【施設情報】

国立で唯一“国際教養学”や“園芸学”等が学べる「千葉大学」

国立で唯一“国際教養学”や“園芸学”等が学べる「千葉大学」

千葉大学は、千葉県千葉市稲毛区に本部を置く国立大学です。

千葉医科大学をはじめ同附属医学専門部、同附属薬学専門部、千葉模範学校、千葉青年模範学校、東京工業専門学校、千葉棒業専門学校を前身として、1949年(昭和24年)に設立された総合大学。

前身の学校に特徴的な学部が多かったため、国立大学として珍しい学部・学科が多く存在するという特色があります。

国際教養学部」「法政経学部」「園芸学部」「看護学部」の4つは、国立大学では唯一設置がある学部です。

その他に「文学部」「教育学部」「理学部」「医学部」「薬学部」「工学部」もあり、計10の学部で構成されています。

1998年(平成10年)に日本で初めて「飛び入学制度」を導入し、2014年(平成26年)からは高校3年生が9月から入学することができる「秋飛び入学」を国立大学で初めて開始したことでも有名。

キャンパスは「西千葉キャンパス」が中心となり、「亥鼻キャンパス」では医学部と薬学部と看護学部が、「松戸キャンパス」「柏の葉キャンパス」では園芸学部がそれぞれ使用しています。

アクセスは、「西千葉キャンパス」へはJR西千葉駅より徒歩約2分、「亥鼻キャンパス」へはJR千葉駅・京成千葉駅からバスに乗車し【千葉大医学部入口】で下車、「松戸キャンパス」へはJR常磐線・地下鉄千代田線松戸駅から徒歩約15分です。

【施設情報】

東京オリンピックに向けた研究を積極的に行なう「横浜国立大学」

東京オリンピックに向けた研究を積極的に行なう「横浜国立大学」

横浜国立大学は、神奈川県横浜市に本部を置いている国立大学で、学部は「教育人間学」「経済学部」「経営学部」「理工学部」と2017年(平成29年)に新設された「都市科学部」の5つで構成されています。

国際色豊かな教育環境が魅力で、副専攻プログラムでは、すべて英語で行なう授業を実施。

また、昼休み時間などを活用したトークタイム(留学生との多言語交流)では、ネイティブな英語や韓国語、ミャンマー語、フランス語、ドイツ語、イタリア語での国際交流を推進しています。

共生社会の発展にも力を入れており、2014年(平成26年)には2020年(平成32年)の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と連携協定を締結。

大会に向けて、教育の推進やグローバルな人材の育成を行なっています。

すべての学部の授業が「常盤台キャンパス」で行なわれており、敷地面積の広大さは関東トップクラスです。

アクセスは、横浜駅西口から運行している相鉄バス、横浜市営バスに乗車し、大学内のバス停で下車。

【施設情報】

※この記事は、2018年2月時点の情報に基づいて作成されています。

お近くの短大・大学・大学院を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

ページの先頭へ戻る